即日融資のカードローンを一挙紹介!

即日融資可能なカードローンをお探しのあなたへ。

当サイトでは即日融資可能なカードローンを日本中から厳選して紹介しています。

カードローンごとに即日融資に対応している時間帯も解説しているので、今すぐ借りられるカードローンを探している方はぜひ参考にしてください。

このページではまず即日融資可能なカードローンを一挙に紹介して、次に消費者金融と銀行カードローンのメリットとデメリット。そして最後に即日融資に関するよくある質問と答えを紹介しています。

即日融資可能なカードローン業者一覧

業者名 審査時間 即日融資可能な時間帯 土日 収入証明書が必要となる限度額
プロミス 30分 9:00~21:00
  • 1社から50万円超
  • 他社含めて100万超
アイフル 30分 9:00~22:00
  • 1社から50万円超
  • 他社含めて100万超
アコム 30分 9:00~21:00
  • 1社から50万円超
  • 他社含めて100万超
モビット 10秒簡易審査 9:00~21:00
  • 1社から50万円超
  • 他社含めて100万超
ノーローン 20分 9:00~20:30
  • 1社から50万円超
  • 他社含めて100万超
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 30分 9:00~20:00
(土日は17~18時まで)
200万円超
三井住友銀行カードローン 30分 9:00~21:00 300万円超
みずほ銀行カードローン 即日 9:00~14:00 × 300万円超
新生銀行カードローン「レイク」 30分 9:00~21:00 100万円超
ソニー銀行カードローン 1時間 9:00~14:00 × 300万円超
スルガ銀行カードローン 即日 9:00~12:00 × 500万円超
千葉銀行カードローン 即日 9:00~12:00 × 原則不要
横浜銀行カードローン 即日 9:00~12:00 × 300万円超
楽天銀行カードローン 即日 9:00~12:00 × 300万円超
住信SBIネット銀行カードローン 60分 9:00~12:00 × 300万円超
セブン銀行カードローン 10分 9:00~12:00 × 原則不要
北洋銀行カードローン 15分 9:00~12:00 × 500万円超
静岡銀行カードローン「セレカ」 30分 9:00~12:00 × 300万円超

ネット申し込みから1時間で即日融資可能なプロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳~69歳以下
申し込み方法
  • PC
  • スマホ
  • 携帯電話
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭窓口
借り入れ方法
  • ネットキャッシング
  • ATM
  • 電話
返済方法
  • ATM
  • ネット返済
  • 口座振替
振込融資対応時間 9:00~14:50
※一部の銀行では24時間可能
自動契約機営業時間 9:00~22:00
審査対応時間 9:00~21:00
必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)
  • 収入証明書類(源泉徴収票・納税証明書・給与明細など)

とにかく急いで融資を受けたい方にはプロミスがおすすめです。

ネット申し込みから1時間足らずで即日融資を受けることができ、数あるカードローンの中でも融資までのスピードは最速です。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間365日即日振込を受けることができるので、急な出費時にも助かります。

大手消費者金融の中で最も上限金利が低く、最大30日間の無利息期間サービスもあるので利息をお得に抑えることもできます。

プロミスではネット・自動契約機・電話から即日融資を受けることができます。

プロミスの詳細ページ

またプロミスから即日融資を受けるためのコツは、当サイト内のこちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

プロミスは土日でも即日融資OK!申し込み方法と審査の流れ

WEB完結の即日融資ならモビット

モビット-468-60-20150424

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳~69歳以下
申し込み方法
  • PC
  • スマホ
  • 携帯電話
  • ローン申込機
  • 電話
  • 郵送
借り入れ方法
  • ネットキャッシング
  • ATM
返済方法
  • ATM
  • ネット返済
振込融資対応時間 9:00~14:50
自動契約機営業時間 9:00~21:00
審査対応時間 9:00~21:00
必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)
  • 収入証明書類(源泉徴収票・納税証明書・給与明細など)

ネット上の手続きだけで融資を受けたい方には、モビットがおすすめです。

モビットのWEB完結申し込みであれば、電話確認なしでWEB上で契約手続きも終わらせることができます。

モビットのWEB完結申し込みの利用条件は以下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を開設している
  • 勤務先が発行する社会保険証か組合保険証を持っている

WEB完結申し込みではすべての手続きをネット上で終わらせるため、在籍確認ができません。そこで会社に勤務していることが分かる保険証を確認することで、電話での在籍確認を省略しているのです。

そのためアルバイトや学生などで、国民健康保険に加入している方はWEB完結申し込みを利用できないので、通常のネット申し込みを利用するようにしましょう。

モビットの詳細ページ

またモビットから最短で即日融資を受ける方法の紹介しているので、お急ぎの方はぜひ参考にしてください。

モビットから即日融資を受ける方法!審査を最短で終わらせるには?

テレビ窓口から最短40分で借り入れできるバンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」-468-60-20160808

金利 1.8%~14.6%
限度額 500万円
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳~65歳以下
  • 株式会社アコムから保証を受けられる方
申し込み方法
  • PC
  • スマホ
  • テレビ窓口
借り入れ方法
  • ネットキャッシング
  • ATM
返済方法
  • ATM
  • ネット返済
  • 口座振替
振込融資対応時間 9:00~14:30
自動契約機営業時間 9:00~20:00

※土は18時・日は19時まで

審査対応時間 9:00~20:00
必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)
  • 収入証明書類(源泉徴収票・納税証明書・給与明細など)

最も早く借り入れできる銀行カードローンといえば、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

テレビ窓口から申し込めば最短40分で即日融資を受けることができます。

三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても融資を受けることができるので、手っ取り早く銀行から融資を受けたいという方にはおすすめです。

最近ではバンクイックだけでなく、即日融資に対応している銀行カードローンも増えてきています。

しかし選択肢が増えることで、カードローン選びも難しくなっているのも事実です。

そこでここからは消費者金融と銀行カードローン、それぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細ページ

三菱東京UFJ銀行から確実に即日融資を受けたい方は、当サイト内のこちらの記事も参考にしてみてください。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」から即日融資を受けるコツ

消費者金融のメリット・デメリット

メリット

審査基準が甘い

消費者金融最大のメリットは、銀行カードローンと比べて審査基準が甘いことです。

銀行カードローンの審査に落ちた方でも、消費者金融であれば審査に通る可能性が高いです。

他社から借り入れがある方でも貸付可能なので、確実に即日融資を受けたいという方には消費者金融がおすすめです。

なお消費者金融の審査に通るか不安という方は、当サイト内にあるこちらの記事で消費者金融の審査に通るコツを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

消費者金融の審査に通るための13のコツ

大手はすべて即日融資が可能

大手の消費者金融(プロミス・アイフル・アコム・モビット)であれば、いずれも即日融資に対応しています。

また審査時間も最短30分と非常に早いので、急いでお金が必要な時には消費者金融がおすすめです。

銀行でも即日融資可能な業者は増えてきていますが、最短で融資が必要な方は大手消費者金融を利用した方がいいでしょう。

自動契約機のある業者が多い

大手消費者金融は全国各地に自動契約機を設置しています。

自動契約機とはその場で申し込みから契約、そしてカード発行まで終わらせることが出来る機械です。

自動契約機があれば審査が終わればすぐにカードを発行してATMから借り入れできるようになります。そのため土日や夕方以降でも即日融資を受けることができるのです。

自動契約機のないカードローンであれば、ローンカードが自宅に届くまでに数日かかってしまいます。また振込融資を受けようにも、15時以降は口座に反映されるのが翌営業日以降になってしまうので、即日融資を受けることができません。

そのため土日や15時以降に即日融資が必要になったときには、自動契約機が使える消費者金融を利用するといいでしょう。

自動契約機の仕組みや利用方法は、当サイト内のこちらの記事で解説しています。気になる方はぜひ参考にしてください。

自動契約機の仕組みと利用方法を解説

デメリット

金利が高い

消費者金融では審査が甘いぶん、銀行カードローンよりも金利は高くなっています。

大手消費者金融の上限金利が18%程度であるのに対し、銀行カードローンの上限金利は13%~14%程度となっています。

そのため大口の借入を考えている方や、長期的な返済を考えている方は銀行カードローンを利用した方がお得です。

すぐに返済するから急いで借りたいという方に消費者金融はおすすめです。

総量規制の対象となる

消費者金融は総量規制という過剰貸付を防ぐための規制の対象となっています。

総量規制とは貸金業法で規定されており、借主の年収1/3を超える貸付を禁じています。

そのため原則的に消費者金融からは年収の1/3以上融資を受けることができないのです。

また総量規制では他社からの借入も含めて計算されるので、すでに年収の1/3近く借金を抱えている方は消費者金融から融資を受けることができないのでご注意を。

銀行カードローンは総量規制の対象外となっているので、年収に関わらず返済能力が認められれば融資が受けられるようになっています。

総量規制の仕組みや対象外となるカードローンは、当サイトのこちらの記事で解説されているのでぜひ参考にしてくみてください。

総量規制の対象外とは?除外と例外の違いについての解説

限度額50万円から収入証明書が必要

総量規制では限度額50万円を超える融資には収入証明書の確認が義務付けられています。

そのため消費者金融で限度額50万円を超える申し込みをする際には、収入証明書の写しを用意しておかなければなりません。

また他社からの借入含めて100万円を超える場合にも収入証明書の提出が求められるので、あらかじめ用意しておきましょう。

一般的にカードローンの申し込みで収入証明書と認められるのは以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 給与明細(3カ月分以上)

銀行カードローンのメリット・デメリット

メリット

金利が低い

消費者金融のデメリットにも上げましたが、銀行カードローンは一般的に消費者金融よりも金利が低いです。

しかし金利が低い分、審査基準も厳しくなっているので注意しましょう。

また中にはオリックス銀行カードローンや新生銀行カードローン「レイク」のように、消費者金融と同じ金利で融資を行う銀行もあります。

ただし金利が高い分、審査にも通りやすいというメリットもあるので、ニーズに合わせて選ぶことが大切です。

低金利で人気のある銀行カードローンは以下の通りです。

  • 住信SBIネット銀行カードローン(プレミアコース)
  • ソニー銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン(エグゼクティブプラン)

また金利の低い銀行カードローンは、こちらの記事で詳しく紹介されています。利息も安く抑えたいという方はぜひ参考に。

低金利で比較!おすすめ銀行カードローンランキング!

限度額が高い

消費者金融では限度額が500万円~800万円で設定されていますが、銀行カードローンでは1000万円以上融資可能なところもあります。

そのため他社からの借り換えやおまとめローンなど、あらゆる用途に利用できるのもメリットです。

また限度額が高くなれば適用される金利も低くなり、金利が低いところでは年率3.0%以下で融資を受けることができます。

審査に自信がある方は低金利の銀行カードローンで、希望限度額を高くすることで利息をかなり安く抑えることができるのです。

大手消費者金融の限度額
プロミス 500万円
アイフル 500万円
アコム 800万円
モビット 800万円
ノーローン 200万円

消費者金融は総量規制の対象となっているので、限度額を高くしても融資を行うことができません。(限度額500万円の審査に通るには年収1500万円以上必要になります)

そのため各業者、銀行に比べると上限限度額は低くなっています。

銀行カードローンの限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 500万円
三井住友銀行カードローン 800万円
新生銀行カードローン「レイク」 500万円
みずほ銀行カードローン 1000万円

みずほ銀行カードローンでは、限度額1000万円まで即日融資に対応しています。

他にも住信SBIネット銀行カードローンでは、限度額1200万円まで対応しており、あらゆる用途に利用することができます。

大手は消費者金融並みに審査が早い

銀行カードローンの中でも、大手消費者金融を保証会社にしているところでは、かなり審査スピードが早いのでおすすめです。

また三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行では、消費者金融をグループ会社としているので、消費者金融の審査のノウハウを自社に取り入れてもいます。

属性スコアリングシステムや自動契約機の技術を取り入れることで、大手消費者金融と変わらない早さで即日融資ができるようになっているのです。

すぐに借りられる銀行カードローンを探している方は、消費者金融がグループ会社にある銀行カードローンを利用しましょう。

デメリット

審査基準が厳しい

銀行カードローンは金利が低いぶん、消費者金融よりも審査は厳しくなっています。

しかし最近では銀行カードローンが消費者金融の貸付残高を上回るなど、銀行でも積極的に貸付が行われていることが分かります。

そのため他社から借金があったり、信用情報に大きな問題がないかぎりは、銀行カードローンの審査にも通るのでご安心ください。

即日融資ができない銀行もある

最近では銀行カードローンでも即日融資が半ば当たり前になっていますが、中には即日融資に対応していない銀行もあるのでご注意ください。

特に「即日審査」が可能と紹介されている銀行カードローンには注意しましょう。

即日融資と即日審査はよく似ていますが、全く異なる意味なのです。

即日融資では申し込んだその日のうちに融資を受けることができますが、即日審査は申し込んだ日のうちに審査を終わらせることしかできません。

カード発行などに時間がかかり、融資を受けられるのは結局2~3日後というケースが多いのです。

そのため銀行カードローンを利用しようと考えている方は、即日融資に対応しているか申し込む前に調べるようにしましょう。

即日融資のカードローン審査では申し込み情報に注意!

ネットで申し込みをする女性

即日融資のカードローンは、申し込み受付時間にも限りがあり、審査に一度落ちてしまうと、当日中に融資を受けるのは難しくなります。

そのため、申し込み情報には細心の注意を払うべきなのです。

申し込み情報のミスで審査に落ちる?

カードローンの審査では、申し込み情報と信用情報を照らし合わせて行います。

審査で重要なのは、申し込み者を信頼できるかという点なので、申し込み情報に誤りがあれば、審査に通るのは難しくなります。

カードローンに申し込む際には、事前に正しいか確認しなければなりません。

申し込み情報で見られるポイント

申し込み情報の中でも、住所や氏名などの個人情報や、年収や勤務先などの収入情報には気をつけましょう。

住所や氏名などの間違いは、後の書類提出で確実にばれるようになっており、最悪の場合、申し込みのやり直しになりかねません。

収入情報は、審査において最も重要な情報の一つで、勤務先の情報に誤りがあると、在籍確認が終わらずに、審査も終わりません。

また、年収で虚偽の申請をすると、収入証明書の提出が求められた際に発覚し、契約を打ち切られる可能性もあるのでご注意ください。

即日融資の申し込み受付時間

即日融資は、一日の間に申し込み、審査、契約を終わらせて、振込やカードの発行でお金を貸すという大変な作業です。

24時間受け付けているネット申し込みもありますが、実際に融資を行うのは翌日以降という業者も少なくありません。

また、振込融資であれば、ネットバンキングを利用して、夜間でも借入が可能ですが、通常の銀行口座への振込や、ローンカードの発行を求める場合には、営業時間に気をつける必要があります

銀行カードローンであれば、営業時間である午後15時までに融資を受ける必要があるので、午後14時までには契約を結ぶ必要があるでしょう。

消費者金融の自動契約機などでも、夕方までに申し込みを終わらせておくことをおすすめします。

信用情報とは?

審査で用いられる信用情報とは、これまでの融資やローンに関する情報を集めたもので、申し込みや借入や返済などの情報が記載されています。

カードローンだけでなく、クレジットカードやローンを組んだ際には、信用情報に記録される仕組みになっており、契約約款にも記載されています。

記録された信用情報は、信用情報機関を通して共有される仕組みとなっており、加盟している業者であれば、情報を確認することができます。

信用情報の評価がマイナスになる理由

信用情報は実績に応じてランクがつけられ、申し込み情報の評価と合わせて、審査を行います。

信用情報は正しく融資が行われなかった際に評価が下がるようになっており、返済の遅延が続いたり、踏み倒したりすると大きく評価を下げることになります。

借金を完済せずに放置していると、ブラックリストに登録され、ブラックリスト情報が消えないかぎり、あらゆる融資を受けられなくなります。

また、連続して複数のカードローン業者に申し込むのも危険で、金銭的にかなり困っていると判断されれば、審査に通りにくくなってしまいます。

申し込み情報は半年程度保管されるため、一度カードローンの審査に落ちた場合には、半年程度期間を置くことをおすすめします。

信用情報はジャンルで分かれている?

信用情報機関はジャンルによって3つに分かれています。

消費者金融業者が中心に加盟しているJICCと、クレジットカード会社が中心のCIC、あとは銀行系が加盟している全国銀行個人信用情報センターです。

それぞれ共有している信用情報は違うので、同じカードローンでも、消費者金融の審査に通りやすい方もいれば、銀行の審査に通りやすいという方もいます。

ただし、各業者同士で提携をして、なるべく幅広い信用情報を集めて審査を行っているため、返済の遅延など大きな信用情報は、大抵の業者に出回っていると考えた方がいいでしょう。

即日融資カードローンの申し込みの流れ

即日融資のカードローンは、基本的にネットか自動契約機で申し込みます。

ネットであれば、24時間申し込みを受け付けていますが、カードをその場で受け取れないというデメリットがあります。

自動契約機はその場でカード発行が出来るので、現金がすぐに欲しい方にはおすすめですが、受付時間に限りがあるのが難点です。

ネット申し込み

ネット申し込みでは、まず公式サイトから入力フォームへと必要情報を入力します。

申し込みが終われば、必要な書類を提出する必要がありますが、業者によって申し込み方法は様々です。

郵送やファックスで送る必要がある業者もあれば、ネット上のアップロードで済ませることが出来る業者など様々です。

カードの発行は郵送なので、1週間程度待たなければなりませんが、最近ではカードレスのカードローンも増えており、おすすめです。

自動契約機

自動契約機は消費者金融などが全国に設置しており、ブース内の機械を操作してカード発行まで行えます。

自動契約機は業者や店舗によって、それぞれ営業時間が微妙に異なるため、申し込み前に確認しておくといいでしょう。

即日融資に関するよくある質問

最後に即日融資に関するよくある質問と答えを紹介していきます。まだ分からないことがある方はぜひ参考にしてください。

また当サイト内には、即日融資はもちろんカードローンの基礎情報も手広く紹介しています。

カードローンについて知りたいことがある方は、ぜひ他の記事も見てみてください。

ブラックでも即日融資可能なところはある?

大手消費者金融、銀行カードローンでは基本的にブラックでは審査に通りません。

しかし規模の小さい消費者金融、街金やサラ金と呼ばれるような業者であれば、ブラックでも融資を行っているケースもあります。

しかし中小の消費者金融は審査基準は甘いですが、審査スピードは大手に比べると劣ります。

また基本的に融資は振込なので、15時を過ぎると直接店頭に向かわなければ即日融資を受けることはできないのでご注意ください。

在籍確認が必ず行われる?

カードローンの審査では基本的に在籍確認は行われます。

しかし銀行カードローンでも顧客の評価によっては、在籍確認を省略して融資が行われることもあります。

ただし申し込み時点で在籍確認が行われるかどうかは分からないので、対応できるように準備しておくに越したことはありません。

カードローンの在籍確認では、「○○(担当者名)ですが△△(利用者)さんはいますか?」というように業者名を名乗ることはありません。

在籍確認が原因で借金がばれることは少ないのでご安心ください。

また消費者金融であれば収入証明書など提出することで、電話により在籍確認を回避できる可能性もあります。どうしても電話をして欲しくない方は、申し込みの際に相談してみるといいでしょう。

土日の在籍確認はどうなる?

土日で会社が休みという場合、在籍確認を行うことができません。

その後の対応は業者によって異なりますが、大手消費者金融であれば在籍確認を後回しにして、限度額を低めに抑えて融資を行うところが多いようです。

しかし平日になっても在籍確認が取れなければ、契約解除となる危険性もあるのでご注意ください。

また銀行カードローンは土日は審査を行っていなかったり、在籍確認が取れるまで審査を終わらなかったりと対応は様々です。

土日・祝日に即日融資を申し込む際には、土日・祝日でも即日融資に対応しているか調べるようにしましょう。

未成年でもカードローンは利用できる?

カードローンは未成年は利用できません。

各カードローン業者の申し込み条件では、必ず満20歳以上でなければならないと明記されています。

未成年は法律上、お金の貸し借りに関する契約をしても、いつでも無効にすることができます。

お金を貸したとしても契約が無効にされてしまっては、業者が損をするだけです。

そのため未成年者はカードローンを利用できないようになっているのです。

主婦でも即日融資は受けられる?

主婦の方でもパートやアルバイトで働いていれば、消費者金融か銀行カードローンから問題なく即日融資を受けることができます。配偶者の年収と合わせて世帯収入として計上することもできるので、大口融資を受けることも可能です。

ただし専業主婦の場合、消費者金融からは即日融資を受けることができないので注意しましょう。

総量規制によって年収がない人には融資できないようになっているので、自身に収入のない専業主婦は融資を受けることができないのです。

そのため即日融資を受けたい専業主婦の方は、即日融資に対応している銀行カードローンを利用するようにしましょう。

審査に時間がかかる理由とは?

カードローン業者が公表している審査時間はあくまで最短の時間です。そのため場合によっては審査に時間がかかるケースもあります。

たとえば申し込みが混雑している時期は、担当者の最終的な判断が遅くなるので、審査には時間がかかってしまいます。一般的に春先にはカードローンの需要は高まると言われています。

また申し込み者に不審な点があった場合、審査も慎重に行われることになります。申し込み情報に不備があったり、信用情報に傷がついていたりすると審査に時間がかかるので要注意です。

確実に即日融資を受けたいのであれば、一刻も早く申し込みは終わらせておいた方がいいのです。

一番融資まで早い申し込み方法は?

審査にかかる時間はネットでも自動契約機でも変わりませんが、書類提出やカード発行にかかる時間を考えると、自動契約機の方が早く融資を受けることができます。

また自動契約機は審査を待っている間、店舗内に拘束されることになるので、優先的に審査を行ってもらえるケースもあります。

しかし今この記事を読んでいるあなたは、自動契約機の近くにいないかぎり、このままネットから申し込んだ方が確実に早いでしょう。

おすすめはネット申し込みと自動契約機の併用です。

ネットで申し込みと審査だけ終わらせておき、自動契約機でカード発行を済ませることで、時間を有効活用することができます。

この方法であればネット申し込みでも、土日・夕方以降に即日融資を受けることができます。

即日融資を受けるための秘訣は?

  • 申し込み情報を細かく入力する
  • 限度額を低く申し込む
  • 収入証明書を提出する

確実に即日融資を受けたいという方は、審査に通るための上記3つのコツを実践してみてください。

申し込み情報を細かく入力することで、加点式の自動審査は有利となり早く審査を終わらせることができます。

また限度額を低くしておけば、審査基準も甘くなるので審査にも通りやすくなります。

そして低い限度額でも収入証明書を提出しておけば、業者からの信用を得ることができ、審査をスムーズに終わらせることができるのです。

今すぐお金が必要なときこそ、カードローンの申し込みは落ち着いて手続きを進めましょう。

お役立ちカードローンガイド

初めてのカードローンガイド
カードローンの申し込みに必要な書類とは?
カードローンの申し込みに必要な書類とは?

お金を借り入れる際には必ず必要な書類が発生します。消費者金融や銀行などといった借入先のジャンルに関わらず、身分証明書類などは必要となります。カードローンを利用する際には、どういった書類が必要となり、どのような提出方法があるのか紹介していきます。

消費者金融・銀行・信販系の違いについて
消費者金融・銀行・信販系の違いについて

カードローンを扱っている銀行や業者は非常に多く存在します。その中でもノンバンク系と言われる消費者金融や信販会社、銀行系のカードローンと大きくジャンル分けすることができます。果たしてこれらの借り入れ先にはどんな違いがあるのでしょうか。

カードローンはネット申し込みが便利!
カードローンはネット申し込みが便利!

ネット申し込みのメリットや書類提出方法、どんな状況で申し込み可能か等々、カードローンのネット申込についてこちらで紹介していきます。 申し込みの際の注意点なども紹介しているので、カードローン初心者の方は必見です。

カードローンの利息の計算方法について
カードローンの利息の計算方法について

カードローンを利用した時には、利息分を上乗せして返済しなければいけません。金利だけ見ると大差ないように感じますが、借り入れしている金額や期間で利息はどんどん膨らんでいきます。カードローンと上手に付き合う以上、利息の計算方法は把握しておくべきです。

カードローンの返済方法について
カードローンの返済方法について

お金を借り入れする際には必ず返済のことを考えなければいけません。しかし初めてカードローンを利用する方はどんな返済方法があるか見当もつかないはずです。 そんな方の為にカードローンで借入したお金の返済方法、また返済の種類等を紹介していきましょう。

カードローンの申し込み方法とは?
カードローンの申し込み方法とは?

カードローンを利用したいけど、申し込み方法がいま一つわからない…。どんな書類を用意すればよいのか分からない…そんなカードローンの初心者の方に申し込み方法の手順、お勧めの申し込み方法等を紹介します。

カードローンの選び方について
カードローンの選び方について

カードローンの宣伝はテレビや街頭の広告などでもかなりよく見かけます。現在家の中には数え切れない位多くのカードローンの種類があります。それぞれ特徴がありますので、カードローンの選び方ひとつで「お得感」が大きく変わります。

カードローンよくある質問
総量規制の対象外とは?除外と例外の違いについての解説
総量規制の対象外とは?除外と例外の違いについての解説

総量規制が原因でカードローンやキャッシングの審査に通らないあなた。この記事では総量規制の対象外となるカードローンや、総量規制の除外と例外について解説しています。総量規制について悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

銀行カードローンの審査厳しい?審査基準を徹底解説
銀行カードローンの審査厳しい?審査基準を徹底解説

銀行カードローンの審査は消費者金融より厳しいというイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。この記事では銀行カードローンの審査基準を解説し、本当に銀行カードローンの審査が厳しいのか検証しています。また審査に通りやすい銀行カードローンも紹介。

お金を借りる際の審査ではどこが見られる?
お金を借りる際の審査ではどこが見られる?

お金を借りる際の審査では、申し込み情報・信用情報、また見た目や雰囲気など様々な点がチェックされます。この記事ではお金を借りる際の審査で見られるであろうポイントを細かく解説しています。審査が不安な方はぜひ参考にしてください。

カードローンの審査で嘘をつくとどうなる?
カードローンの審査で嘘をつくとどうなる?

カードローンの申込書を記入している時、つい見栄を張って年収を多めにしてしまう人もいるかもしれません。しかし、嘘はバレないのでしょうか?そんなことで審査を通過することができるのでしょうか?

在籍確認なしのキャッシングってあるの?
在籍確認なしのキャッシングってあるの?

もし、土日に急にまとまったお金が必要になって、即日キャッシングをしようと考えたとします。会社が休みでは在籍確認ができませんよね。在籍確認なしでOKの即日キャッシングはあるのでしょうか。

信販系カードローンの審査で即日融資は可能なの?
信販系カードローンの審査で即日融資は可能なの?

カードローンの即日融資を提供している会社は銀行、消費者金融などさまざまです。なかでもおすすめは信販系カードローンです。もちろん即日融資にも対応していますし、さまざまなメリットがあります。

カードローン基本用語集
全国銀行個人信用情報センターについて
全国銀行個人信用情報センターについて

全国銀行個人信用情報センターは、一般社団法人全国銀行協会が設置・運営している個人信用情報機関です。利用者の与信取引における判断の参考としての情報を提供や、金融犯罪や多重債務を未然に防ぐため、さまざまな取り組みを行っています。

JICCについて
JICCについて

JICCとは株式会社日本信用情報機構の略で、平成18年改正賃金業法で定められた指定信用情報機関に指定されている信用情報機関です。消費者金融分野、金融分野、販売信用分野など幅広い信用情報を掲載している信用情報機関です。

CICについて
CICについて

信用情報機関の一つであるCICは、消費者のクレジットカードや消費者ローンに関する信用情報を、加盟しているクレジット会社などから照会の依頼があった際に情報を提供しています。CICはクレジット会社の共同出資によって、昭和59年に設立されました。

多重債務について
多重債務について

多重債務の解決策には、自分で計画的に返済する方法の他、任意整理や民事再生、自己破産といった方法があります。そうなると時間も手間もかかりますので、多重債務にならないように、借り過ぎには注意して、計画的な借入・返済をしましょう。

利息制限法について
利息制限法について

利息制限法は利息について定められている法律の一つです。貸金業者が一方的に高い金利を設定しないよう、法律によって借入金額に応じた上限金利を定めています。法律によって守られているとはいえ、返済をきちんとしていくことが重要です。

遅延損害金について
遅延損害金について

消費者金融などで借入をした場合、約束の日に返済をしないと発生するのが遅延損害金です。遅延損害金は1日でも遅れると発生します。延滞しそうな場合は業者に連絡をすると、返済日の相談にのってくれることがあるので、連絡をするようにしましょう。

元利均等返済について
元利均等返済について

元利均等返済とは、元金と利息を合わせた返済額が均一である返済方法で、支払い当初の返済額を少なくすることができ、返済額が毎月一定なので、返済計画が立てやすいというメリットがあります。無理のない返済をすることができるのもメリットです。

元金均等返済について
元金均等返済について

元金均等返済は、元金の部分を返済期間で均等に割って、元金部分の残高に応じて利息を支払うという方法で、元金の返済ペースが早く、短期間で返済できるというメリットがあります。しかし返済当初は利息が多いので、当初の返済額は大きくなります。

印鑑証明書について
印鑑証明書について

印鑑証明書とは印鑑登録をしてある自分の印鑑が、確かに自分のものであることを証明する書類です。印鑑証明書を取得するには、まず、地域の役所に印鑑登録が必要です。認められない印鑑もあり、地域によって取得方法も異なるので確認が必要です。

保証会社について
保証会社について

保証会社とは、もし利用者が返済を滞らせてしまった場合に、カードローン会社に代理でお金を払ってくれるものです。しかし返済が保証会社になると条件が変わったり、信用情報に関わったりすることがあるので返済は滞らせないようにしましょう。

任意整理のメリット・デメリット
任意整理のメリット・デメリット

任意整理とは弁護士などが賃金業者と交渉し、毎月の返済額を減らして、無理なく返済できるようにする債務整理の一つです。賃金業者が賃金業法改正前の高い上限金利で請求していた場合、過払い金が発生し、返還請求をすることできます。

個人再生のメリット・デメリット
個人再生のメリット・デメリット

個人再生とは借金の一部を免除してもらい、残りを3~5年間かけて支払っていく債務整理の一つです。自己破産のように財産を失うことがないので、住宅や自動車などの財産を残して、借金の一部も消すことができるというメリットがあります。

おまとめローン特集
借り換えるならどっち?フリーローンとカードローン比較
借り換えるならどっち?フリーローンとカードローン比較

フリーローンとカードローンのどちらにしようかと悩んでいる方も多いかもしれません。いずれにしてもお金を借りるというサービスであることに変わりはありませんが、やはりそれぞれにメリット・デメリットがあります。それをチェックしてみましょう。

おまとめローンで一本化した借金!その時、保証人はどうなる?
おまとめローンで一本化した借金!その時、保証人はどうなる?

借金を一本化することによって、なんとか返済を楽にしたいと考えている方も多いでしょう。しかし、通常のキャッシングなどとは違っていますので、さまざまな疑問を抱いているという方も多いようです。たとえば保証人はどうなのでしょう?こういった疑問にお答えします。

学生の借金はおまとめローンで一本化できる?
学生の借金はおまとめローンで一本化できる?

最近では学生でも利用できるカードローンやキャッシングなども多くなってきています。そのため、複数の借金を抱えて苦しんでしまう方もいらっしゃるようです。では、学生の場合はおまとめローンで借金を一本化することはできるのでしょうか?

おまとめローンは主婦でもOK?
おまとめローンは主婦でもOK?

借金を一本化し、あらためて返済計画を立て直せることから、人気のおまとめローンですが、本人には収入のない主婦の方でも利用することはできるのでしょうか?ここではさまざまな角度からこの点を検証してみたいと思います。

おまとめローンVSカードローン!審査などの違いは何?
おまとめローンVSカードローン!審査などの違いは何?

最近ではカードローンにも限度額が大きなものが多くなってきました。そのため、おまとめローンとして利用するという方も多くなってきました。そこで、専用サービスとカードローンはどちらの方がお得なのかをチェックしてみましょう。

おまとめローンはブラックでも利用可能?
おまとめローンはブラックでも利用可能?

さまざまな事情からお金を借りたものの、返済に困ってしまったという方もいらっしゃるでしょう。その結果として、ブラックになってしまった場合、おまとめローンをはじめとするさまざまなキャッシングサービスを利用できるのでしょうか?

借金を一本化しておまとめ!無職でも可能?
借金を一本化しておまとめ!無職でも可能?

複数の借金を一本化できるサービスとして、おまとめローンは人気を集めています。ですが、お金を借りることには違いありませんので、もちろん審査が必要となります。では、無職でもおまとめローンを利用できるのでしょうか?

労金で提供してくれているおまとめローンとは?
労金で提供してくれているおまとめローンとは?

おまとめローンは非常に便利なサービスですので、さまざまな金融機関が取り扱っています。多くの方はまず最初に銀行や消費者金融を思い浮かべるかもしれません。ですが、ここではそのどちらでもなく、労金のおまとめローンについてご紹介してみましょう。

アルバイトでも大丈夫?重なった借金を一本化する方法
アルバイトでも大丈夫?重なった借金を一本化する方法

いくつかの金融業者などでキャッシングやカードローンなどを利用しているという方の場合、その返済が重なって苦しんでしまうこともあるでしょう。そんな時に心強い味方となってくれるおまとめローンですが、アルバイトでも利用できるのでしょうか?

知っておきたいお金に関する豆知識
個人融資の体験談!成功例と失敗例
個人融資の体験談!成功例と失敗例

個人融資とは掲示板やSNSを使って、個人間のやり取りで行われるお金の貸し借りです。ブラックになって消費者金融から借りられないという方は、個人融資でお金を借りてみるといいでしょう。

金融会社とは?すぐにお金を借りられる業者はどこ?
金融会社とは?すぐにお金を借りられる業者はどこ?

金融会社とは金融業務を行う会社を指します。この記事では金融会社に関する基本的な説明と、今すぐお金を借りたい方におすすめの金融会社を紹介しています。金融会社について知りたい方はぜひ参考にしてください。

急な出費の対策法ーバイト・フリマ・カードローン
急な出費の対策法ーバイト・フリマ・カードローン

急な出費で困っている方のために、急な出費時の対策法を紹介しています。借金以外の方法も紹介しているので、お金に困っている方はぜひ参考にしてみてください。急な出費で困っているからと焦って決めてしまうのは禁物です。

他社借り入れがあってもカードローン審査に通るコツ
他社借り入れがあってもカードローン審査に通るコツ

他社借り入れがあると審査は不利になるので注意が必要です。この記事では他社借り入れがあってもカードローンの審査に通りやすくなるコツや、他社借り入れがある方におすすめのカードローンを紹介しています。

クレジットカードのキャッシングは海外でも利用できるの?
クレジットカードのキャッシングは海外でも利用できるの?

海外で御金を用意する方法は両替だけだと思っていませんか?実はクレジットカードを使ったキャッシングは、海外のATMでも利用できるのです。両替より安くすむことの多いキャッシングを賢く利用して、海外でのショッピングを楽しみましょう。

奨学金の返済がきつい…何か解決策はある?
奨学金の返済がきつい…何か解決策はある?

社会人として働き出してから、奨学金の返済が難しいと感じている人は意外と多いものです。奨学金の返済がきつい時は、返還期間猶予の申請をする、減額返還制度の申請をする、債務整理を行うなどの解決策を取ってみてはいかがでしょうか。

未成年でもキャッシングは利用できる?
未成年でもキャッシングは利用できる?

未成年でもキャッシングは利用できます。保護者の同意書が必要な学生ローン、クレジットカードのキャッシングなど、未成年でも申し込みできる融資サービスを使いましょう。また、既婚者であれば自分の責任のもとでキャッシングを利用できます。

教育ローンの特徴とは?
教育ローンの特徴とは?

教育ローンとは、教育にまつわる費用のために借入できる融資サービスのことです。授業料、受験にかかる費用、塾や予備校にかかる費用など、利用目的は多岐にわたります。教育でお子さんの可能性を広げたい時に頼りになるローンです。

クレジットカードの現金化とは?違法なの?
クレジットカードの現金化とは?違法なの?

こちらでは、クレジットカードの現金化の問題について解説しています。本来の目的から離れてクレジット購入で得た商品を現金化することは違法なのか?また、どんな悪徳業者がいるのか?“クレジットカードに潜む罠”について迫ります。

職業別!カードローンガイド!
低い年収でもカードローンを借りられる?
低い年収でもカードローンを借りられる?

低収入の場合、お金を借りても返済することができないと判断され、なかなかお金を借りることができません。しかし、これは多額のお金を借り入れる場合の話で、少ない金額であれば借り入れをすることができます。低所得でもカードローンの利用ができるのはなぜかについて紹介していきます。

カードローン審査が通りやすい職業・通りにくい職業
カードローン審査が通りやすい職業・通りにくい職業

カードローンは申し込みをしただけでは借り入れをすることはできません。各カードローン会社で決まっている審査基準をクリアしなければお金を手にすることはできないのです。特に職業によって審査に通りやすい、通りにくいが変わってきます。こうした基準や条件などについて調査しました。

専業主婦はカードローンを借りられる?
専業主婦はカードローンを借りられる?

毎月家計のやりくりを任されている中で一番大変なことは、生活費のやりくりです。急な出費が重なると、結局生活費が足りなくなります。カードローンを利用したいけど収入がないから審査に通らないと諦めていませんか?専業主婦とカードローンの関係について調べてみました。

公務員はカードローンを借りられる?
公務員はカードローンを借りられる?

公務員でもカードローンを借りることはでき、公務員専用のカードローンまで用意されている程借りやすい職業と言えます。しかし、いくら公務員といえども審査が絶対に通る訳でもありません。ですが、中には公務員にとってお得なカードローンもあるのでもしもお金に困ってしまったら、カードローン利用を検討してみましょう。

NO IMAGE
年金受給者はカードローンを借りられる?

年金受給者だとカードローンは利用できないのでは?と思われている方も多いかと思います。確かに、年金では安定した収入と呼べないとしてカードローンを利用できないというところも中にはあるのが現実です。しかし、年金受給者でもカードローンは借りることが出来ます。

パート・アルバイト必見!カードローンガイド
パート・アルバイト必見!カードローンガイド

パート・アルバイトの方でもカードローンは利用可能です。ただし、安定した収入という点で不安な面もあるため審査が厳しくなってしまう場合があります。また、借りられる金額も比較的低額となるため気を付けましょう。

無職はカードローンを借りられる?
無職はカードローンを借りられる?

先月まで仕事をしていたけど、無職になってしまった…こういった場合、カードローンの利用はできるのでしょうか。カードローンは、基本安定した収入がないと申し込みをしても審査に通らないといわれています。無職でもカードローンをする場合どういった方法で行えばいいのでしょうか。

OLにおすすめのカードローンガイド
OLにおすすめのカードローンガイド

OLの方でも急な出費によって、お金を借りたい時があるかと思います。 しかし、消費者金融などのカードローンの利用は少し抵抗があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実は、女性専用のカードローンがあり、そちらを利用する人は増えているのです。

サラリーマンにおすすめのカードローンとは?
サラリーマンにおすすめのカードローンとは?

サラリーマンの方でお金が必要になった時、カードローンのご利用はいかがですか?初めてのカードローンは不安で抵抗も感じるでしょうが、カードローンの仕組みや特徴を知っておく事で安心して利用する事が出来るでしょう。

即日融資
即日融資可能な消費者金融を一挙紹介
即日融資可能な消費者金融を一挙紹介

急いでお金を借りたいのであれば、即日融資に対応している消費者金融がおすすめです。この記事では即日融資に対応している消費者金融や、審査を早く終わらせるコツなどを紹介しています。また借金以外で当日中にお金を用意する方法もあわせてご紹介。

収入証明書不要!すぐに借りられるカードローン特集!
収入証明書不要!すぐに借りられるカードローン特集!

急いで手軽に融資を受けたいのであれば、収入証明書不要のカードローンがおすすめです。カードローンの中には300万円まで収入証明書不要で借りられるところもあるのです。この記事ではおすすめの収入証明書不要カードローンを紹介しています。

即日融資可能なおすすめ銀行カードローン
即日融資可能なおすすめ銀行カードローン

銀行カードローンは審査や手続きに時間がかかってしまうことから、即日融資を受けるのが難しい…それはもう過去の話となってしまいました。そこで、ここでは即日融資を受けられるおすすめの銀行カードローンをいくつかご紹介してみたいと思います。

来店不要!スマホで借りられちゃうカードローンはある?
来店不要!スマホで借りられちゃうカードローンはある?

カードローンを利用したいものの、忙しくてなかなか申し込みに行くことができない…そんな悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?最近では来店不要でスマホだけで借りられてしまうカードローンお多くなっていますのでチェックしてみましょう。

1万円だけ借りたい!即日融資で借りることはできる?
1万円だけ借りたい!即日融資で借りることはできる?

キャッシングといえば、最低でも10万円単位でまとまった額のお金を借りるためのサービス…そんなイメージを持っている方も多いかもしれません。では、1万円だけを即日融資で借りることはできないのでしょうか?そんなことはありません。少額融資も可能です。

無職でも即日融資できますか?カードローンの疑問解消!
無職でも即日融資できますか?カードローンの疑問解消!

一般的にカードローンは継続して安定した収入がなければ利用することはできません。では、やはり無職の場合はカードローンの利用はできないのでしょうか?もちろん、かなり選択肢は限られますが絶対に不可能というわけではありません。

即日でお金を借りる4つの方法
即日でお金を借りる4つの方法

昔と比較すると、近年では本当に短時間でお金を借りることができるようになりました。ですが、実際にはどのくらいの時間でお金が借りられるのでしょう?ここでは即日でお金を借りる方法についていくつかご紹介してみたいと思います。

今日中にお金が必要!すぐに借りられる方法とは?
今日中にお金が必要!すぐに借りられる方法とは?

どうしてもその日のうちにお金を借りたい…そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?最近では即日融資に対応している金融機関も多くなってきています。そこで、より確実にその日のうちにお金を借りる方法をチェックしてみましょう。

知って得する!最新キャッシング情報!
本審査と仮審査の違いって?カードローンの素朴な疑問
本審査と仮審査の違いって?カードローンの素朴な疑問

カードローンの審査は2つの段階に分けられています。それが仮審査と本審査と呼ばれるものです。ここではそれぞれの審査の違いについてしっかりとチェックすると同時、それぞれの審査に通過するためのポイントなどについてもご紹介したいと思います。

カードローンを利用する若者に多い共通点とは?
カードローンを利用する若者に多い共通点とは?

カードローンを利用する若者に多い共通点を5つピックアップしてご紹介します。カードローンを使う若者は少なくありません。収入と生活のバランスを取るために、いざというピンチの時にはカードローンをご利用ください。

キャッシングの歴史
キャッシングの歴史

こちらでは、質屋文化から現在の消費者金融に至るまでのキャッシングの歴史について、さまざまな角度から考察しています。鎌倉時代からあったといわれるお金の貸し借りの歴史を振り返り、キャッシングのあり方について考えてみましょう。

キャッシングは一定期間が経つと時効が成立する?
キャッシングは一定期間が経つと時効が成立する?

キャッシングの返済は一定期間が経過すると時効が成立し、返済の義務が消滅します。しかし、その道のりは険しく、時効成立後もデメリットを被ることになります。時効を期待してキャッシングするようなことはやめましょう。

消費者金融からの借入歴は入居審査に影響する?
消費者金融からの借入歴は入居審査に影響する?

消費者金融を利用することにはさまざまなデメリットがある、と考えている方も多いのではありませんか?その中でも多くの方が心配しているのが「入居審査で不利になってしまう」というものでしょう。ですが、本当にそうなのでしょうか?

NO IMAGE
外国人って消費者金融からお金を借りられるの?

消費者金融などのサービスは一定の条件さえ満たしていれば誰でも借りることができる…そう考えている方が多いでしょう。では、外国人の方の場合はどうなのでしょう?もちろん、借りられますが、そのための条件がいくつかあります。

二ヶ月までなら返済を延滞しても大丈夫って本当?
二ヶ月までなら返済を延滞しても大丈夫って本当?

返済が長期間遅れると、信用情報機関に事故情報として記録されます。業者にお願いしても2ヶ月は待ってもらえませんから、すみやかに返済してください。返済期日を過ぎると1日ごとに延滞損害金を支払わなければなりません。

社会人になっても学生ローンを利用できるの?
社会人になっても学生ローンを利用できるの?

社会人になっても学生ローンを利用できます。また、学生時代に利用していた学生ローンを引き続き利用するのも可能です。ただし、学生証がなければ割引を受けられない可能性もありますから、あらかじめ情報を確認しておきましょう。

過払い金の返還でブラックリストには登録されない?
過払い金の返還でブラックリストには登録されない?

過払い金請求をしても、基本的にはブラックリストに登録されません。ただし、当時借り入れたお金を完済していない場合は、請求をした際に一時的に債務整理の情報が掲載されることがありますから、お気をつけください。