即日融資のカードローンを一挙紹介!

シェアする

即日融資可能なカードローンをお探しのあなたへ。

当サイトでは即日融資可能なカードローンを日本中から厳選して紹介しています。

カードローンごとに即日融資に対応している時間帯も解説しているので、今すぐ借りられるカードローンを探している方はぜひ参考にしてください。

このページではまず即日融資可能なカードローンを一挙に紹介して、次に消費者金融と銀行カードローンのメリットとデメリット。そして最後に即日融資に関するよくある質問と答えを紹介しています。

即日融資可能なカードローン業者一覧

業者名 審査時間 即日融資可能な時間帯 土日 収入証明書が必要となる限度額
プロミス 30分 9:00~21:00
  • 1社から50万円超
  • 他社含めて100万超
アイフル 30分 9:00~22:00
  • 1社から50万円超
  • 他社含めて100万超
アコム 30分 9:00~21:00
  • 1社から50万円超
  • 他社含めて100万超
モビット 10秒簡易審査 9:00~21:00
  • 1社から50万円超
  • 他社含めて100万超
ノーローン 20分 9:00~20:30
  • 1社から50万円超
  • 他社含めて100万超
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 30分 9:00~20:00
(土日は17~18時まで)
200万円超
三井住友銀行カードローン 30分 9:00~21:00 300万円超
みずほ銀行カードローン 即日 9:00~14:00 × 300万円超
新生銀行カードローン「レイク」 30分 9:00~21:00 100万円超
ソニー銀行カードローン 1時間 9:00~14:00 × 300万円超
スルガ銀行カードローン 即日 9:00~12:00 × 500万円超
千葉銀行カードローン 即日 9:00~12:00 × 原則不要
横浜銀行カードローン 即日 9:00~12:00 × 300万円超
楽天銀行カードローン 即日 9:00~12:00 × 300万円超
住信SBIネット銀行カードローン 60分 9:00~12:00 × 300万円超
セブン銀行カードローン 10分 9:00~12:00 × 原則不要
北洋銀行カードローン 15分 9:00~12:00 × 500万円超
静岡銀行カードローン「セレカ」 30分 9:00~12:00 × 300万円超

ネット申し込みから1時間で即日融資可能なプロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳~69歳以下
申し込み方法
  • PC
  • スマホ
  • 携帯電話
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭窓口
借り入れ方法
  • ネットキャッシング
  • ATM
  • 電話
返済方法
  • ATM
  • ネット返済
  • 口座振替
振込融資対応時間 9:00~14:50
※一部の銀行では24時間可能
自動契約機営業時間 9:00~22:00
審査対応時間 9:00~21:00
必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)
  • 収入証明書類(源泉徴収票・納税証明書・給与明細など)

とにかく急いで融資を受けたい方にはプロミスがおすすめです。

ネット申し込みから1時間足らずで即日融資を受けることができ、数あるカードローンの中でも融資までのスピードは最速です。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間365日即日振込を受けることができるので、急な出費時にも助かります。

大手消費者金融の中で最も上限金利が低く、最大30日間の無利息期間サービスもあるので利息をお得に抑えることもできます。

プロミスではネット・自動契約機・電話から即日融資を受けることができます。

プロミスの詳細ページ

またプロミスから即日融資を受けるためのコツは、当サイト内のこちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

プロミスは土日でも即日融資OK!申し込み方法と審査の流れ

WEB完結の即日融資ならモビット

モビット-468-60-20150424

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳~69歳以下
申し込み方法
  • PC
  • スマホ
  • 携帯電話
  • ローン申込機
  • 電話
  • 郵送
借り入れ方法
  • ネットキャッシング
  • ATM
返済方法
  • ATM
  • ネット返済
振込融資対応時間 9:00~14:50
自動契約機営業時間 9:00~21:00
審査対応時間 9:00~21:00
必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)
  • 収入証明書類(源泉徴収票・納税証明書・給与明細など)

ネット上の手続きだけで融資を受けたい方には、モビットがおすすめです。

モビットのWEB完結申し込みであれば、電話確認なしでWEB上で契約手続きも終わらせることができます。

モビットのWEB完結申し込みの利用条件は以下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を開設している
  • 勤務先が発行する社会保険証か組合保険証を持っている

WEB完結申し込みではすべての手続きをネット上で終わらせるため、在籍確認ができません。そこで会社に勤務していることが分かる保険証を確認することで、電話での在籍確認を省略しているのです。

そのためアルバイトや学生などで、国民健康保険に加入している方はWEB完結申し込みを利用できないので、通常のネット申し込みを利用するようにしましょう。

モビットの詳細ページ

またモビットから最短で即日融資を受ける方法の紹介しているので、お急ぎの方はぜひ参考にしてください。

モビットから即日融資を受ける方法!審査を最短で終わらせるには?

テレビ窓口から最短40分で借り入れできるバンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」-468-60-20160808

金利 1.8%~14.6%
限度額 500万円
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳~65歳以下
  • 株式会社アコムから保証を受けられる方
申し込み方法
  • PC
  • スマホ
  • テレビ窓口
借り入れ方法
  • ネットキャッシング
  • ATM
返済方法
  • ATM
  • ネット返済
  • 口座振替
振込融資対応時間 9:00~14:30
自動契約機営業時間 9:00~20:00

※土は18時・日は19時まで

審査対応時間 9:00~20:00
必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)
  • 収入証明書類(源泉徴収票・納税証明書・給与明細など)

最も早く借り入れできる銀行カードローンといえば、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

テレビ窓口から申し込めば最短40分で即日融資を受けることができます。

三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても融資を受けることができるので、手っ取り早く銀行から融資を受けたいという方にはおすすめです。

最近ではバンクイックだけでなく、即日融資に対応している銀行カードローンも増えてきています。

しかし選択肢が増えることで、カードローン選びも難しくなっているのも事実です。

そこでここからは消費者金融と銀行カードローン、それぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細ページ

三菱東京UFJ銀行から確実に即日融資を受けたい方は、当サイト内のこちらの記事も参考にしてみてください。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」から即日融資を受けるコツ

消費者金融のメリット・デメリット

メリット

審査基準が甘い

消費者金融最大のメリットは、銀行カードローンと比べて審査基準が甘いことです。

銀行カードローンの審査に落ちた方でも、消費者金融であれば審査に通る可能性が高いです。

他社から借り入れがある方でも貸付可能なので、確実に即日融資を受けたいという方には消費者金融がおすすめです。

なお消費者金融の審査に通るか不安という方は、当サイト内にあるこちらの記事で消費者金融の審査に通るコツを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

消費者金融の審査に通るための13のコツ

大手はすべて即日融資が可能

大手の消費者金融(プロミス・アイフル・アコム・モビット)であれば、いずれも即日融資に対応しています。

また審査時間も最短30分と非常に早いので、急いでお金が必要な時には消費者金融がおすすめです。

銀行でも即日融資可能な業者は増えてきていますが、最短で融資が必要な方は大手消費者金融を利用した方がいいでしょう。

自動契約機のある業者が多い

大手消費者金融は全国各地に自動契約機を設置しています。

自動契約機とはその場で申し込みから契約、そしてカード発行まで終わらせることが出来る機械です。

自動契約機があれば審査が終わればすぐにカードを発行してATMから借り入れできるようになります。そのため土日や夕方以降でも即日融資を受けることができるのです。

自動契約機のないカードローンであれば、ローンカードが自宅に届くまでに数日かかってしまいます。また振込融資を受けようにも、15時以降は口座に反映されるのが翌営業日以降になってしまうので、即日融資を受けることができません。

そのため土日や15時以降に即日融資が必要になったときには、自動契約機が使える消費者金融を利用するといいでしょう。

自動契約機の仕組みや利用方法は、当サイト内のこちらの記事で解説しています。気になる方はぜひ参考にしてください。

自動契約機の仕組みと利用方法を解説

デメリット

金利が高い

消費者金融では審査が甘いぶん、銀行カードローンよりも金利は高くなっています。

大手消費者金融の上限金利が18%程度であるのに対し、銀行カードローンの上限金利は13%~14%程度となっています。

そのため大口の借入を考えている方や、長期的な返済を考えている方は銀行カードローンを利用した方がお得です。

すぐに返済するから急いで借りたいという方に消費者金融はおすすめです。

総量規制の対象となる

消費者金融は総量規制という過剰貸付を防ぐための規制の対象となっています。

総量規制とは貸金業法で規定されており、借主の年収1/3を超える貸付を禁じています。

そのため原則的に消費者金融からは年収の1/3以上融資を受けることができないのです。

また総量規制では他社からの借入も含めて計算されるので、すでに年収の1/3近く借金を抱えている方は消費者金融から融資を受けることができないのでご注意を。

銀行カードローンは総量規制の対象外となっているので、年収に関わらず返済能力が認められれば融資が受けられるようになっています。

総量規制の仕組みや対象外となるカードローンは、当サイトのこちらの記事で解説されているのでぜひ参考にしてくみてください。

総量規制の対象外とは?除外と例外の違いについての解説

限度額50万円から収入証明書が必要

総量規制では限度額50万円を超える融資には収入証明書の確認が義務付けられています。

そのため消費者金融で限度額50万円を超える申し込みをする際には、収入証明書の写しを用意しておかなければなりません。

また他社からの借入含めて100万円を超える場合にも収入証明書の提出が求められるので、あらかじめ用意しておきましょう。

一般的にカードローンの申し込みで収入証明書と認められるのは以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 給与明細(3カ月分以上)

銀行カードローンのメリット・デメリット

メリット

金利が低い

消費者金融のデメリットにも上げましたが、銀行カードローンは一般的に消費者金融よりも金利が低いです。

しかし金利が低い分、審査基準も厳しくなっているので注意しましょう。

また中にはオリックス銀行カードローンや新生銀行カードローン「レイク」のように、消費者金融と同じ金利で融資を行う銀行もあります。

ただし金利が高い分、審査にも通りやすいというメリットもあるので、ニーズに合わせて選ぶことが大切です。

低金利で人気のある銀行カードローンは以下の通りです。

  • 住信SBIネット銀行カードローン(プレミアコース)
  • ソニー銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン(エグゼクティブプラン)

また金利の低い銀行カードローンは、こちらの記事で詳しく紹介されています。利息も安く抑えたいという方はぜひ参考に。

低金利で比較!おすすめ銀行カードローンランキング!

限度額が高い

消費者金融では限度額が500万円~800万円で設定されていますが、銀行カードローンでは1000万円以上融資可能なところもあります。

そのため他社からの借り換えやおまとめローンなど、あらゆる用途に利用できるのもメリットです。

また限度額が高くなれば適用される金利も低くなり、金利が低いところでは年率3.0%以下で融資を受けることができます。

審査に自信がある方は低金利の銀行カードローンで、希望限度額を高くすることで利息をかなり安く抑えることができるのです。

大手消費者金融の限度額
プロミス 500万円
アイフル 500万円
アコム 800万円
モビット 800万円
ノーローン 200万円

消費者金融は総量規制の対象となっているので、限度額を高くしても融資を行うことができません。(限度額500万円の審査に通るには年収1500万円以上必要になります)

そのため各業者、銀行に比べると上限限度額は低くなっています。

銀行カードローンの限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 500万円
三井住友銀行カードローン 800万円
新生銀行カードローン「レイク」 500万円
みずほ銀行カードローン 1000万円

みずほ銀行カードローンでは、限度額1000万円まで即日融資に対応しています。

他にも住信SBIネット銀行カードローンでは、限度額1200万円まで対応しており、あらゆる用途に利用することができます。

大手は消費者金融並みに審査が早い

銀行カードローンの中でも、大手消費者金融を保証会社にしているところでは、かなり審査スピードが早いのでおすすめです。

また三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行では、消費者金融をグループ会社としているので、消費者金融の審査のノウハウを自社に取り入れてもいます。

属性スコアリングシステムや自動契約機の技術を取り入れることで、大手消費者金融と変わらない早さで即日融資ができるようになっているのです。

すぐに借りられる銀行カードローンを探している方は、消費者金融がグループ会社にある銀行カードローンを利用しましょう。

デメリット

審査基準が厳しい

銀行カードローンは金利が低いぶん、消費者金融よりも審査は厳しくなっています。

しかし最近では銀行カードローンが消費者金融の貸付残高を上回るなど、銀行でも積極的に貸付が行われていることが分かります。

そのため他社から借金があったり、信用情報に大きな問題がないかぎりは、銀行カードローンの審査にも通るのでご安心ください。

即日融資ができない銀行もある

最近では銀行カードローンでも即日融資が半ば当たり前になっていますが、中には即日融資に対応していない銀行もあるのでご注意ください。

特に「即日審査」が可能と紹介されている銀行カードローンには注意しましょう。

即日融資と即日審査はよく似ていますが、全く異なる意味なのです。

即日融資では申し込んだその日のうちに融資を受けることができますが、即日審査は申し込んだ日のうちに審査を終わらせることしかできません。

カード発行などに時間がかかり、融資を受けられるのは結局2~3日後というケースが多いのです。

そのため銀行カードローンを利用しようと考えている方は、即日融資に対応しているか申し込む前に調べるようにしましょう。

即日融資に関するよくある質問

最後に即日融資に関するよくある質問と答えを紹介していきます。まだ分からないことがある方はぜひ参考にしてください。

また当サイト内には、即日融資はもちろんカードローンの基礎情報も手広く紹介しています。

カードローンについて知りたいことがある方は、ぜひ他の記事も見てみてください。

ブラックでも即日融資可能なところはある?

大手消費者金融、銀行カードローンでは基本的にブラックでは審査に通りません。

しかし規模の小さい消費者金融、街金やサラ金と呼ばれるような業者であれば、ブラックでも融資を行っているケースもあります。

しかし中小の消費者金融は審査基準は甘いですが、審査スピードは大手に比べると劣ります。

また基本的に融資は振込なので、15時を過ぎると直接店頭に向かわなければ即日融資を受けることはできないのでご注意ください。

在籍確認が必ず行われる?

カードローンの審査では基本的に在籍確認は行われます。

しかし銀行カードローンでも顧客の評価によっては、在籍確認を省略して融資が行われることもあります。

ただし申し込み時点で在籍確認が行われるかどうかは分からないので、対応できるように準備しておくに越したことはありません。

カードローンの在籍確認では、「○○(担当者名)ですが△△(利用者)さんはいますか?」というように業者名を名乗ることはありません。

在籍確認が原因で借金がばれることは少ないのでご安心ください。

また消費者金融であれば収入証明書など提出することで、電話により在籍確認を回避できる可能性もあります。どうしても電話をして欲しくない方は、申し込みの際に相談してみるといいでしょう。

土日の在籍確認はどうなる?

土日で会社が休みという場合、在籍確認を行うことができません。

その後の対応は業者によって異なりますが、大手消費者金融であれば在籍確認を後回しにして、限度額を低めに抑えて融資を行うところが多いようです。

しかし平日になっても在籍確認が取れなければ、契約解除となる危険性もあるのでご注意ください。

また銀行カードローンは土日は審査を行っていなかったり、在籍確認が取れるまで審査を終わらなかったりと対応は様々です。

土日・祝日に即日融資を申し込む際には、土日・祝日でも即日融資に対応しているか調べるようにしましょう。

未成年でもカードローンは利用できる?

カードローンは未成年は利用できません。

各カードローン業者の申し込み条件では、必ず満20歳以上でなければならないと明記されています。

未成年は法律上、お金の貸し借りに関する契約をしても、いつでも無効にすることができます。

お金を貸したとしても契約が無効にされてしまっては、業者が損をするだけです。

そのため未成年者はカードローンを利用できないようになっているのです。

主婦でも即日融資は受けられる?

主婦の方でもパートやアルバイトで働いていれば、消費者金融か銀行カードローンから問題なく即日融資を受けることができます。配偶者の年収と合わせて世帯収入として計上することもできるので、大口融資を受けることも可能です。

ただし専業主婦の場合、消費者金融からは即日融資を受けることができないので注意しましょう。

総量規制によって年収がない人には融資できないようになっているので、自身に収入のない専業主婦は融資を受けることができないのです。

そのため即日融資を受けたい専業主婦の方は、即日融資に対応している銀行カードローンを利用するようにしましょう。

審査に時間がかかる理由とは?

カードローン業者が公表している審査時間はあくまで最短の時間です。そのため場合によっては審査に時間がかかるケースもあります。

たとえば申し込みが混雑している時期は、担当者の最終的な判断が遅くなるので、審査には時間がかかってしまいます。一般的に春先にはカードローンの需要は高まると言われています。

また申し込み者に不審な点があった場合、審査も慎重に行われることになります。申し込み情報に不備があったり、信用情報に傷がついていたりすると審査に時間がかかるので要注意です。

確実に即日融資を受けたいのであれば、一刻も早く申し込みは終わらせておいた方がいいのです。

一番融資まで早い申し込み方法は?

審査にかかる時間はネットでも自動契約機でも変わりませんが、書類提出やカード発行にかかる時間を考えると、自動契約機の方が早く融資を受けることができます。

また自動契約機は審査を待っている間、店舗内に拘束されることになるので、優先的に審査を行ってもらえるケースもあります。

しかし今この記事を読んでいるあなたは、自動契約機の近くにいないかぎり、このままネットから申し込んだ方が確実に早いでしょう。

おすすめはネット申し込みと自動契約機の併用です。

ネットで申し込みと審査だけ終わらせておき、自動契約機でカード発行を済ませることで、時間を有効活用することができます。

この方法であればネット申し込みでも、土日・夕方以降に即日融資を受けることができます。

即日融資を受けるための秘訣は?

  • 申し込み情報を細かく入力する
  • 限度額を低く申し込む
  • 収入証明書を提出する

確実に即日融資を受けたいという方は、審査に通るための上記3つのコツを実践してみてください。

申し込み情報を細かく入力することで、加点式の自動審査は有利となり早く審査を終わらせることができます。

また限度額を低くしておけば、審査基準も甘くなるので審査にも通りやすくなります。

そして低い限度額でも収入証明書を提出しておけば、業者からの信用を得ることができ、審査をスムーズに終わらせることができるのです。

今すぐお金が必要なときこそ、カードローンの申し込みは落ち着いて手続きを進めましょう。

お役立ちカードローンガイド

初めてのカードローンガイド
カードローンよくある質問
カードローン基本用語集
JICCについて
JICCについて

キャッシングやクレジットカードなどを申し込むと、審査...

CICについて
CICについて

キャッシングやカードローンを利用した際に、返済が延滞...

おまとめローン特集
知っておきたいお金に関する豆知識
職業別!カードローンガイド!
即日融資
知って得する!最新キャッシング情報!