カードローンの申し込みに必要な書類とは?

シェアする

給与明細とお金

キャッシングやカードローンといった金融商品を利用する際には、必ず必要書類が発生します。お金を借りる、という行為は相応の用意が必要となるものです。


審査には必ず必要書類が発生する

テレビコマーシャルやインターネットの広告などを見ていると、手ぶらで申し込みをして簡単にお金を借り入れできるイメージがありますが、決してそんな事はありません。
お金を借りる=借金をすると言うこと。その意識をはっきりと持たなければいけません。
最近はコンビニATM等を利用してキャッシングやカードローンの借り入れ、返済を簡単に行える世の中となりました。
お金を借り入れする行為が日本国民にとって身近なものとなりましたが、借り入れしたお金は「他人から借りているお金」に変わりはありません。
よって、見ず知らずの企業や銀行からお金を借り入れするときにも最低限「身元」を提示する必要があるのです。

最低限用意しておきたいもの

カードローンを利用してお金を借り入れする際に、最低限用意しておかなければいけない書類は「本人確認書類」です。本人確認書類とは所謂身分証明書を指します。
具体的な例をあげれば自動車の運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票の写しなどです。
これらの身分証明書類がないと、お金を借り入れすることができません。身元がわからない「信用」のおけない人間には、業者もリスクが高すぎてお金を貸し出しできないのです。
必要最低限、この身分証明書類だけは常に身近に置いて、すぐに提出できるような心構えを持ちましょう。
また健康保険証の提示の際、勤務先の名前が入っていれば尚ベターです。
それだけで、しっかりと就職している…と言うアピールになります。
職に就いている=安定した収入がある=返済能力がある、という印象を与える事ができるからです。

借入先や希望限度額によって必要となる書類は?

カードローン審査の際には、本人確認書類の他にもう一つ、「収入証明書類」が必要となる場合があります。これは、申し込みをする人に返済能力があるかどうかを確認する書類です。
収入証明書類は、大手消費者金融、ネットバンク等のカードローン審査の場合「◯◯万円以下の借り入れの際には不必要」としています。
この相場は50万円以下…となります、これは少額の借り入れの際は収入証明書類はいりませんよ、と言う意味。
100万円以上のお金を借り入れする場合は基本的にどの金融機関に申し込みをしても収入証明書類が必ず必要になります。
収入証明書類とは具体的に、直近数ヶ月分の給与明細や源泉徴収票、住民税の確定通知書等を指します。
これらの書類を確認すれば、借り入れしようとしている本人がしっかりと働いており、返済能力があるかどうかを確かめることが出来るのです。

給与明細の提出により職場会の在籍確認が免れる?

カードローン審査の終盤には、在籍確認が行われます。この在籍確認とは申し込みをした本人が、申告したとおりの勤務先に本当に働いているか、ということを確かめる行為です。
基本的に在籍確認は、職場に電話をかけて行われます。
この職場への在籍確認を嫌う方が多いのですが、電話をかけるオペレーターは決して金融機関や企業の名前を名乗りません。
オペレーター個人の名前で電話をかけて、「◯◯ですが◯◯さんいらっしゃいますか?」といったような口調で在籍を確認します。
この際、借り入れしようとしている本人が不在でも、電話対応した他の社員の方が「現在不在にしております」と言うだけでも在籍が確認されたこととなります。
それほど不安を感じるものではありません。
しかし嫌になる気持ちも分かります。
ちなみに、この職場へ電話する在籍確認を免れる方法があります。それは直近数ヶ月分の給与明細を提出することで、電話での在籍確認の代用とする方法です。社名の入った給与明細を提出することで、その会社で就職して働いている…ということが証明できるからです。
しかし、給与明細を提出しても100%電話での在籍確認を免れる保証はありません
給与明細を提出しても職場に在籍確認の電話がかかってくるかもしれない…という覚悟が必要です。


必要書類の提出方法

カードローンの必要書類の提出方法は様々です。直接写しを郵送するのも良いですし、ファックスで提出する方法もあります。
最近ではメールなどに写真データやPDFファイルとして添付して送信することにより提出完了とすることもできます。
また、スマートフォンからの申し込みの場合はスマートフォンのカメラで必要書類の写真を撮り、その写真データを借り入れ先の専用ホームページにアップロードして書類完了とすることも可能です。
出先などから申し込みをする場合は、この写真をアップロードする方法が非常に便利です。
カードローンにおける必要書類の提出は、面倒くさく手間に感じますが、このように携帯端末を利用して、短時間で済ませる事が可能となりました。
忙しい方でも、出張先や移動中などでも簡単に申し込みがおこないますので、ぜひお試しください。

身分証明書を持ち歩く

カードローンを利用する際にはこのように必要書類は必ず発生します。また、カードローン以外にも身分証明書類を提示される場面は現在非常に多いため、財布やカード入れの中に健康保険証カードや運転免許証を入れて携帯することをお勧めします。
いざという時に非常に役に立ちますよ。