定期預金にはどんなメリットがあるの?

時計とお金と女性

定期預金は銀行や信託銀行が行っている預金の種類のこと。
定期預金は普通預金に比べると金利が高く設定されており、この金利によりお金が雪だるま式に大きくなっていく、そんなシステムの預金となっています。

定期預金の預入期間について

定期預金の預入期間は預け先の銀行によりそれぞれ異なります。数週間という短期間のものもありますし、中には最長10年という定期預金もあります。
また、数ヶ月1年など、区切りの良い期間を利用者が選択することも可能です。
もちろん預けた年数や金額により利息は大きくなるため、金額が多ければ多いほど、預けている年数が長ければ長いほど、解約したときに戻ってくる金額は大きくなります。

定期預金のメリット

定期預金のメリットはお金を増やせる、と言う所。
定期預金の口座を作り、預けるだけでお金を増やすことができます。
これが定期預金最大のメリットと言えます。
もちろん金利は預け先の銀行によってそれぞれ異なるため、1番大切なのは個人に適した銀行を選ぶことです。
長期の定期預金に長けた銀行もありますし、中期預入向けの定期預金が得意な銀行もあります。
自分がどれくらいの期間で預け入れを行うかによって、利用する銀行が変わってくるはずです。

デメリット

定期預金のデメリットは、途中で解約すると全く意味がなくなってしまうという点です。
高金利で預け入れを行っていても、満期になる前に解約してしまった場合、金利が一気に低くなり長期間預けていた意味が全くなくなってしまいます
定期預金の最大のデメリット、それは満期になるまでお金の出し入れができないと言うことです。

定期預金の注意すべき点

定期預金は1つの資産運用の形です。ですから、定期預金を行うのであればすべての貯金を預け入れするのではなく、貯金の1部を定期に入れる程度の感覚で利用することを勧めします。
貯金の全てをなげうって定期預金で凍結させてしまうと、いざお金が必要になった時に結局定期預金を途中で解約することとなります。
1番良い形は貯金の3分の1程度運用に回す事でしょう。
また、定期預金だけでなく、投資信託や生命保険への加入、国債を買ったりすることも効率の良い資産運用と言えます。

どのような銀行選ぶべきか

定期預金を行う際に1番大切なのは預け入れをする銀行を選ぶ事です。
銀行選びに失敗してしまった場合、後になってもっとお得な銀行の定期預金が見つかったと、後悔することのないようじっくりと預け入れを行う銀行を選ぶことをお勧めします。
三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行など大手銀行も良いですが、現在はインターネットバンク等の定期預金もかなり高金利でオススメです。
またカードローン等で知られる新生銀なども高金利での定期預金を行っています。
とにかく、よく調べて申し込む…!これが定期預金の全てです。

定期預金以外の将来への備え方

老後に備えて長期の定期預金を組み、資産運用を行うのも良いですが、定期預金だけではなく、様々な資産運用を行い、バランスの良くお金を増やすと良いでしょう。
例えば100万円の貯金があるとしたら、30万円を定期預金に入れて50万円をバランス型の投資信託、残りの50万円は生命保険に預ける…、残りの40万円で国債を買い運用する…等々。
運用の仕方は定休今だけではないので、それぞれ個人に合った運用方法を見つけ、効率よく資産を増やしていくことをお勧めします。
1番もったいないのは、まとまったお金を持っているのに、何もしないこと。
知識のない方はフィナンシャルプランナーに相談するのも良いでしょう。