カードローンの審査とは?

シェアする

お金と虫眼鏡

カードローンやキャッシング、その他の住宅ローンなど、「お金を借りるという行為を行う際には、必ず審査が行われます。
今回はカードローンの審査について初心者の方にも分かりやすくご紹介。


お金を借りる際に審査は必ず必要

なぜ審査を行うか…これは貸し出し業者が「本当にこの利用者にお金を貸して大丈夫か?」と言う事を調べるためです。
そのため、名前や住所年齢はもちろん、お勤め先や勤続年数、業種や職種、家族構成に住居形態、住居年数等など細かい個人情報を収集して、その人にお金を本当に貸し出しても良いか、調べます。
これらの事だけで、その人がどういった人か…と言う信用や属性を知ることができます。
例えば勤続年数が短い場合は、仕事が続かない可能性がある…つまりすぐに今の仕事も辞めて返済不可能に陥る可能性がある、と考えられます。
また、住居が持ち家だった場合、急に引っ越し等をして逃げられる可能性が少ない…などと言う判断が容易にできるのです。
もちろんこの時、無職の方などは審査に不利となります。
下手をすれば、この第一段階の審査で落とされてしまうこともあるので、お金を借り入れる際には私生活における信用が非常に大切なのです。

融資を受けられない人もいる

残念ですが、カードローンの審査に落ちる事はもちろんいらっしゃいます。過去に他社のカードローンを利用して自己破産をしている、また現在複数社からお金を借り入れしている状態などと言う場合は、返済できる可能性が低いとみなされ審査に落とされてしまうことがあります。
特に消費者金融の場合は総量規制の対象外となるため、他の数社から借りている総額が債務者の年収の3分の1以上(またはそれに限りなく近い場合)とのきは、貸し出しが不可能となります。
これは法律で定められていることなので、仕方ありません。
また、借入金返済の延滞履歴があったりした場合も、信用情報で必ず気づかれてしまいます。

消費者金融では?

消費者金融のカードローン審査は、比較的柔軟性を含んでいると言われています。
成人しており、安定した収入を得ている方であれば殆どの方が利用することが可能です。
年齢制限的には、70歳以上の方は利用が難しくなることもありますが、高齢者向けのカードローン等を扱っている借入先も存在します。
このため、消費者金融のカードローン審査はスピーディーに行うことができるのです。

銀行系カードローンでは?

消費者金融のカードローン審査に比べ、銀行系カードローンの審査は比較的審査内容が厳しく設けられています。
借り入れしようとしている方の個人情報をしっかりと調べたうえ、属性が悪い場合は審査に落とされてしまいます。
しかし、その厳しい審査を通り抜けた人は低金利でお得なカードローンを利用できると言うわけです。
申し込みをする順番的には銀行系カードローン→ネットバンク→消費者金融と言う順番です。
ちなみに消費者金融でも銀行でも、一度審査に落ちた場合、同格の同業社に借り入れの申し込みをしても審査で落とされてしまいます。
もちろん例外も存在しますが、例えばアコムの審査に落とされたからプロミスに申し込みしてみようとしても、審査で落とされるのが関の山です。
銀行系カードローン審査に落とされた場合は、ネットバンク、または消費者金融のカードローンに申し込みをしてみましょう。


審査に落ちた理由は何?

カードローン審査に落とされた場合、その理由は絶対に教えてくれません。これはどの借入先も共通して同じことが言えます。
しかしカードローン審査に落とされる理由は絶対に存在します。
一般的な社会人としての生活を送っている場合、審査で落とされる事はまずありません。
金融系のトラブル以外にも、以前借りていたお金の返済に延滞履歴があったり、家賃を滞納したり、公共料金を支払っていなかったり。
こういっただらしのない部分があった場合、やはりその人の信用は薄くなってしまいます。
万が一カードローン審査に落とされた場合は、過去の行いを振り返ってみましょう。
きっと何かあるはずです。

信用情報は業者が共有している?

申し込みをした人の信用情報はどこが管理しているか。
一般的にあまりは知られていません。
銀行や消費者金融、クレジット会社等は共通した情報を共有しています。
しかし、貸付業者はこれらの信用情報を基に審査を進めなくてはいけません。
ですから、信用情報というものは非常に大切なのです。
この情報を扱っている会社は
・CIC
・日本信用情報機構(JICC)
・全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
などがあり、CICはクレジット会社、日本信用情報機構は消費者金融系クレジット、全国銀行個人信用情報センターは銀行系クレジットの情報を共有しています。
どんな小さな過去の経歴も残っているので、心当たりがある方は注意が必要です。

カードローン審査に落ちないためには

カードローン審査に落とされる人は意外に少なくありません。
カードローンの審査に落とされないようにする為には、私生活をちゃんとすることが重要です。
当たり前の生活を当たり前に行う。
借りたお金はしっかり返す、支払うべきものは期日までに支払う…こういった人としての基本が大切なのです。
その積み重ねが個人の「信用」となり、いざと言うときに自分に跳ね返ってきます。
もし、審査に落とされた場合は今までの私生活を振り返ってみてください。