即日のカードローン契約とその他の違いについて

シェアする

最近は即日融資を受けることが可能であるというカードローンもありますし即日契約出来るというカードローンもありますが、未だにしっかり審査や融資に時間をかけるローンも存在しています。
即日の方が需要もありそうですがあえて期間を設ける理由とは一体何なのでしょうか。


<銀行系カードローンでも即日がある>

消費者金融のコマーシャルではとにかく速さを売りにしたメッセージをよく耳にします。即日審査や融資で困った時のお金対策に利用出来るという意味ですが、今はなんと銀行でもすぐ審査結果が出るというものがあるのです。銀行というととてもお堅いイメージと共に審査にも時間がかかると言われていましたが早く出来たということは銀行や消費者金融という金融機関の種別によるものではないということになります。


<担保のありなしが命運をわける>

実は審査に時間がかかるのは何故かというと「その人の融資に担保がある場合に時間がかかる」からです。担保というのはお金を受け取る代わりに金融機関に預ける資産のことでもしカードローンの返済が出来なかった場合にその担保を金融機関側が貰うという仕組みのことを言います。
実際に担保を登録する際にはその担保が融資額と同等の価値を秘めているかということに重点を置き実際に担保を確認するため、即日ではなくなり数ヶ月かかかる場合もあるということになるのです。

カードローンは自分に合ったものを選択することが一番ですが担保があるかないかで融資額も変わる場合があるため、金額や契約の内容はしっかりと事前に確認するようにしましょう。