カードローンの返済方法について

ATMの前でカードを持つ男性

返済のことを忘れない!

カードローンやキャッシングなどといった金融商品は、お金に困った際すぐに借り入れを行えるので非常に便利です。
早ければ1時間程度でお金を借り入れすることができますし、申し込みもインターネットから行うことができます。
さらにコンビニATMを利用して借り入れや返済を行うことができるので、「お金を借りる」という行為が非常に身近なものとなりました。
しかしあまりにも簡単にお金を借り入れ出来るが故に、ついついお金を借り過ぎてしまう人もいるようです。
気軽に借り入れを重ね、気づけば返済額が膨大に膨れ上がっていた。
よくあるような話ですが、実際自分の身に置き換えてみると大変なことです。
返済することを全く考えずにカードローンに申し込みをしてしまうと、後々身を滅ぼす事になりかねません。
常に返済のことを考えながら借り入れする…これがカードローンを要するときのコツと言えます。

事前にシミュレーションを必ず行う

同じカードローンでも、借入先によって内容が大きく異なります。
各借入先によって営業時間やサービス内容、キャンペーンもうそうですし金利も違います。
特に大きいのは金利です。
カードローンを利用する際には、利息の計算が欠かせません。自分が今いくらお金を必要としているのか。また借りたお金をいつまでに返済するのか…ということを考えた上で借り入れしなければいけません。
返済のシミュレーションを行わなければ、無計画な借り入れを繰り返してしまう可能性があります。これは絶対に避けて通らなければいけない道。
そのためにカードローンに申し込みをする際に着目すべきポイントが金利なのです。
金利は現在法律で年率18%以下と定められています。
18%と聞くと、大した数字に思えないかもしれませんが、今18%で100万円を1年間借り入れした場合、利息分だけでも18万円上乗せして返済しなければいけません。
利息を侮ってはいけないのです。
金利の計算は誰にでも簡単に行えます。
いつまでに返済するか…頭の中で計算して借り入れを行うべきです。

返済の種類について

カードローンを利用したときの返済方法は約定返済随時返済の2種類あります。
約定返済とは毎月決まった日にちに返済する方法です。銀行振替等はまさしくこの約定返済に該当します。
このほかにもATMからの返済、口座から振り込などして返済することができます。
カードローンと言うものはリボルビング払いが基本となるので、月々決まった期日の返済が絶対的に必要となります。
毎月決められた日に定期的に返済を行う、これを約定返済といます。
また、随時返済と言うものは、約定返済とは大きく異なり、債務者の都合に合わせた返済を言います。
例えば、臨時収入が入ったので1万円返済しよう、といった具合に自分の都合に合わせて返済を行うことを随時返済といます。
借入先によっては随時返済が可能な借入先と不可能な借入先が存在します。
もちろんカードローンを扱う金融機関としては長期的な返済をしてくれた方が売り上げにつながりますので、随時返済はあまりお勧めしてきません。
また、随時返済だけで全て返済する…という事はできないので注意が必要です。
随時返済は約定返済を行った上での返済、あくまで補佐的な返済方法なのです。
カードローンを利用する際は約定返済メインで、余裕のある時に随時返済を行い、借入金を減らしていくと良いでしょう。

多重債務はなるべく避けるべき

複数の借り入れ先からカードローンを利用する…このことを多重債務といます。
多重債務はそれぞれの借り入れ先に返済する手間が大変ですし、精神的圧迫間もある為お勧めしません。
現在、各金融機関から借り入れしたお金を一本化する特別なローン(おまとめローン)も存在します。
借入金を一本化することにより、低金利で返済を行うことができる…これがおまとめローンのメリットです。

万が一借入金を返済できない場合は…

キャッシングやカードローンを利用して多額のお金を借り入れし、返済できなくなってしまった。
そんな場合に行うのが債務整理です。
債務整理の種類には任意整理や自己破産、個人再生などがありますが、現在頻繁に行われているのが任意整理です。
過払い金の請求等はこの任意整理に当てはまります。
ラジオやテレビ等で頻繁に債務整理の宣伝を行っていますが、ほとんどが過払金の払い戻し請求のサポートです。
総量規制が始まる前から長期的にお金を借り入れしている方は過払金が返ってくる可能性があるので、任意整理を行うのもオススメです。
また自己破産などしてしまうと、返済金を逃れることができますが向こう10年はブラックリストにのってしまい新たな借り入れを行う事が不可能となります。
任意整理で済ませるのがベターでしょう。

返済手数料について

専用ATMや自動契約コーナー、契約先のATMでお金を返済する場合、基本的に手数料が発生します。
借入先の専用ATMからの返済の場合は手数料が無料となることもありますが、提携しているATMからの返済に関しては手数料が発生すると思ってよいでしょう。
一回の返済につき216円の返済手数料がかかります。これを繰り返すと手数料だけで数千円になってしまうので、返済はなるべく少ない回数で行うことをお勧めします。

カードローンの返済方法について

リボルビング払い

リボ払いとも省略されるリボルビング払いは毎月の返済額を一定にするという返済方法です。
いくら借りても毎月の返済額は変わりませんが、じつは支払い期間が伸びているという点は要注意です。

元金均等払い

元金を返済回数で均等に割った額と、そのつどの元金残高に対する利息を払う返済方法です。
初期の負担こそ大きいものの、完済が近づくにつれて楽になるという特徴があります。

元利均等払い

毎月の返済額がほぼ一定になるように元金部分と利息部分を組み合わせた返済方法です。
もっとも一般的な返済方法といわれています。

実際のカードローンの返済方法

以上のような手法は単独で使用されることはあまりありません。
実際のカードローンの返済方法はいくつかの手法を組み合わせた次のようなものになっています。

  • 残高スライドリボルビング払い
  • 元利定額リボルビング返済方式
  • 元金定率リボルビング返済方式

残高スライドリボルビング方式

現在、カードローンの返済方法でもっともポピュラーなのが、この残高スライドリボルビング方式です。
リボルビング払いの毎月の返済額を、借入金の残高に応じてスライドさせていくのがこの残高スライドリボルビング方式です。
たとえば残高が50万円以上ある期間の毎月の返済額を10,000円としたら、30万円以下まで減ってきた時には5,000円まで減らしましょうという方法です。

だんだん負担が減っていく安心な返済方法のようにも思えるかもしれません。
しかし、カードローンは追加で借り入れすることも、比較的容易であるということも考慮にいれる必要があります。
どんどん追加で借りているうちに、いつの間にか総量規制いっぱいまでかさんでいたというケースもめずらしくありません。

また、返しては借りるのを繰り返していて、残高がずっと利用限度額ギリギリの高水準のままで、返済額もいつまでも最大値ということも結構あります。
これではだんだん負担が少なくなるはずの残高スライドリボルビング方式のメリットを、少しもいかしていないことになってしまいます。

元利定額リボルビング払い

カードローンを提供している会社から、残高スライドリボルビング払いを元利定額リボルビング払いに変更することを提案されることがあります。
定利金額リボルビング方式とは、毎月定額を支払ながら、その中から利息分を差し引いた分を元金返済にあてるという返済方法です。
利息分が多ければそれだけ元金返済は少なくなり、返済期間が長くなってしまいます。

元金定額リボルビング払い

毎月、一定額の返済をしながら、そこに利息をプラスして支払っていく返済方法
です。
返済額は利息分が多い最初こそ負担かもしれませんが、完済が近づくにつれてほぼ元金返済分のみになっていきます。
元利定額リボルビング方式にくらべると返済期間が短くてすむ傾向があります。

カードローンの返済に際しての注意点

どの返済方法を選んだとしても毎月の返済額は5,000円程度、あるいは多くても数万円程度です。
それは百万円近い借り入れがあったとしても同様で「多額の借金をしている」という実感を持ちにくいのがカードローンの難点です。
「いつまでたっても支払いが終わらない」と感じることも多々あるぐらい、返済期間が長引きがちなのも問題です。

じつはなかなか減らないリボ払い

リボ払いの多くは元利契約です。
最初は「無理のない返済額にしよう」と低めの設定をしがちなことが後々あだになることもあります。
返しては借りを繰り返しているうちに借り入れ総額がふくらんでしまった場合、返済額のほとんどが利息分にあてられてしまうという事態に陥ってしまうのです。
これでは元金はいつまでも減らず、返済期間が長引いてしまうのも当然です。

ヤミ金カードローンだけはダメ

審査が甘いカードローンだからといってついヤミ金に手を出してしまうと、いわゆるグレーゾーン金利にひっかかってしまうこともあります。
なかには金利が年29%を超えるようなとんでもない高金利のカードローンもあり、まさに「いつまでも利息分だけを支払い続け、元金がいっこうに減らない」という負のスパイラルはすぐそこです。
大きな金額を極端に少ない月々の返済額で提案している商品は、ヤミ金カードローンの可能性大です。
くれぐれもひっかからないようにしましょう。