意外と知らない、キャッシングの豆知識

一面にお金が敷き詰められた写真

一般的に消費者金融や銀行、クレジット会社…これらの借り入れ先全てにおいて共通して言える事は、お金を借り入れできる年齢はおおよそ20歳以上70歳未満ということ。
未成年や70歳以上の高齢者は基本的にお金を借りる事は出来ません。


お金を借入できる年齢について

消費者金融や銀行では借り入れ出来る年齢に一定の基準を設けています。
学生向けのカードローン等を扱っている消費者金融やクレジット会社がありますが、これはあくまでも成人した学生を対象としたもの。
20歳未満の未成年は、お金を借り入れすることができません。
もちろん両親の名義で作ったカードを利用して借り入れを行う事は可能かもしれませんが、基本的には法律で禁止されています。

無職でも借入できる?

無職、と言う事は収入がないと言うことです。基本的に収入がない場合、お金を借り入れすることは難しいと考えて良いでしょう。
特に消費者金融やクレジット会社などのノンバンク系の借り入れ先は非常に厳しいと思われます。
これは総量規制法の観点から収入が実質0であれば借り入れ自体が厳しい、と判断されてしまいます。
総量規制は年収の3分の1以上は借り入れすることができない、という規制ですから、そもそも基盤となる収入がなければ話にならない訳です。
それに、ノンバンク系のカードローンの場合お金を借り入れできる対象者として「20歳以上70歳未満の安定した収入を得ている方」としています。
その点、銀行系のカードローンは無職でも申し込みをすることができます。イオン銀行や三菱東京UFJ銀行、新生銀行レイクなどは専業主婦でも借り入れできる専用のカードローンを使っています。
もちろん借り入れ限度額は低めに設定されてしまいますが、急なお金の借り入れには充分役に立ちます。
それに、どの金融機関でも共通して言える事はパートやアルバイトといった正規雇用ではない形で働いていても、安定した収入を得ていれば問題なく借り入れできる、ということ。
安定した収入があれば、誰でも問題なくお金を借り入れすることができるのです。


金利にこだわるなら「ろうきん」を利用すべし

銀行系のカードローンは金利が低く、お得な借り入れが行える…そんなイメージがあります。
しかし、金利のみに着目して借り入れを行う場合はダントツで労働金庫がお勧めです。
もちろんこれには労働組合や生活協同組合に加入していなければいけません。しかし、労金に出資をして個人会員や互助会に入会すれば、ろうきんの利用が可能となります。
出資といっても数千円から行えるので、会員になっておけば間違いなく助かります。
労金のカードローンは金利が最大でも8.475%と非常に低く設定されています。消費者金融の平均最大金利は17.8%ですので、その差は2倍以上。
またこの8.475%と言う金利は一般勤労者のみの対象となっており、団体会員や生協会員の組合員は最低で年率7.075%と言う低金利でお金を借り入れすることが可能となります。
このように金利に着目した場合は労働金庫からお金を借り入れするのが1番ですが、デメリットとしては審査に時間がかかるということです。
基本的に申し込みをしてから数週間はかかる、と思ってよいでしょう。
突発的なお金の用事には不向きなカードローンと言えます。


お金の借入単位について

消費者金融や銀行などからお金を借り入れする際、最低単位はいくらか気になりますよね。
基本的に1万円単位で借り入れを行う人が多いので、なんとなく万単位でしか借り入れできないイメージがありますが、消費者金融などは千円単位でお金を借り入れすることができます
もちろん紙幣以外の硬貨の借入となるとさすがに対応不可ですが、千円単位のお金を借入しようとする場合は対応可能となります。
しかし、例えば3,000円借りても返済手数料で216円とられてしまったら、なんだか損をした気分になります。
少額の借り入れを行った際には、なるべく手数料がかからない専用ATM等で返済を行うべきでしょう。

店舗に直接出向かずお金を借り入れすることができる?

出張先や移動時間が長い場合など、お金の借り入れの申し込みが出来ない。
そう思われている方は多いと思います。
しかし現在はインターネットからの申し込みが可能です。店頭窓口や自動契約コーナーとは違いインターネットでの申し込み受付は24時間、365日対応している借入先がほとんどです。
ですから、移動中や出張先でもウェブ環境下であれば携帯端末を利用して借り入れの申し込みが可能となります。
また、カードを発行しなくてもインターネットから申し込みをして振り込みキャッシングを選択すれば借入先の専用ATMや店舗に立ち寄らなくても指定口座にお金を振り込んでもらうことができます。
こういった場合、借入先の店舗に来店せずすべてインターネット上の操作でお金を借り入れすることができるのです。
忙しい方や、周りの目が気になる方はこの方法がお勧めです。

ブラックとは?

金融関係のホームページなどを見ていると、よく「ブラック」と言う文字を見かけます。このブラックとはどのような状態を指すのでしょうか。
通常ブラックと呼ばれる方は、複数の借り入れ先からお金を借りて、これ以上新規で申し込めない、そんな飽和状態の方を言います。
ブラックになってしまった場合、借金を一本化するか、真剣に返済するかどちらかとなります。
またブラックになると、履歴はその後も残りますので注意が必要です。