借金を返済しなければどうなってしまう?

シェアする

借金の取り立てをする女性

キャッシングやカードローンを利用して借金をした場合、そのお金は期日までにしっかり返済しなければいけません。


借り入れしたお金は必ず返済する!

通常借り入れしたお金には「利息」がかかりますので、元本に上乗せした金額を返済することになります。
借金の元本や借り入れしている期間にもよりますが、借入先が消費者金融のように高金利の場合は利息分だけでもばかにならない金額となります。
だからといって、返済しないわけにはいきません。借金を返済しないと、恐ろしいことが待ち受けています…。

損害金、延滞金について

借金を返済せず、期日を過ぎてしまった場合、ペナルティーとして賠償金を支払わなくてはいけません。
これはいわゆる罰金と同じです。
こちらは別名で「遅延利息」とも呼ばれています。
借金返済を引退したら、その債務者は借入先元本の返済利息とは別にお金を払わなくてはいけません。
キャッシングやカードローンにおける遅延損害金の上限利率は利息制限法で現在20%までと定められています。
貸付業者は20%以下の利率であれば自由に率を設定することができます。

損害金の計算方法

遅延損害金の計算方法はほとんどの場合、払い遅れた日数分で計算します。
【借入残高×損害近年率(%) ÷ 365×期限からの経過日数】
となります。20%という数字は非常に大きく、10万円借りたとして1年間延滞してしまった場合には利息とはまた別に遅延損害金として2万円支払わなければいけません。
ほとんどの消費者金融や銀行系カードローンの遅延損害金の利率は20%に設定しているので、期日には十分注意して金融商品を利用しましょう。
お得な借り入れを行いたいのであれば、決められたルールをしっかり守ることです。

借金を一本化するメリット

銀行や消費者金融といった金融機関では複数社から借り入れしている借金を一本化する「おまとめローン」と言うものがあります。おまとめローンを利用すると月々の返済金額や金利の負担を減らすことができます。
また、返済日を1日に取りまとめることができるので、返済の管理が非常に楽になります。
複数社の金融機関からお金を借り入れしている状態だと、各金融機関からの請求や利息をそれぞれ1つずつ対応しないといけないため、返済における管理が難しくなります。
これをおまとめローンにより一本化することで、借金をわかりやすく整理することができるのです。


返済を拒否し続けると?

返済をあまりにも拒否し続けると、もちろん取り立て行為の対象となります
大手消費者金融では、もちろん暴力的な取り立ては行いませんが督促状が届きますし、催促の電話もやってきます。
しかし中小企業タイプの金融機関から借金をした場合は、取り立てのスピードや内容が濃くなります。
暴力行為には決して及びませんが、自宅訪問して執拗に返済を迫られる、などということも有り得ます。
これはもちろん借金を踏み倒そうとしている行為なので、貸し出し業者からしてみれば当たり前の事です。
それに、上記した遅延損害金も利息と別に支払わなくてはいけません。期日から日数が経てば経つほど金額が膨らんでいきますので、期日が過ぎてしまった場合でもなるべく早く返済を行うべきです。

信用情報に傷がつく!

借金の返済に1度でも延滞してしまった場合、それは信用情報に金融事故として履歴が残ります。これは新たな借り入れを行う際や住宅ローンなど大きな買い物をするときに組む金融商品等の審査の際に不利になる可能性が大いにあります。
たった1度のうっかりミスが後々大きなトラブルとなって自身に降りかかるかもしれません。
期日は絶対に守りましょう!

返済を忘れないためには

返済を忘れないためには、なるべく複数社からお金を借り入れしないこと。また、複数社から借り入れしている場合は一本化すること。
そして返済期日を手帳等に書き込んでおくことが大切です。
結局は自己管理の問題ですが、借金の返済が遅れる…と言う事は思っている以上に信用に傷が付いてしまうので細心の注意が必要です。”