おまとめローンにおすすめの銀行ランキング!

 

複数の借金を抱えている方は、おまとめローンの活用をおすすめします。

借金を一本化することで、利息を抑えることができ、返済をずっと楽にすることができます。

またおまとめローンを利用する際には、低金利の銀行カードローンを利用することをおすすめします。

消費者金融よりも金利が低く、総量規制の対象外なので、借金を抱えていても大口融資を受けることができます。

今回は銀行のおまとめローンのおすすめポイントと、おまとめローンにおすすめの銀行をランキング形式で紹介します。

おまとめローンの条件は様々

おまとめローンを利用できるのは銀行と消費者金融があります。
会社によって借入上限や金利は異なりますが、銀行と消費者金融ではさらに条件が違ってきます。
おまとめローンを申し込む時に、どちらも使った方が良いのか理解し、検討する事が大切でしょう。

銀行のおまとめローンのメリット

銀行でのおまとめローンは低金利

キャッシングやローンを利用したときは必ず金利がかかります。
この金利というのは、お金を一定期間貸し借りしたときの値段であり、返済者が支払う金額を年率に換算したものです。
表示はパーセントであり、パーセントが低い方が金利は少なくなります。
ですから、返済時に金利が低い方が負担は少ないと言えるのです。
そして、大手銀行での金利は消費者金融と比べて少ない傾向にあります。
銀行と消費者金融で総額の200万円を借り入れした場合、消費者金融では平均15%の金利である事に対して、銀行では平均8%となりました。
しかし、銀行でも返済方式が違うと金利も返済回数も違うので注意が必要です。

借入限度額が高い

ローンには借入限度額があります。
おまとめローンでは他の金融機関から借りている融資が上限ですが、銀行でのおまとめローンは消費者金融と比べて借入上限額が高い設定となっているのです。
銀行によって限度額は様々ですが、最大で1000万の借り入れが出来る銀行もあります。
そして、こちらも銀行によりますが限度額にはか借入限度額の他に、利用限度額というものがあり、こちらは限度額以内であれば追加で借りられる額の事です。
この追加借り入れは、借り換えのローン残高が利用限度額よりも減った場合に利用する事ができます。

返済中も新たに借り入れが可能

通常の銀行カードローンをおまとめローンとして利用すれば、返済中でも新たに借り入れが可能です。

消費者金融のおまとめローンでは、業者が直接返済してしまい、完済するまで新たに借り入れはできません。

一方、銀行カードローンは限度額内であれば自由に借り入れできるので、余裕をもって返済することができます。

もちろん返済中に借金を増やすことはおすすめしませんが、銀行カードローンの方が急なアクシデントに対応しやすいといえるでしょう。

銀行のおまとめローンのデメリット

審査が厳しい

おまとめローンは高額な融資を受けるために、元々審査が厳しいと言われています。
そして、銀行でのおまとめローンは消費者金融と比べてさらに審査が厳しく、審査の結果が出るまで長いと言われているのです。
なぜ審査が厳しいのかというと、借り手が確実に返済出来るかじっくり見極めるためだと考えられます。
ローンの審査を通るためには、借り手の勤務先や勤続歴、年収の安定性、返済を延滞していないかなどをしっかり調べて、借り手が返済する事が出来るかという信用性が重要になります。

消費者金融よりも手間がかかる

消費者金融のおまとめローンでは、消費者金融が借り入れ先に直接返済を行ってくれるため手間がかかりません。

しかし銀行カードローンをおまとめローンとして利用した場合、自分の手で各金融機関に返済しなければなりません。

利用開始時の手間で考えると、消費者金融の方が手軽で便利です。

銀行はおまとめローンに積極的ではない?

審査は厳しくても低金利と負担なく返済する事が出来る銀行でのおまとめローンですが、おまとめローンにあまり積極的ではないようです。
それは、銀行自体がおまとめローンという専用コースを用意していない事が考えられます。
なぜ、銀行がおまとめローンに積極的ではないのかというと、以下の理由が挙げられます。

  • 全員が多重債務者である事
  • 借金を一本化する審査は大変

まず、おまとめローンを申し込むという事は基本的に多重債務者ということです。
多重債務者は高い確率で破産予備軍と呼ばれる人たちがいるのです。
ですから、銀行にとってもハイリスクな利用者だと言えるでしょう。
また、その多重債務者である事から、複数の借り入れ先の件数や返済状況などといった確認事項が通常のローンより多くなります。
この事から、手間やコストを考えると割に合わないと考える銀行も少なくないと言うわけです。
ですが、消費者金融でおまとめローンの利用より、銀行での方が金利は低いので多重債務者にはおすすめです。

利息や返済回数がかさむ返済方式には注意

銀行によっては、残高スライドリボルビング返済方式という返済方法を採用しているところがあります。
この返済方式は、月々の返済が一定のリボ払いに、借入金額の残高に合わせて返済額が変動する仕組みを追加したものです。
つまり、返済などで借入残高の変化に応じて金額が変わっていく返済方法になります。
この方式を利用すると、借入額が少なくなるので返済額の負担が減ると思われがちですが、返済額が少なくなるという事は、元金の返済額が少ないという事になるのです。
よって借入残高はなかなか減らず、またリボ払いは1回の返済額しか決められていないので返済期間に決まりはなく、場合によっては返済回数も利子も多くなってしまいます。
これが残高スライドリボルビング返済方式の落とし穴です。
これを回避するためには、月々の返済額を多くする事で、返済期間は短くなり、利子も少なくなるでしょう。
銀行でおまとめローンを申し込む場合は、返済方法にも注意する必要があります。

このように、銀行でのおまとめローンは低利子で返済が出来る事が最大の特徴になります。
その分審査は厳しいですが、審査が通れば多重債務者にはありがたいローンと言えるでしょう。
また、余裕がある時は繰り上げ返済をすると返済期間が短くなるのでおすすめです。
借入限度額や金利、返済方法に気を付けて、借金でお悩みの方はぜひ銀行でおまとめローンを申し込んでみてはいかがでしょうか。

消費者金融のおまとめローンより断然お得?

消費者金融の中には、おまとめローン専用商品を用意しているところもあります。

しかし銀行カードローンの方が圧倒的にお得です。そのため審査に通るのであれば、銀行カードローンをおまとめローンとして利用しましょう。

消費者金融のおまとめローンは金利が高いかわりに、審査に通りやすいというメリットがあります。

おまとめローンの審査に通らずに悩んでいる方は、消費者金融のおまとめローンを利用してみてもいいかもしれません。

おまとめローンにおすすめの銀行ランキングTOP5

住信SBIネット銀行カードローン「プレミアムコース」

Sumishin_728x90_161025

金利 0.99%~7.99%
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳~65歳以下
  • 安定して継続した収入のある方
  • 永住権をもった外国籍の方
  • 保証会社の保証を受けられる方
  • 住信SBIネット銀行の口座を保有している方
総量規制 対象外
ネット申し込み 可能
即日融資 可能
限度額 1200万円

住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムカードローンは、上限金利が7.99%と非常に低く、おまとめすればかなり利息を低くすることができます。

また限度額も1200万円と非常に高いため、多額の借金を抱えている方でも対応できます。

住信SBIネット銀行を利用している方であれば、金利引き下げサービスを受けられる可能性もあるので、一度相談してみるといいでしょう。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローン-AD03_468-60-20150717

金利 2.5%~13.8%
申し込み条件
  • ソニー銀行の口座を持っている方
  • 年齢が満20歳~65歳未満の方
  • 原則的に安定した収入のある方
  • 永住権を持っている外国籍の方
  • アコムの保証審査に通る方
総量規制 対象外
ネット申し込み 可能
即日融資 可能
限度額 800万円

ソニー銀行の口座を持っている方であれば、最短60分の審査で即日融資が可能です。

金利も2.5%~13.8%と低いため、おまとめすることで利息を抑えることができるはずです。

ソニー銀行の口座を持っていない方でも、翌日には融資を受けることができるので、急いでおまとめを考えている方におすすめです。

みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」

みずほ銀行カードローン_468x60_20160311

金利 3.0%~7.0%
申し込み条件
  • 契約時の年齢が満20歳~満66歳未満の方
  • 安定して継続した収入のある方
  • 保証会社の審査に通る方
総量規制 対象外
ネット申し込み 可能
即日融資 可能
限度額 1000万円

みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランは、上限金利が7.0%と非常に低いので、どんな借金でもお得におまとめすることができます。

しかしエグゼクティブプランが適用されるには、一定以上の収入と信用情報の実績が必要となります。審査に自信のある方におすすめの銀行カードローンです。

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」-468-60-20160808

金利 1.8%~14.6%
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳~65歳未満の方
  • 原則的に安定した収入のある方
  • アコムの保証を受けられる方
総量規制 対象外
ネット申し込み 可能
即日融資 可能
限度額 500万円

三菱東京UFJ銀行カードローンでは、申し込みから最短40分で即日融資が可能です。

また限度額500万円で下限金利1.8%はどの銀行よりも格安なので、利息をがっつり抑えたい方にもおすすめです。

また全国にテレビ窓口「バンクイック」を設置しているため、手軽に申し込みできるのも嬉しいポイントです。

オリックス銀行カードローン

468x60c

金利 4.5%~17.8%
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳~69歳以下
  • 安定して継続した収入のある方
  • 永住権をもった外国籍の方
  • オリックス・クレジット・新生フィナンシャルの保証を受けられる方
総量規制 対象外
ネット申し込み 可能
即日融資 不可能
限度額 800万円

オリックス銀行カードローンは、他の銀行よりも金利は高いですが、審査に通りやすいというメリットがあります。

おまとめローンは審査が厳しいため、なかなか審査に通ることはできません。

過去に銀行カードローンの審査に落ちたことがある方は、オリックス銀行カードローンを利用してみるといいでしょう。