みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行のカードローンは、1000万円までの限度額ネットサービスが魅力的。
来店せずにWEB完結で申し込みを終わらせることができ、口座を持っていなくても申し込み可能です。
金利の違う二つのカードローンを用意しており、申し込み条件や限度額に合わせて選べます。

目次

みずほ銀行カードローンはWEB完結で郵送不要!

みずほ銀行のカードローンは、銀行では珍しくWEB完結で申し込みを終わらせられます。
郵送する必要もないため、家族にばれるリスクもないというのもメリットです。
早めに申し込むことで、即日融資を受けられるなど、スピーディな対応にも定評があります。

みずほ銀行カードローン_468x60_20160311

みずほ銀行カードローン基本スペック

審査時間 最短即日
即日融資 可能
限度額 1000万円
金利 4.0%~14.0%
3.5%~7.0%
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳から66歳未満の方
  • 継続的に安定した収入のある方
  • 保証会社の保証を受けられる方
自動契約機 有り
申し込み方法
  • ネット申し込み
  • 電話
  • 郵送
  • 窓口
遅延損害金 19.9%
借入方法
  • みずほダイレクト
  • ATM
  • 自動貸越機能
返済方法
  • 自動引き落とし
  • ATM

みずほ銀行のカードローンは最短即日融資に対応しています。
限度額も1000万円で、下限金利も実質年率3.5%と安定した低金利です。
年齢の申し込み条件は満66歳までとなっており、消費者金融などと比べると数年分厳しくなっています。
また、自動契約機もないので、申し込みの際にはネットか店頭を利用するといいでしょう。

カードローン申し込みの受付時間

みずほ銀行カードローンは店舗窓口、電話、ネットなどで申し込むことができます。
申し込み受付時間は以下の通りです。

店頭窓口 平日8時00分から15時00分まで
電話 月曜~金曜9時00分から20時00分まで
パソコン・モバイル 24時間

ネットならば土日申し込みOK

店舗窓口や電話などは営業時間外となる土日は申し込めませんが、みずほ銀行カードローンはインターネットならば365日24時間いつでも申し込み可能です。
土日祝日はパソコンまたはモバイルしか対応できません。
パソコンおよびモバイルの場合、午後に申し込みしたら翌営業日に回答されます。
しかし、平日は忙しいので土日に審査申込をしたい人からすると、便利な制度と言ってよいでしょう。

土日の借入に関するルール

土日の借入に関して難しい部分が多いみずほ銀行カードローンですが、まったく借入ができないわけではありません。
すでにカードローンを開設している場合、みずほATMとコンビニATMから借入ができます。
以下、土日のATM引き出しについて見てみましょう。

  • 土曜日
    みずほATM、コンビニATMともに0時00分~22時00分
  • 日曜日
    みずほATM8時00分~21時00分、コンビニATM8時00分~24時00分

審査も土日でも可能?

ネットから土日に申し込んだとしても、みずほ銀行カードローンの審査はどうしても翌営業日以降になってしまいます。
土日の申し込みでは即日融資のメリットをいかすことはできないというわけです。
もし、土日にどうしてもお金が必要になりそうな場合には、少なくとも金曜日の午前中に申し込みを済ませ、即日融資を受けるようにしておきましょう。

必要な時にあせらないために

いつ土日に借り入れが必要になるかはわかりません。
もしものために、みずほ銀行カードローン用のカードだけはあらかじめ作っておくというのもひとつの方法です。

  • 土日の即日融資は対応できない
    最速対応がセールスポイントのみずほ銀行カードローンでさえ、土日の即日融資は対応できません。
    しかし、急用は土日を避けてはくれません。
    土日には急な出金はないという補償はどこにもないのです。
  • 土日に借入を希望する場合
    いざという時にあせらないためにも、あらかじめカードだけ作っておくというのが賢い選択です。申し込みはいつでもできますし、借り入れ限度額を100万円以上に設定しなければ、審査にあたって収入証明書などの書類を用意する必要もありません。

限度額はあらためて変更することもできるので、とりあえず限度額を低めに設定して審査に出してみても良いでしょう。

審査OKのほうが時間もかかる

最短即日から利用できるみずほ銀行カードローンですが、審査OKのほうが審査待ちの時間は長くなる傾向にあります。
たとえば、自動審査の段階でNGになった場合、1時間以内にメールが届きます。
もし、仮審査に通過すると、今度は在籍確認や本人確認の書類を求められます。
土日に借入しようとしても難しいので、あらかじめ準備をしておいたほうが効率的なのです。

みずほダイレクトの取引を活用しよう

みずほダイレクトがあると、パソコンやモバイルからの借入ができます。
月曜日から金曜日まで、0時00分から15時00分まで利用可能です。
やはり、土日や祝日は利用することができません。

自動貸越機能

みずほ銀行カードローンには自動貸越機能が備わっています。
キャッシュカード兼用型のカードのみ対応可能です。
もし、引き出し時に普通預金が不足している場合、自動的にカードローン口座から貸越ができます。
審査を通過していて土日にお金が足りない方は、こちらを利用してみるのもよいでしょう。

土日のATM利用に関する手数料

みずほ銀行カードローンの利用時、ATM利用手数料がかかります。
みずほATM、コンビニATMともに、1万円以下なら108円、1万円以上なら216円の手数料が発生します。
ただし、みずほマイレージクラブに入会している場合、年間100万円以上の利用で月4回まで無料になることが特徴です。

準備した上で土日利用をしよう

みずほ銀行カードローンは土日申し込みができますが、審査は受け付けていません。
しかし、自動貸越機能などをはじめ、使い方次第で土日借入ができるようになることも特徴です。
もし、土日にお金が欲しくなってきたときは、あらかじめみずほ銀行カードローンを準備した上で利用しましょう。

みずほ銀行カードローンは土日でも申し込むことはできますが、さすがに審査結果が出るのは月曜日以降です。
即日融資というみずほ銀行カードローンのメリットを最大限にいかすには、事前にカードの審査をパスしておきましょう。

みずほ銀行の審査

みずほ銀行カードローンの審査は、銀行の中では比較的早いといえます。
即日融資をい受けるには、基本的に振り込み融資がメインとなり、カードの発行から郵送を行うと、数日時間を要するのでご注意ください。

来店不要のWEB完結が便利

みずほ銀行のカードローンは来店不要で申し込みを終わらせられます。
来店・郵送ともに不要で、銀行とのやり取りが第三者の目に留まる心配はありません。
WEB完結の申し込みといえば、消費者金融のモビットなどが有名ですが、銀行カードローンでもネットだけでお金を借りることは可能です。

WEB完結のネット申し込み

WEB申し込みは、口座を持っているかどうかで、手続きの工程は変わります。
すでに、みずほ銀行の口座を持っていれば、必要情報や希望限度額を入力することで、ネット完結ですべての手続きを終わらせられます
WEB完結でなく、カードの発行と郵送を依頼した場合には、融資を受けるまで、二週間程度かかることもあるので、お急ぎの方はご注意ください。

みずほ銀行の口座を持っていなくても大丈夫

みずほ銀行は口座を開設していなくても申し込み可能です。
カードローンと口座開設を同時に行うため、通常のカードローン申し込みよりも時間はかかります。カードが手元に届くまで2週間程度必要ですが、窓口で口座開設を済ませるだけでも、審査にかかる時間は大幅に減り、当日中に融資を受けることも可能です。
口座を持っているのと、持っていないのでは、審査にかかる時間が大幅に違うのでご注意ください。

200万円の限度額まで収入証明書不要

みずほ銀行は限度額200万円までであれば、収入証明書が不要というのもメリットです。
消費者金融等では、総量規制の問題から限度額が50万円を超えた時点で、収入証明書の提出が求められます。
銀行カードローンの中でも、限度額200万円まで収入証明書が要らない業者は少ないため、書類を準備する手間を省けるというメリットがあります。

みずほ銀行カードローンの審査基準について

みずほ銀行カードローンは20歳以上66歳未満の安定した収入がある人ならば申し込めます。
審査基準は公表されていませんが、以下のように推察されます。

  • 安定収入の有無
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 信用情報

安定した収入がある

歩合給など毎月の収入額が変わったとしても、定期的に一定の収入があるならば安定収入ありと見なされます。
雇用形態は正規雇用でなくてもかまいません。
パート、アルバイト、契約社員、派遣社員でも審査を通過できることもあります。
また、年金も安定収入と認めてもらえることなどから審査が甘いといわれることもあるのかもしれません。
ただし、正規雇用者ではない場合は、通常は1000万円の利用限度額が30万円になるなど、かなり限定的なものになる可能性があります。

居住形態が一人暮らしではない

たとえば借家に住んでいるからといって、それだけの理由で審査を通してもらえないことはありません。
しかし、持ち家、賃貸、公営住宅の順で評価されているのも事実です。
もし、本人名義で住宅ローンを完済しているようなことがあれば、より審査が通りやすくなります。

家族構成

独身より既婚、既婚ならば子どもを育てている方が審査上の評価は高くなります。
しかし、結婚していないから審査が通らないというようなことはありません。

信用情報の評価が高い

信用情報に過去の延滞記録や、他社から高額の借り入れが記載されていると、どうしても審査は通りにくくなってしまいます。
とくに、過去にみずほ銀行から何らかの借り入れをして支払いが滞ったことがあるような場合には、審査通過は厳しくなるでしょう。

注意しなくてはいけないのはみずほ銀行だけではありません。
じつは、みずほ銀行カードローンの審査をパスするには、保証会社のオリエントコーポレーションの審査を合格する必要があります。
オリココーポレーションのカードローンなどで延滞をしたことがある場合にも、審査は通らないと考えて間違いありません。

みずほ銀行カードローンの審査が甘いといわれる理由

以上のように、みずほ銀行カードローンの審査はとりたてて甘いわけではありません。
それではなぜ、みずほ銀行カードローンの審査が甘いといわれるのでしょうか。

専業主婦でもOK

みずほ銀行カードローンの審査が甘いように思われるのは、専業主婦でも審査を通過できるからかもしれません。
消費者金融系カードローンならば、専業主婦が利用できることはまずありません。
必ず本人に安定収入があることが必要になってきます。

一般的に消費者金融系カードローンの審査は甘いといわれます。
審査の甘い消費者金融系カードローンでもNGの専業主婦でもパスしてしまうというのは相当甘いと、考える人も少なくないのでしょう。

しかし、みずほ銀行カードローンを専業主婦が利用できるのはワケがあるのです。

配偶者には審査がある

みずほ銀行カードローンは専業主婦の配偶者の収入を返済源と見なしています。
そのため、配偶者はみずほ銀行カードローンの審査基準を満たしている必要があります。
また、必ず配偶者の同意が必要ですし、利用限度額も30万円までと、けっして甘いだけの商品ではないのです。

即日融資可能なのは甘い証拠?

また、みずほ銀行カードローンは即日申込・即日融資にも対応しています。
すぐに審査結果が出るのは甘い証拠なのでしょうか。

即日でも審査はシッカリ

銀行系カードローンは一般的に審査結果が出るまで時間がかかります。
そのような中で、申し込んだその日のうちに審査結果をもらうこともできて、しかも融資まで受けられるみずほ銀行カードローンは審査が甘いように思う人も少なくないようです。

しかし、処理がスピーディーなだけで、けっして甘い審査を特別に行っているわけではありません。
また、土日にかかってしまう場合には、さすがに即日審査・即日融資は無理です。
あくまでも銀行業務の時間内でやっている、厳しさはよくある銀行系カードローンそのままの商品といって良いのではないでしょうか。

みずほ銀行カードローンは「甘い」というよりは「メリットが多い」商品といった方が正確かもしれません。
メリットを最大限にいかすには工夫も必要です。
たとえば即日融資を希望するならば土日は避けるようにしなくてはいけません。
注意点をクリアして賢く利用しましょう。

みずほ銀行カードローンの金利

みずほ銀行には金利の違う二つのカードローンがあります。
3.0%から7.0%と非常に低金利のエグゼクティブプランと、誰でも申し込みやすいコンフォートプランです。
カードローンを利用する際には、金利が低いエグゼクティブプランがおすすめですが、申し込み条件など確認して使い分けましょう。

金利の違う二つのカードローンを用意

エグゼクティブプラン:金利3.5%~7.0%、限度額200万円~1000万円
コンフォートプラン:金利4.0%~14.0%、限度額10万円~1000万円

エグゼクティブプランは金利が安いですが、審査は厳しめです。
最低限度額も200万円となっており、一定の収入以上がなければ利用できません。
一方、コンフォートプランは、エグゼクティブプランと比べると金利は高めですが、限度額10万円から受け付けており、パートやアルバイトの方でも安心です。

エグゼクティブプラン

エグゼクティブプランは、限度額が上がれば金利は更に下がっていきます。
最低限度額は200万円からで、消費者金融の総量規制が適用された場合には、600万円の収入が最低条件となります。
銀行カードローンなため、年収600万円以下でも利用できますが、審査に落ちる可能性も充分にあることをご了承ください。

エグゼクティブプランの金利
200~300万円 年7.0%
300~400万円 年6.0%
400~500万円 年5.5%
500~600万円 年5.0%
600~800万円 年4.0%
800~1000万円 年3.5%

エグゼクティブプランは、全体的に金利も抑えられており、皆さんにおすすめできます。
1000万円レベルの限度額となると、1%の差が大きいので、更に安い銀行カードローンをおすすめしますが、500万円程度の限度額であれば、非常に金利は安いです。

エグゼクティブプランの最低返済額
1万円未満 借入残高すべて
100万円以下 10,000円
200万円以下 20,000円
300万円以下 30,000円
400万円以下 40,000円
500万円以下 50,000円
600万円以下 60,000円
700万円以下 70,000円
800万円以下 80,000円
900万円以下 90,000円
1000万円以下 100,000円
1000万円越え 110,000円

みずほ銀行カードローンでは、200万円以上の限度額であれば、エグゼクティブプランが適用されるので、金利も下がり、毎月の返済も楽になります。

コンフォートプラン

コンフォートプランは、申し込み安さに定評があるカードローンです。
銀行カードローンの中では、特段安い金利であるとはいえませんが、申し込みやすさなど人気があり、みずほ銀行を普段から利用している方にはおすすめです。

コンフォートプランの金利
10~100万円 年14.0%
100~200万円 年12.0%
200~300万円 年9.0%
300~400万円 年7.0%
400~500万円 年6.0%
500~600万円 年5.0%
600~800万円 年4.5%
800~1000万円 年4.5%

コンフォートプランでは、100万円を超えたあたりから、急激に金利は下がります。
500~600万円あたりでは、他の銀行カードローンと比較しても、安い金利なためおすすめです。
800~1000万円あたりの限度額では、4.5%の金利とさすがに割高なため、エグゼクティブプランに切り替えるか、他の銀行を利用した方がお得です。

コンフォートプランの最低返済額
1万円未満 借入残高すべて
50万円以下 10,000円
100万円以下 20,000円
150万円以下 30,000円
200万円以下 40,000円
250万円以下 50,000円
300万円以下 60,000円
350万円以下 70,000円
400万円以下 80,000円
450万円以下 90,000円
500万円以下 100,000円
550万円以下 110,000円
600万円以下 120,000円
650万円以下 130,000円
700万円以下 140,000円
750万円以下 150,000円
800万円以下 160,000円
850万円以下 170,000円
900万円以下 180,000円
950万円以下 190,000円

コンフォートプランの最低返済額は、エグゼクティブプランと比べると二倍近く高くなります
2012年以降に契約された方であれば、200万円以上の限度額を申し込んだ場合、自動的にエグゼクティブプランが適用されますが、それ以前に申し込みされた方で、200万円以上の限度額を設定している方は、いち早く切り替えることをおすすめします。

住宅ローンと契約していると金利引き下げ!

みずほ銀行のカードローンは、住宅ローンを利用している方であれば、更に0.5%の金利引き下げサービスを行っています。
どちらの金利プランでも適用されるので、みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は、カードローンもみずほ銀行に合わせた方がお得です。

みずほ銀行の「みずほダイレクト」

みずほ銀行には「みずほダイレクト」と呼ばれる、ネットバンキングサービスがあります。
カードローンの借入や返済も、みずほダイレクトを利用して、簡単に済ませられます。

みずほダイレクトの対応サービス

  • 残高照会
  • 振り込み・振替
  • 定期預金
  • 外国送金
  • グローバル口座
  • 各種ローン借入
  • 各種ローン返済
  • 住所変更
  • 公共料金振替
  • 通帳・カードの再発行
  • Suicaチャージ
  • 宝くじ

みずほダイレクトでは、ネット上でこれらのサービスが利用できます。
銀行の営業時間が終わっても対応しているので、仕事で平日銀行に行きづらい方には助かります。

返済に24時間対応

みずほダイレクトでは、随時返済を24時間受け付けているので便利です。
銀行の営業時間が終わったあとでは、翌営業日扱いになってしまいますが、返済日に予定が入っている時など、24時間返済を受け付けてもらえれば安心です。

みずほ銀行カードローンのメリット

みずほ銀行のカードローンは、金利や申し込みやすさなど、他の銀行カードローンと比較した際に、とびぬけたスペックはありません。
しかし、銀行としての規模が大きく、サービスが充実しているのは大きなメリットです。

キャッシュカードからそのまま借入可能

みずほ銀行は使っているキャッシュカードが、そのままローンカードになります。
カードローンでは通常、専用のローンカードを発行しますが、みずほ銀行であれば、カードが郵送されるまで待つ必要もなく、周囲の人に怪しまれる心配もありません

自動融資サービスで万が一でも安心

みずほ銀行は自動融資サービスがあるので安心です。
自動融資とは、引き落としなど忘れていて、口座残高が足りないとなった時に、自動的に融資を行ってくれるサービスです。
みずほ銀行の口座をメインに使っている方は、日頃融資を必要としていなくても、カードローンを作っておいてもいいかもしれません。

みずほ銀行カードローンの○×チェック

無利息期間が用意されている? × ありません。
レディースローンがある? × ありません。
家族にばれることはない? WEB完結のネット申し込みがあります。
収入証明書は提出しなくてはダメ? 200万円以内であれば必要ありません
在籍確認を回避できる? × 基本的に在籍確認が必要です。

みずほ銀行には、銀行カードローンには珍しくWEB完結のネット申し込みがあります。
収入証明書も200万円まで必要ないので、手間をかけずにお金を借りるなら一押しです。

みずほ銀行カードローンの口コミ&評判

スズキさん 男性 20代
みずほ銀行は普段から利用していたので、お金を借りる際にも安心でした。ネットだけで申し込みを終わらせることが出来たし、その日のうちに、キャッシュカードでお金を借りられるようになったので驚きでした。金利も他の銀行と比べたら、そこまで安くないですが、消費者金融と比べるとずいぶん安いので満足です。
ロキソニン 男性 30代
みずほ銀行の自動融資にはずいぶん助けられました。電気代やガス代なら、ちょっと支払いが遅れても困ることはないですが、クレジットカードはちょっとでも返済が遅れたら、信用情報に響きますからね。これまで自動融資サービスのおかげで、4,5回は助かっていますね。僕は年収が高くないので、コンフォートプランを利用していますが、毎月の返済額も消費者金融と比べると安いですね。

TOPページ:即日カードローンガイド