即日なのに低金利なのが嬉しいカードローンとは?

シェアする

お金とそろばんとカレンダー

急な出費で困ってしまった…社会人であれば誰もが一度はそんな経験をしてしまうものです。毎月、収入の範囲内で生活できるように計算していたとしても、いくつもの予定外の出費が重なってしまうと、生活に困ってしまうという方も少なくありません。
特に近年では正社員として安定した収入を得ることができないという方も多くなっています。毎日一生懸命働いているにもかかわらず、収入が少なく、ちょっとした出費にも対応できないという方はどんどん増えていると言われています。

カードローン選びで重要なポイントとは?

そんな方を助けてくれるのが消費者金融や銀行など、さまざまな金融機関が提供している即日キャッシングや即日発行可能なカードローンサービスです。
頻繁に利用しているという方も多いのではないでしょうか?

いまさら言うまでもありませんが、こういったローンサービスは上手に利用することができればとても頼りになるサービスです。ですが、その一方で使い方を誤ってしまうと、返済に苦しむことになります

これらのサービスを上手に利用するためのポイントはいくつもありますが、その中でも特に重要となるのが、最近が金利です。
とにかくお金を早く借りることばかりを考えてしまい、金利についてまで頭がまわらないという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、借入額が大きくなると、金利によって苦しむことになってしまいます。無理のない範囲で…と考えて毎月の返済額を抑えると、金利を払い続けるばかりで借入額はほとんど減らないなんてこともあります。

そこで、カードローンなどのサービスを利用する際には金利にも注目しましょう。

カードローンの金利は高い?

よくカードローンの金利は高いと言われます。一度契約すれば、その限度額内で何度でも利用できる便利なサービスですので、その代わりに金利は高いというイメージを持たれている方も多いようです。
確かに、金利が法で定められた限度額の年20%近くに設定されているカードローンも少なくありませんので、少し高く感じられるかもしれません。

しかし、近年ではカードローンを提供する金融機関も多くなり、顧客獲得のための競争も激化していますので、低金利で利用できるカードローンも多くなっています

では、できるだけ低い金利で利用できるカードローンを選ぶためにはどういった点をチェックすれば良いのでしょう?

銀行と消費者金融のカードローン…金利が低いのはどっち?

金融機関の形態によっても金利は異なっています。では、銀行と消費者金融ではどちらの方が金利は低いのでしょう?
もちろん、それぞれの金融機関やサービスの内容によって金利は異なっていますので、あくまで傾向にすぎませんが、銀行カードローンの方がやや低いようです。

近年では低金利を売りにしている消費者金融も多くなっていますし、大手銀行の傘下になっているところも少なくありません。ですので、これはあくまで傾向だと考えて、それぞれの金融機関のさまざまなサービスの金利を比較した上で、申し込みをするところを決めるようにしましょう。

より低金利でカードローンを利用するには?

同じカードローンサービスであっても、金利にはかなり幅があるというケースも少なくありません。そこで、より低い金利で契約するにはどうすれば良いのでしょう?
もちろん、金融機関によって金利の決まる基準は異なっていますが、限度額が大きく影響するケースも多いようです。実際の利用額には関係なく、限度額が大きければ大きいほど金利が低くなるというケースが多いようです。中には、限度額によってはっきりと金利が決まっているところも少なくありません。なので、実際に利用するかどうかは別として、限度額を高く設定した方がお得にカードローンを利用できる可能性が高くなるでしょう。

また、過去の取引実績によって金利が決定するというケースも少なくありません。特に銀行などの場合、口座を持っているかどうかだけでも金利に影響することがあります。そのほかにも給与口座に指定していたり、公共料金の引き落としに利用したりしているだけでも、より低い金利が適用されることがあります。なので、できるだけ低い金利でカードローンを利用したいのであれば、普段から取引のある銀行を中心に検討してみましょう。

金利が変動することもある?

カードローンサービスの中には、契約期間中に金利が変動することもあります。もちろん、極端に変わることはありませんが、より安心して利用したい方は金利が固定されているところをチョイスするようにしましょう。
また、固定金利になっていても数年に一度の更新の際に金利が変動することもありますので、確認しておくべきでしょう。

金利をしっかりチェックしてお得にカードローンを利用しよう!

こうして金利をしっかりとチェックすることによって、もっとお得に、そして便利にカードローンサービスを利用できるでしょう。
同時にもっと金利を低くできるポイントもチェックしておきましょう。