即日審査のキャッシングで最短でお金を借りる方法

シェアする

電話でカードに申し込み

即日審査のキャッシングで最短でお金を借りるには、いくつかもコツを知っておくといいでしょう。
申し込み前の準備や、審査を短く終わらせる裏ワザなど、出来る限り早くお金を借りたい方に耳寄りな情報をご紹介。


即日審査のキャッシングなら消費者金融!

即日審査で最速の融資を希望するなら、消費者金融が一番です。
銀行カードローンなど即日融資に対応する業者は増えていますが、消費者金融と比べると、審査スピードや手軽さでは劣ります。

消費者金融の審査が早い理由

消費者金融は銀行と比べて、審査工程が短いというメリットがあります。
カードローンの審査では信用情報機関へと、申し込み者の信用情報を取り寄せます。
消費者金融であれば、JICCという消費者金融メインの信用情報機関からの情報だけで審査を行いますが、銀行は審査の工程が一つ多いため、時間がかかるといわれています。
また、消費者金融ではサービスが誕生して以来、スピード審査に常に尽力していたノウハウがあります。
銀行カードローンも審査時間は短くなってきていますが、審査スピードにはまだ開きがあるようです。

銀行の審査の時間がかかる理由

銀行は審査の際、全国銀行個人情報センターという信用情報機関へと、信用情報を問い合わせます。それだけであれば、消費者金融と変わらない審査工程ですが、銀行では更にグループ傘下にある、消費者金融にも審査を依頼します。
銀行と消費者金融では加盟する信用情報機関が違うため、銀行の審査では消費者金融へと審査を依頼して、より正確な情報を確認しようとしているのです。
審査の工程が増えれば、当然審査にかかる時間は増えるため、消費者金融と比べて審査に時間がかかっているようです。

審査スピードはノウハウが大切!

消費者金融には、長年カードローンやキャッシングの審査を行ってきたノウハウがあります。
今では通信技術が進歩したこともあり、情報の交換スピードは格段に早くなりましたが、情報を処理するのは最終的に人間の仕事です。
審査に携わる人間の作業が効率化されているかというのも、一秒を争う審査では重要なポイントなのです。


キャッシングの審査を早く終わらせるコツ

キャッシングの審査を早く終わらせるなら、必要な提出書類を用意して、電話にも出られるように準備しましょう。
また、業者によっては、複数の申し込み方法を併用することで、審査スピードを格段にアップさせることができます。

消費者金融の審査なら身分証明書だけでOK

消費者金融の審査では、身分証明書を提出するだけで審査に通ることが可能です。
身分証明書とは、運転免許証や健康保険証のことを指し、申し込み時に申請した情報に誤りがないか確認するために必要です。
審査では収入証明書など必要であると書かれている業者もありますが、原則的に50万円以内であれば、消費者金融では収入証明書は不要です。
収入証明書が必要となると、会社や役所で必要書類を発行してもらわなければならないため、融資が必要だと思った日のうちに準備するのは大変です。
最速でキャッシングの審査に通るならば、収入証明書が必要のないローンを選ぶといいでしょう。

ネット申し込みと電話を活用しよう!

キャッシングをネットで申し込んだ際には、本人確認の電話が必要です。
しかし、業者からの電話を待っていたのでは、申し込みの混雑具合などによって、審査に時間がかかってしまう場合があります。
アイフルのネット申し込みでは、申し込み情報を送信したのち、専用のダイヤルへと電話することで、本人確認の手間を省くことができ、審査時間を短くできます。


キャッシングの即日審査では、急いでいる旨を伝えることで優先して対応してもらえるため、申し込みの際に事前に確認してみるといいでしょう。