銀行カードローンVS消費者金融!即日融資してくれるのはどっち?

シェアする

時計とお金を持っている男性

まったく予想すらしていなかった出費によって追い詰められたといった経験をしたことはありませんか?ほとんどの方が、毎月の給料で無理のないやりくりをできるように心がけているでしょう。しかし、急な怪我や病気などによって、思わぬ出費が発生してしまうこともあります。そんな時のために、しっかりと備えることはできているでしょうか?

生活がピンチになったときには…?

毎月の収入から、こういった事態に備えるために貯金をしている方もいらっしゃる一方で、そんな余裕はまるでないという方も少なくないようです。生活費を切り詰めることによって、なんとか乗り切るという方法も考えられますが、もともと余裕のない生活をしている方の場合、切り詰めるにしても限度があります。また、こうして金欠になってしまったとしても、家賃や光熱費などは容赦なく請求されます。これらを支払えなければ、本当に生活が破綻してしまうことになるでしょう。

そんな追い詰められた状況から救ってくれる存在がカードローンをはじめとするキャッシングサービスです。
しかし、いますぐにお金が必要!といった事態にも対応できるのでしょうか?

本当に即日融資を受けることはできる?

もともとカードローンは申し込みをして、審査を通過できてもカードが手元に届くまではサービスを利用できません。このカードは発行されてから郵送で届くという形が一般的でしたので、申し込みをしても、実際に利用できるのは1週間から1ヶ月後になってしまいます。

それに対して、近年では即日でカードを発行でき、その日の内にお金を借りられる金融機関も多くなってきています

では、こういった即日カードローンを利用するのであれば銀行カードローンと消費者金融のどちらの方が有利なのでしょうか?チェックしてみましょう。

審査のスピードは銀行カードローンと消費者金融どちらが早い?

即日融資を実現する上で、とても重要となるポイントの一つが審査のスピードです。申し込みをしたものの、いつまでたっても審査が終わらなければ、その日の内に融資を受けることは難しいでしょう。
近年では、銀行カードローンでも消費者金融でも審査のスピードはかなり早くなっています。限度額をそれほど高く設定しなければ、30分程度で審査が終わってしまうところも少なくありません

こう言ってしまうと、どちらも審査スピードはそれほど変わらないように感じられるかもしれません。
ですが、平均的に考えるとやや消費者金融の方が審査が早い傾向にあるようです。実際に「30分で審査可能」といったスピードをアピールしているところも多いことから、より早く審査を終えて、借り入れのための手続きに進めるでしょう。

カード発行のスピードは銀行カードローンと消費者金融どっちが早い?

では、カード発行のスピードはどうなのでしょう?この点も、近年では多くの消費者金融や銀行が即日発行に対応しています
ただ、銀行カードローンの即日発行は大手に限られますので、選択肢の多さを考えると消費者金融の方が有利と言えるでしょう。消費者金融では早い段階から無人契約機を導入し、全国各地に設置しています。これを利用してカードの発行ができますので、スピード面・便利さの面では消費者金融の方が上と言えるでしょう。

もちろん、大手銀行でもネットで申し込みをして専用のカード発行機へ行くことによって、即日発行に対応しているところもいくつかありますので、チェックしてみましょう。

申し込みの手軽さはどちらの方が上?

即日融資を希望する場合、素早く申し込みができるかどうか、という点も大きなポイントとなってきます。
そこで、銀行と消費者金融では、どちらの方が簡単に申し込みができるのかをチェックしてみましょう。

この点についてはどちらの方がすぐれているということはありません。今日ではネット申し込みが一般的になっていますので手間はほとんど変わらないのです。もちろん、大手であればスマホにも対応していますし、専用のアプリなどをリリースしているところも少なくありません。このネット申し込みを上手に活用できれば、銀行と消費者金融のどちらであってもそれほど困ることはないはずです。

総合的に考えてどちらの方が即日融資には強い?

では、これらの点を踏まえて考えてみると、最終的に銀行と消費者金融ではどちらの方が即日融資には強いのでしょうか?
やはり、審査のスピードなどから考えると消費者金融の方が一歩リードしていると言えるでしょう。

カードローンは銀行と消費者金融どっちが便利?

即日融資を確実に受けたい、という点から考えてみると、銀行よりも消費者金融の方がメリットはやや大きいと言えるでしょう。
しかし、金利などの面を考えると銀行の方が有利に感じられる点も少なくありません。ですので、これらの点をしっかりとチェックし、考えた上であなたにとってベストなカードローンはどちらなのかを考えてみると良いでしょう。