少額借入の時のカードローンの金利はどうなる?

カレンダーの上に載っているお金

給料日前などにちょっとだけお金を借りたい…そんな時に毎回キャッシングの申し込みをするのは意外と面倒なものです。もちろん、今日ではネット申し込みが一般的になったおかげで、仕事の合間などのちょっとした時間で手続きは完了してしまいます。しかし、毎回審査を受け、その結果を受けるのはあまり効率的ではありません。また、会社への在籍確認が何度も行われると、社内で不審に思われてしまうかもしれません。
こういった手間や問題をすべて解決してくれるのがカードローンです。一度申し込みをし、審査を通過して契約できればあとは何度でも限度額内でのキャッシングが可能です。なので、カードローンの利用を検討している方も多いのではないでしょうか?

少額借入は金利が高くなる?

ですが、少額の借り入れと言うと、どうしても金利が高くなってしまうイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか?
実際に、大手消費者金融などでも10万円以下の少額融資を受けた場合は金利が20%近くと、かなり高めに設定されます。
いくら借入額が小さいとはいえ、何度も利用を繰り返していると利息だってかなりの金額になってしまうでしょう。

では、カードローンの場合も少額の借り入れではより高い金利が適用されてしまうのでしょうか?チェックしてみたいと思います。

カードローンの金利はどうやって決まる?その基準をまずはチェック

そもそも、カードローンの金利はどのようにして決められるのでしょう。大手消費者金融の多くは、同じサービスであっても金利にはかなりの幅があり、審査を受けてみなければどのくらいの金利が適用されるのかわからないというケースもあります。
では、どういった基準で適用される金利は決まるのでしょうか?まずはこの点からチェックしてみましょう。

この基準は金融機関によって異なりますが、一般的には限度額で設定される金利は決まります。審査の段階では実際にどのくらいの額の借り入れをするのかはわかりません。ですので、限度額が金利決定の大きなポイントとなるのです。
もちろん、限度額が大きくなればそれだけ低い金利が適用されます。なので、できるだけ低金利でサービスを利用したいのであれば、可能な限り限度額を大きく設定するようにしましょう。

ただ、限度額が大きくなるとそれだけ審査は厳しいものとなってしまいますので、あなたが利用できる限度額を見極めることが大切です。
たとえば、消費者金融のカードローンであれば総量規制の対象となりますので、年収の3分の1以上の限度額では契約ができません。また、銀行は総量規制の対象にはなりませんが、年収の3分の1を超える額になると審査は厳しくなりますし、場合によっては収入証明などを求められることもあります。

より金利を低くするにはどうすればいい?

では、限度額を大きく設定する以外に金利を低くする方法はないのでしょうか?実はいくつかあるのです。
特に銀行系のカードローンの場合、過去の取引実績が金利に大きく影響することがあります。過去に同じ金融機関のキャッシングなどのサービスを利用したことがあれば、それだけ信用が高いと判断されて金利面でも有利になるのです。また、借り入れはしていなくてもその銀行の口座を使用しているだけでも審査面で有利になる可能性があります。余裕があるのであれば、事前に申し込みをする予定の銀行の口座を作っておくか、普段から口座を利用している銀行のカードローンの利用を検討してみましょう。

無利息サービスも利用してみよう

最近では期間限定・無利息でキャッシングを利用できるサービスを展開している金融機関も多くなっています。無利息で利用できる期間は一般的に30日程度までと、かなり短いですが、少額の借り入れですぐに返済する予定なのであれば、完全な無利息でキャッシングを利用することができます。
無利息サービスの内容や条件は金融機関によって異なっていますので、できるだけ利息を節約したいと考えているのであればチェックしてみる価値は十分にあるでしょう。

少額の借り入れならやっぱりカードローン

一般のフリーローンやキャッシングの場合、少額の借り入れでは、金利はかなり高めに設定されてしまいます。ですが、カードローンであればここで挙げてポイントを選んで上手に契約できれば、かなりの低金利で少額の借り入れができることもあります。
特に、頻繁に少額の借り入れを繰り返している方の場合、カードローンに乗り換えることによって、かなり利息を節約することができるはずです。

カードローンを上手に活用して少額融資をもっと便利に!

給料日前などの金欠にもカードローンなら対応することができます。それどころか金利の面でもメリットが多いですので、毎月のように給料日前に少額の借り入れをしているという方はチェックしてみてはいかがでしょうか?きっと、これまでよりもずっとお得に少額融資を利用できることでしょう。