カードローン審査が通りやすい職業・通りにくい職業

様々な職業の女性

カードローン会社が行う審査というのは、貸した後に最後まで返済することができるかということを判断するものです。
この審査に通過することで、お金を借りることができるのです。逆に、審査に落ちてしまった人の場合、収入が少ない、就業形態に不安があるなどが挙げられます。これらは、職業によってもことなってくるといわれています。
では、実際にはどのようになっているのか、下記で紹介します。

審査方法である「スコアリング」とは?

多くのカードローン会社が採用しているのが、スコアリングです。
このスコアリングは、得点という意味があり年齢、勤務年数、家族、借り入れの状況などが判定の基準になります。
他にも、項目はありますが重要視されているといわれていますので、これらの条件は最低限クリアしておくようにしましょう。

審査に通りやすい職業とは?

カードローンに通りやすい職業は、一般的に高収入で安定性があることです。

公務員

公務員の場合、一般企業とは異なり倒産をする心配がないという特徴があります。
収入も安定しているので、申し込みをすれば審査に通りやすい傾向にあります。

国家資格保有者

医師や弁護士といった国家資格を持っている職業についている人の場合、万が一仕事を辞めたとしても再就職先が見つかりやすいメリットがあります。
それに、国家資格保有者は年収が高い傾向にあるので有利と言われています。

正社員の中でも企業規模によって違う

正社員の場合、アルバイトや派遣社員とは異なりリストラになる可能性が低いため、仕事がなくなる可能性が低いです。
ただし、正社員であっても大企業、中小企業によっても審査に通りやすさが異なってきます

個人事業主や自営業は通りにくい

カードローンの審査は年収も大切ですが、やはり最後まで返済してくれるという安定性が最も重要となります。
一般の会社員よりも何十倍もの年収があったとしても、自営業や個人事業主の場合、倒産をしてしまう可能性が高いです。
カードローン会社としては最後まで返済をしてもらうことで、利益を得ることができます。
ですので、個人事業主や自営業の方はスムーズに審査に通過することは難しいでしょう。

営業職が不利な傾向にある

雇用形態は正社員でも営業職に就いている場合、審査に通りにくくなります。
営業職の場合、勤務内容が過酷なことや長く務めることができない人が多く、この業界は離職率が高いといわれています。
その為、勤続年数が1年以上じゃないと審査に通過することができないなどいった厳しい条件があります。

多様化しているカードローンの種類

安定した収入がない場合でも、カードローンを利用することはできます。
最近では、学生向けの学生ローンや、専業主婦でも借り入れできるカードローンが多くなっています。
専業主婦の場合、収入がないので借り入れできないと思われがちですが、この場合配偶者の年収で申告をすることになります。
このように、仕事をしていない人でも利用できるカードローンが多くなってきているので、自分の状況に合わせたカードローンの利用をしていきましょう。

職種ではなく長く務めることが大切

カードローンを利用したあと、必ず返済が待っています。
ギリギリな状態で、審査に通ったとしても返済できなくなってしまったら意味がありません。
きちんと最後まで返済をするためにも、長く務めることが重要です。
パートから正社員になれば、その分お金に余裕ができるので返済計画に余裕が出てきます。
さらに、最後まで滞納なく返済したあとには増額ができるチャンスもあります。
職種も大切ですが、審査に通過するためには安定した収入を確保することが大切になります。


カードローンは職業によって、審査に通りやすさ、通りにくさがありますが、最終的には安定した収入です。
急な出費が続き、ピンチを迎える前にカードローンをいつでも利用できる状況を作り上げておくと安心した生活を送ることができます。
ただし、審査は安定した収入だけではありません。
他にもたくさんの条件にクリアしなければ借り入れをすることはできませんので、事前に確認をしておくようにしましょう。
一度審査に落ちたとしても、収入の面をクリアにすることで審査に通過できる可能性は高いです。
さらに、カードローン会社を変えることでも通過できる場合もありますので、比較していくつか絞っておくのもおすすめです。