専業主婦はカードローンを借りられる?

シェアする

電卓をもった専業主婦

家計や生活を支えるために、少しでも働きに出たいと思っていても小さなお子さんがいると、時間に余裕がないことや、預ける場所がないなどの理由で働くことができない場合があります。
カードローンを利用するにあたり、一番重要になってくることは収入があるかどうかということです。
専業主婦の場合、収入があるわけではないので、一見借り入れできないのでは?と思ってしまいます。
しかし、専業主婦でもカードローンの利用をすることはできるのです。
さて一体どんな条件、環境が整っていればカードローンに通るのでしょうか。
下記で紹介をしていきます。

専業主婦がカードローンを利用できるわけ

カードローンの利用は、最低条件として安定した収入がないと審査に通らないといわれています。
安定収入というのは、1年間の間であまり収入に変動がないことが挙げられます。
専業主婦の場合、本人ではなく配偶者に収入があることで申し込みをし審査を受けることが可能になります。

カードローンだから借り入れができる

一昔前まで、収入のない専業主婦も簡単に審査に通り借り入れをすることができていました。
その為、限度額以上に借り入れをしてしまい自己破産をする人が多くなってしまいました。
こうした現状を解決するために、総量規制という法律を制定し年収の1/3条借り入れができなくなったのです。
ただ、総量規制は賃金業法だけの適用となっているので、銀行が提供しているカードローンは適用外となります。

銀行カードローンは総量規制適用外

銀行が提供しているカードローンの場合、専業主婦でも借り入れをすることができます。
この場合、条件があり配偶者に安定した収入がないと審査が厳しくなります
例え、収入のない専業主婦でも配偶者に収入があれば借り入れをすることができるのです。

家族にばれることなく借り入れができる

専業主婦が消費者金融お金を借り入れしようとした場合、配偶者からの同意書が必要になることがあります。
内緒で借り入れをしたい場合、困ってしまいますよね。
しかし、銀行系のカードローンは同意書が必要なく審査に関しても本人のみとなっているので、配偶者へばれることなく借り入れをすることができます。
最近では、借り入れ後のことを考え低金利で利用できる銀行カードローン会社も多くなっているので、その点を考えると安心して利用できます。

即日融資をしてもらえる

カードローンのメリットは、申し込みをした日に即日審査し融資をしてもらえることです。
しかし、カードローン会社によって申し込み受付までの時間が設定されていたり、WEBのみの申し込みしか受け付けないなどといった制限がありますので、銀行カードローンを利用する際には事前に確認をしておくようにしましょう。

在籍確認はどのようにするの?

カードローンの利用は、在籍確認というものがあります。
これは、本人なのかどうかを確認するものです。
ここで心配なことは、配偶者の元に電話がいってしまうことですが、カードローン会社は教えた携帯番号や自宅の番号にしかかけてきませんので、日中自宅にいるのであれば特に問題はありません。
万が一、配偶者が電話に出たとしても、カードローン会社だということは名乗りませんので、安心して申し込みをすることができます。

金利が低いメリットがある

銀行カードローンの場合、金融機関が提供していることもあり金利が低い特徴があります。
金利は借り入れをしたあと、元金にプラスして返済をしなければいけないので、少しでも低い方が返済を考えるとお得になってきます。
ですので、カードローンを利用する際には一番低い金利で利用できるカードローン会社へ申し込みをするようにしましょう。
事前に、カードローン会社を調べておくことでスムーズに借り入れ手続きや返済計画を立てることができるのでおすすめです。


このように、収入のない専業主婦でも銀行カードローンであれば、お金を借り入れすることができます。
配偶者の収入によって、借り入れできる金額が異なってきますが一度の利用で多額の借り入れをしてしまうと、返済が困難となります。
借り入れをする前は、事前に返済計画を立てましょう。
このとき、無理な金額にしてしまうとまた借り入れをすることになりますので、長期間で無理のない返済金額にすることで最後まで返すことができます。
一度でも返済が遅くなってしまうと、信頼性を失うことになり、借り入れができなくなりますので、その点だけ注意をしてください。