サラリーマンにおすすめのカードローンとは?

カードローンを利用するサラリーマン

サラリーマンの方で突然お金が必要なった時、困ってしまう事はないでしょうか。
そんな時はカードローンが便利ですが、利用する事に抵抗がある方も多いかと思います、
ですが、カードローンについてしっかりと知っておく事で、安心してお金を借りる事が出来ますよ。
今回はサラリーマン必見のカードローンについてご紹介します。

フリーローンについて

まずは、カードローンの仕組みや特徴をご紹介します。
ローンは大きく分けて目的ローンとフリーローンです。
目的ローンとは自動車ローンや住宅ローン、教育ローンなど目的をもった資金に限定されているローンです。
一方、カードローンではフリーローンしか使う事が出来ません。
このフリーローンというのは、資金の使い方が限定される事がないので、旅行や買い物など事でも使う事が出来るのです。
そして、フリーローンの特徴は、カードローンの限度額以内なら何度でも借り入れする事が出来ます
しかし、フリーローンは目的ローンより金利が高く設定いる事に注意する必要もあるでしょう。

返済方法は?

返済方法は様々ありますが、カードローンでは残高スライド定額リボルビング方式が主流となっています。
この残高スライド定額リボルビング方式というのは、利用した残高に応じて返済額が変動していく返済方法です。
また、しっかり返済を続ける事で、上限額以内なら必要な時に何度でも引き出す事が可能となっています。

サラリーマンは審査に通りやすい?

カードローンに限らずローンを借りる場合は、必ず審査が必要になります。
その審査では、サラリーマンは比較的通りやすいと言われているのです。
その理由は勤務先や年収が安定している事が主な理由とされています。
また、他の条件としては過去にたくさん借り、たくさん返済している実歴が金融機関では一番信用されやすいと言われているのです。
ですから年収を問わず、確実に借金を返済出来る事が審査に通る条件として重要になると考えられます。
また、カードローンでの審査では勤続年数も長いと有利になり、最低でも1年以上であれば審査に落とされる事は少ないでしょう。
この事から、サラリーマンは勤務先や年収などの安定性からして、アルバイトやフリーターと比べて、有利に借り入れする事が出来ます。

新社員でもカードローンは利用できる

新社員はスーツの準備など準備で何かとお金がかかる事が多いでしょう。
そんな時にカードローンが使えれば便利ですね。
勤続年数が長いサラリーマンは審査の通過が有利ですが、新社員でも勤務先が安定した企業であればカードローンを利用する事は可能です。
特に実家暮らしの場合は審査が通りやすいと言われています。
そして、借入する件数も少ない事も金融機関に信頼してもらう事でも重要です。
複数の金融機関からではなく、1社から借り入れをまとめる事は金融機関から信頼を得ているという評価にも繋がります。
しかし、新社員では勤続年数や収入では一般のサラリーマンより足りないので、限度額は20~50万と考えた方が良さそうでしょう。
いずれにしても、新社員のサラリーマンは高い融資を受ける事は避けた方が良いと言えます。

サラリーマンに得するカードローンの選び方とは?

サラリーマンの場合、申し込み条件である安定した収入をクリアしており、非常に信用度の高い業種と言えます。
そのため、審査が厳しく通りづらいと言われている銀行カードローンでも審査が通ることもあるので、まずは銀行カードローンを申し込むと良いでしょう。
銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも金利が低く設定されている場合が多いため、返済総額もその分少なく済みます。
ただし銀行の審査は厳しく、一度カードローンを利用していた際に少し返済が滞ってしまったことがあると、信用情報というものは消費者金融だけでなく銀行でも見ることが出来てしまうので、審査が通らないという場合もあります。
そのような点に注意しつつ、まずは銀行から申し込み、審査に通らないような状態であれば銀行よりも審査が緩い消費者金融に申し込むようにすると良いでしょう。
また、各銀行・消費者金融によって実質年率や最長返済期間、月額負担も変わってくるので、きちんと調べた上で選ぶと良いです。

サラリーマンの利用は意外に多い?

実は、サラリーマンで生活費や遊びのお金としてカードローンを利用する人は意外にも多いと言われています。
そして、カードローンを利用している割合は年収が多い人の方が頻繁に利用しているそうです。
その理由は、収入が多く返す事が出来るので、手元にお金がなくなった時に軽い気持ちで利用すると考えられます。
ですが、年収が多くても借金が常態化する事が当たり前となってしまうケースも少なくないのです。
お金を借りる時は、しっかりと返済の計画性を持つ事が大切だと言えるでしょう。

このように、カードローンの仕組みや注意点、カードローンを選ぶポイントを知っておく事で初めてカードローンを利用するサラリーマンも安心して利用する事が出来ます。
しかし、借り過ぎて借金の返済が苦しくなるケースも少なくないので、カードローンの利用は返済総額の把握もしておくなどの計画性も重視するように注意が必要です。
借りたお金はしっかり返済し、計画的にカードローンを利用してみたはいかがでしょうか。