パート・アルバイト必見!カードローンガイド

アルバイトで働く女性

カードローンの審査基準の中には「安定した収入があるかどうか」という項目があります。
そうなるとパート・アルバイトの方はカードローンを借りることは出来ないのでしょうか?
答えはNOです。
パート・アルバイトの方でもカードローンの融資を受けることも可能です。
今回はそんなパート・アルバイトの方とカードローンについてご紹介します。

パート・アルバイトでもカードローンは借りられる!

収入が安定しないパート・アルバイトの方でも急な出費などでまとまったお金が必要になる場合もあると思います。
そんな時にカードローンを利用したいけど、審査が通らないのでは?と思い、申し込みすることなく諦めてしまうという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、パート・アルバイトの方でもカードローンの融資を受けることは出来ますし、また主婦でパートに勤めている方もカードローンを利用される方は増えています。

ただし審査は厳しい…

パート・アルバイトの方でも利用できるように雇用形態を広げている金融機関は少なくありません。
ですが、審査は安定した収入を持っている方とくらべてしまうとどうしても審査が厳しくなってしまうのが現状です。
借りたいけど借りられない、審査が通らないという方も中にはいらっしゃいます。
では、金融機関はパート・アルバイトの方の審査を行う際に、どういったポイントを見ているのでしょうか?

審査のポイントとは?

パート・アルバイトの方の審査を行うポイントで必須となるものは、返済能力の有無と信用度です。
返済能力がなく、信用度も低いとなるとローンを貸し付けることは出来ません。
例えば、収入が低く一つの職場に長く勤務している人と高収入で単発の仕事をしている人ではどちらの方が返済能力のあり、信用度が高いと言えるでしょうか。
一見、高収入で単発の仕事をしている人の方が収入は高いので、返済能力がありそうに見えますが、単発の仕事は安定しているとは言えず、いくら収入が高かったとしてもなかなかカードローンを借りることが出来ません。
一方収入が低くても一つの職場に長く勤務している人は、低収入でも安定性はあるのでこちらの方が金融機関にとっても貸しやすいのです。
他にも連絡先が携帯電話ではなく、固定電話となっているものの方が信用度は高いと言えます。

審査が通りやすくなるには?

パート・アルバイトでも審査を通りやすくするためには、一つの職場で働いている期間を長く保つことで審査が通りやすくなります。
1週間、1ヶ月しか仕事が持たないような人には安定性がなく、審査もなかなか通りづらいのです。
まずは半年働いて、出来ることなら1年以上一つの職場で働くことが審査も通りやすくなるでしょう。
しかし、消費者金融の中には働いている期間が短くても借りることの出来るカードローンを用意しているところもあるので、もしも働いている期間が短く、単発の仕事が多いという方はそちらのカードローンを検討してみましょう。

パート・アルバイトの方が借りられる金額はどのくらい?

消費者金融のカードローンを利用される場合、必ず問題となってくるのが借りられる金額の上限です。
消費者金融では総量規制の対象となってしまうため、年収の3分の1以上の金額を借り入れることは出来ません。
例えば、年収120万円の方が消費者金融のカードローンを利用したい場合、その上限金額は30万円以下となります。
そのため、もっと金額が必要な時には他のカードローンも利用しなくてはいけないことになってしまうのです。
複数社からの借り入れも可能ですが、あまりに申し込みが多いと「申し込みブラック」と言って借り入れてはいないものの、申し込み件数が多いだけでブラックリスト入りしてしまう可能性もあるのです。

消費者金融と銀行、どちらを利用すべき?

上記で挙げた総量規制というものは消費者金融にかかるもので、銀行カードローンでは総量規制の対象外となります。
そのため、より多くの金額の融資を受けたい場合には銀行カードローンを利用した方が良いのですが、銀行カードローンは審査が厳しくパート・アルバイトでは安定した収入がないということで審査が通らないケースが多く見られます。
なるべく審査に通るようにしたいという方は、消費者金融を利用した方が良いでしょう。
消費者金融であれば、上限金額は銀行よりも少なくなってしまいますが、審査は通りやすく、しかも契約してすぐに融資を受けることも出来ます。


パート・アルバイトの方は審査も通りやすい消費者金融での借り入れがオススメです。
ただし、多額の融資が必要であまりにも多くの消費者金融に申し込んでしまうと、申し込みブラックとしてお金が借りられなくなってしまうので、そのようなことにならないように気を付けて利用するようにしましょう。