OLにおすすめのカードローンガイド

スーツを着たOL

近年OLの方でもカードローンを利用されている方は増えてきています。
その理由は、女性専用のカードローン商品が増えてきているということが挙げられます。
今回はOLの方に利用されている女性専用のカードローンを中心にご紹介していきます。

消費者金融と銀行から申し込み出来ます

消費者金融のカードローンは少し怖いイメージがあり、銀行は審査が厳しく通りづらいというイメージを持たれている方もいらっしゃると思います。
しかし、消費者金融や銀行ではOLの方はもちろん申し込みすることは出来るのです。
以前までは女性がカードローンを利用することが難しいという時代もありましたが、現代では女性の社会進出もどんどん進んでおり、そのようなことはなくなりました。
そのため、OLだからと融資を受けることを諦めてしまってはもったいないのです。

派遣社員でもカードローンを借りられる?

OLの方でも正社員の方や派遣社員として働いている方がいらっしゃいます。
派遣社員だと契約が終わってしまうと仕事もなくなってしまうので、審査に落ちやすくなってしまうのでは?と感じる方も多いようです。
実際には消費者金融や銀行では、正社員や派遣社員といった雇用形態にあまりこだわらなくなってきています
近年増加してきている雇用形態の変化に、消費者金融や銀行も対応してきているのです。
ただ、やはり派遣社員として審査が通りやすくなるのは、勤続年数が最低でも1年以上ある方が審査も通りやすいと言われているので、カードローンの融資を受けたいのであれば、なるべく派遣期間が切れるまで長く勤めることを心掛けるようにしましょう。

OLの方も利用しやすい女性専用カードローン

まだまだ多くの女性が消費者金融などのカードローンに抵抗感を覚えていますが、そんな中で最近増えてきているのが、女性専用カードローンです。
女性専用なので女性のみが利用することが出来ます。
女性をターゲットとした商品で、各金融業者で取り扱うところが増えてきています。
では、女性専用カードローンを利用することでどんなメリット・デメリットがあり、通常のカードローンとは何が違うのでしょうか。

女性専用カードローンのメリット・デメリットとは

女性専用カードローンのメリットは、女性のオペレーターが全て対応してくれるという点が挙げられます。
電話や店頭などで申し込まれた際や、疑問・不安に感じる点なども全て女性オペレーターが女性視点で答えてくれます。
同じ女性だから分かる点もあって、悩みなども打ち明けやすいかと思います。
そのため、消費者金融に抵抗感がある女性でも気軽に利用しやすくなっています。
一方でデメリットもあり、女性専用だからと言って金利が低くなるということや、審査が緩くなるというようなことはありません。
金利も審査も男性女性分け隔てなく行われます。
逆を言えば、女性だからといって審査が厳しくなるようなこともないので、そういったことはメリットと言えるでしょう。
また、気軽に利用できるということから、つい借入金が増えてきてしまい、債務の負担が重くなって最悪の場合自己破産しないといけなくなってしまうケースも増えてきています。
確かにカードローンを利用することで便利な場面も増えてきますが、カードローンの計画性は大変重要なものとなります。

女性専用カードローンで気を付けるポイント

女性専用カードローンを利用する際に気を付けていただきたいポイントとして、融資額は自分が借り入れたい金額よりも少なくなることがあるという点です。
これは通常のカードローンでもそうなのですが、消費者金融のカードローンでは総量規制の対象となって年収の3分の1までの金額しか借りることが出来ません。
例えば年収300万円のOLの方の場合、希望として150万円借りたくてもそれは年収の3分の1以上になってしまうので借り入れることは出来ないのです。
ただし、銀行カードローンでは総量規制の対象外となるため、多額の融資も可能となります。
しかし、審査はその分厳しくなってしまうのです。
女性専用カードローンを利用される場合は、必ず総量規制のことを頭の片隅に置いておき、融資限度額がどのくらいになるのかを把握しておきましょう。

女性専用カードローンはこんな時にオススメ

気を付けるポイントを押さえておけば、女性専用カードローンの利用で様々なピンチを乗り越えることが出来ます。
例えば、結婚祝い・出産祝いが重なってしまい、出費が増えてしまったり、飲み会や合コン、女子会などが続いたりして今月ピンチという時、さらに仕事などを頑張っている自分にご褒美として大きな買い物をしたいという時などに、女性専用カードローンを利用すると良いでしょう。


気軽に利用できる女性専用カードローンは働く女性の強い味方になってくれます。
もしも困ってしまったらまずは相談してみるのも良いでしょう。
女性オペレーターが親身になって対応してくれます。