低い年収でもカードローンを借りられる?

シェアする

給料袋を持つ男性

アルバイト、パートの場合、正社員とは異なり収入が圧倒的に少なくなります
家庭の事情で一週間のうち2日、3日のみしか働くことができない方や、子供の面倒を見なければいけないなどの理由でどうしても出勤日数が少なくなってしまいます。
そうなると、当然のことながら収入も低くなってしまいます。
少しでも家計のためになれば・・・と思い働いても、急な出費が続くとお金が足りなくなってしまいます。
こうしたときに、カードローンを利用したいと思うけど、収入が少ないことで審査に通らないかもしれない・・・といった不安が残ってしまいます。

収入が少ないと審査に通らないの?

お金を借りるためには、審査に通過することが第一条件です。
申し込みをしただけではお金を借りることはできません。
カードローンの審査基準の中で、200万円の壁というものがあります
これは、200万円を境にして判断をするということです。
ただ、最近ではどこの業者も柔軟に対応しているので、200万円以下の収入でも借り入れすることができるところばかりです。
ですので、年収が低いからと言ってカードローンの利用ができないというわけではありません。

審査の基準について

カードローンを利用するためには、必ず審査を受ける必要があります
これは、年収が低い、高い関係なく審査は平等にうけなければいけません。
この基準は各カードローン会社によって異なってきますが、基本的には支払い能力があるかどうかです。
貸し出した金額に対して、毎月の返済できる収入があるかどうかで審査に通るかどうかが決まってきます。

借り入れする金額によって異なる判断

年収が低い人が500万、600万などといった大金を借り入するのは非常に困難なことですが、10万円程度であれば返済方法によっては返せない金額ではないので、借り入れできる可能性が高いです。
まずは自分の年収がどのくらいあるのかを確認し、借り入れできる金額を決めることが大切になります。

総量規制について

近年賃金業法が改正になり総量規制という法律が制定されました。
この法律は、銀行法には適用されません。
内容は、年収の1/3まで融資をしてもよいがそれ以上はどんな事情があっても買いだしてはいけないというものです。
ただし、夫婦の場合合算しての計算となりますので、専業主婦の奥さんの収入がなくても旦那さんの収入でお金を借りることができます。

借り入れできたからと言って安心しない

無事に借り入れができたからと言って安心はできません。
カードローンの借り入れ後には、返済が待っています。
この返済は毎月決まった金額の支払いをしていきますが、もし1度でも返済を忘れたり、怠ってしまったりすると信頼性を失ってしまいます
例え全て返済をしたとしても、過去にこうした滞納があったりするとカードローン会社からの信頼性を失ってしまうのです。
ですから、借り入れできた安心ではなくこれからどうやって返済をしていくかをきちんと決める必要があります。

返済中に他の借り入れは難しい

借り入れの返済途中で、またお金に困ってしまった・・・こういった場合、借り入れをしてなんとか返済や生活をつなぎたいと考えてしまいます。
しかし、この自転車操業のようなお金の使い方はよくありません
さらに、借り入れがある場合総量規制によって再度借り入れをすることができない場合もありますので、一度借り入れをした場合最後まで返済するまでは考えない方がいいでしょう。

借り入れしないような方法も考える

本当に借り入れをしないと生活をしていくことができないのか?
あと1か月頑張ればなんとかならないのか?
など、今カードローンの利用が絶対に必要なのかを考えてみましょう
お金を借りなければいけないのには理由があります。
その理由を見出し、解決することでお金を借りるということは避けることができます。
カードローンに申し込みをする前にまず、どうして借り入れをすることになったのか、もう一度生活やお金の使い方を見直すことによって、借り入れをしなくてもよくなるかもしれません。


どうしても借り入れをしなければいけなくなった場合には、返済計画をきちんと立て毎月必ず返すことのできる金額を導き出し、滞納することなく返済をしてカードローン会社から信頼されることで増額をすることもできるので頑張りましょう。