年金受給者はカードローンを借りられる?

年金を受給している夫婦

仕事を退職し、年金収入のみになるとどうしても急にお金が必要になってしまった時は大変です。
そのためカードローンを借りたいという方もいらっしゃると思いますが、カードローンの申し込みをする際の条件となるのが、適した年齢ときちんと返済が出来る安定した収入があるのかというものです。
申し込みをする前から諦めてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実は条件をクリアしていれば、例え年金受給者であってもカードローンの融資を受けることが可能になります。
今回はそんな年金受給者とカードローンについてご紹介しましょう。

年金受給者はカードローンを受けるのは難しい

カードローンは平成22年に改正された賃金業法により、消費者金融では年収の3分の1以上の金額を貸し付けることが出来なくなりました。
これを総量規制と言います。
そのため、無職で年収が0円の場合、年収計算となるため借り入れが出来なくなってしまったのです。
年金収入の場合、収入として金額を出すことは出来ますが、安定した収入に入るかどうか微妙なラインにあるため、年金受給者では審査が通らないようなカードローンも中にはあります。
正直カードローンを受けることは難しいという現状です。

カードローンの年齢制限

各銀行・消費者金融ではカードローンに年齢制限が設けられています
これは年齢があまりにも高いと死亡する恐れが増えてしまい、お金の回収が難しくなってしまうことがあるためです。
そのため、担保がないカードローンの場合は年齢制限をされているところがほとんどです。
目安として、銀行では65歳未満、消費者金融では69歳未満に設定しているところが多くみられ、上限年齢より上になると新しく借り入れることはもちろん、契約していても追加融資を受けられなくなってしまいます。

年金受給者でも借りられるカードローン会社

年金収入以外で安定した収入があれば良いのですが、年金収入のみとなると申し込みも出来ないというようなところもあります。
しかし、年金収入のみでも申し込みが出来るカードローン会社があるのです。
それは、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などです。
これらの銀行カードローンは年金収入のみでも申し込みすることが出来ます。
審査が通るか通らないかは別としても、年金収入のみでの貸付が出来ないところの方が多いので、まずは上記の銀行などに相談してみると良いでしょう。

年金受給者専用のローンもあります!

また、年金受給者専用のローンを取り扱っているところも中にはあります。
例えば、ゆうちょ銀行の年金受給者専用ローン「したく」は、貸付限度額初回300万円、2回目以降500万円で、実質年率7.0~14.9%で借り入れることが出来ます
ただし条件としてゆうちょ銀行の口座が必要なこと、一般的なカードローンと同じように、70歳未満という年齢制限と安定した収入がある人などの条件が備わってくるため、年金受給者でも年金収入のみの方だとなかなか審査が通らないということも多いようです。

年金担保貸付制度とは?

銀行や消費者金融からの融資が受けられないとなると、どうしてもお金が必要になってしまった場合困ってしまいます。
そんな時に利用できるものとして年金担保貸付制度というものがあります。
年金担保貸付というものは、福祉医療機構や日本政策金融公庫などが行っているもので、年金を担保にお金を借りることが出来ます。
貸付限度額は250万円までと少し低めに設定されており、さらに追加で借り入れることは出来ません。
また、貸付金の利用目的を保健医療や介護福祉、住宅改修、冠婚葬祭などの目的以外で借りる場合は限度額が100万円となります。
制限は色々とあるものの、年齢に制限はなく70歳以上でも借り入れることが出来ます
また金利も年1.6%とかなりの低金利となるので、銀行・消費者金融のカードローンよりも負担は軽いと言えます。

違法業者にご用心!

ただ、気を付けなくてはいけないポイントとして、年金を担保に貸付を行っているのは福祉医療機構と日本政策金融公庫のみで、他の企業や機関が行っていいものではありません。
そのため、上記2件以外の企業や機関で年金を担保に貸付を行っているところがあるとすれば、それは違法業者となります。
違法業者は高金利での貸付を行っており、返済の催促もかなり強引なものになる場合が多いため気を付けなくてはなりません。


年金受給者の方でもカードローン融資は受けられますが、年齢制限が設けられていたり、申し込みすら出来たりしないというところもあるので、カードローン利用も良いですが年金担保貸付制度も利用すると良いでしょう。