無職はカードローンを借りられる?

シェアする

無職の男性

カードローンは、申し込みをしただけではお金を借りることはできません。
申し込み後、審査というものがあり審査に通過することで、やっとお金を借りることができるのです。

カードローンの審査基準

カードローンの審査基準は、各カードローン会社によって異なっているので、どこのカードローン会社がいいなどということは一概には言えないのです。
では、なぜカードローンを利用するために審査を受ける必要があるのでしょうか。
それは、審査をすることで返済能力があるかどうかを確認しているのです。
カードローン会社も、お金を貸したあと返済してもらうことができなければ、損をしてしまいます。
逆に言えば返済能力があればお金を借りることはできるということになります。そこで、無職になってしまった場合お金を借りることができるのか、気になるところです。
無職はいつなるかわからないですし、無職になりお金が必要になった場合借り入れができないと困ってしまいます。
無職でもカードローンの利用ができるのかについて下記で説明していきます。

総量規制との関係性

消費者金融で借り入れをする場合、総量規制という法律をクリアしなければいけません。
総量規制とは、年収の1/3以上の借り入れをすることができないという規則となっているので、無職の場合年収入が全くないことになりますので、消費者金融での借り入れは難しくなります。
各消費者金融の申し込み条件を見ても、ほとんどが「安定した収入のある方」を条件に加えています。
そのため無職ではなかなかお金を借りることが出来ないのです。

在職している間に借り入れをしよう

もし、無職になるかもしれないと分かっているのであれば、在職している間に借り入れをしておくといいでしょう。
在職中であれば、収入がきちんとあるので審査に通ることができます。
ただし、無職になると分かっている場合、返済計画をしっかり立てる必要があります。
返済を怠ってしまうと、次に借り入れをするとき厳しい状況になりますので注意しましょう。

一時的にバイトを始めよう

無職でカードローンを利用したい場合には、仕事に就く必要があります。
収入を確保できるということが証明できれば、審査に通ることができ無事に借り入れをすることができます。
ただし、審査の段階で安定した収入を得ているかどうかを見るために、勤続年数を確認します。
あまりにも単発バイトとなると申し込みは出来ますが、審査の段階で信用度が低くなってしまい審査が通らない可能性もあります。

個人事業主になる

仕事がなかなか見つからないという場合には、個人事業主か自営業をスタートしてみましょう。
これらの職種は、審査に通りにくいとされている職業ですが、ずっと無職で居続けるよりも審査に通りやすくなります。

配偶者に収入があればOK

例え、自分が無職であっても結婚をし配偶者に収入がある場合にはカードローンに申し込みをし、審査に通過できる可能性が高いです。
どうしても仕事を見つけることができなく、ピンチなときにおすすめです。

悪徳業者に気を付けよう

カードローン会社の中には、無職でも借り入れができるところもあります。
ただし、こう言った宣伝文句で行っている消費者金融の多くは、高金利で悪徳な場合があります
悪徳業者で借り入れをしてしまうと、いつまでたっても元金を減らすことができない、毎月多額の利息のみを支払っている・・・といった借金地獄へ陥ることになります。
お金がないと、気持ちにも余裕がなくなってしまいます。
甘い言葉には注意し、安心で安全なカードローンの利用をしましょう。

仕事を見つけることが第一優先

カードローンは、審査に通過することが一番重要となりますので、無職で居続けるのではなく、早めに仕事を見つけるように努力をしましょう。
仕事によっては、審査に通りにくい、通りやすいなどがありますが、安定した収入がないと、クリアすることはできないので不利となります。
こうした状況にならないためにも、仕事を見つけ自信をもってカードローンへ申し込みをしましょう。

無職でもカードローンに申し込みをすることはできますが、業者選びを失敗してしまうと、大変なことになります。
急にお金が必要になったとき、いつでもお金を借りることのできる利便性の高いカードローンですが、全部が優良業者だとは限りません。
ですので、事前にどこのカードローン会社がいいのかを見極めることも必要になります。
そして、必ずやらなければいけないことは、返済計画をきちんと立てることです。
計画性のない借り入れは、どんどん借金を膨らませてしまう原因となりますので、借り入れをする前にどのくらい毎月余裕があり、返済できるのかを確認しておくことも必要になります。
安心で安全な利用をすることで、カードローンは無限のメリットを発揮します。
デメリットのあるカードローンの利用はしないように気を付けましょう。