公務員はカードローンを借りられる?

シェアする

悩んでいる公務員

安定した収入がある公務員の方でも急な出費などでお金が必要になってしまった場合、カードローンの融資を受けたいという方もいらっしゃると思います。
ですが、他の職業とは少し違う公務員でもカードローンを借りることは出来るのでしょうか?
今回はそんな公務員とカードローンについてご説明します。

公務員でもカードローンは借りられます!

公務員の方でもカードローンはもちろん借りることが出来ます。
公務員というと収入も安定していて事件を起こさない限り懲戒免職になる恐れもないため、カードローンは必要ないのでは?と思われがちですが、安定していてもある程度の肩書きがない限り収入はあまり多くありません。
また、企業での勤めとは違い、副業は一切禁止されているためお金がなくても稼ぐことが出来ないのです。
そのため公務員の方でもお金に困っている方は少なくありません。

カードローン審査は通りやすい?

カードローンを利用したい場合、審査を通過しなくてはなりません。
審査では基本的に職業や現在の年収、今までの借入額、返済能力の有無について調査していくのですが、公務員は年収や返済能力に関して安定した収入があることもあり、審査が通りやすいと言われています。
年収が少なかったとしても、公務員であれば免職されることもほとんどないため審査が通りやすいのです。
しかし、いくら公務員だからと言って必ず審査が通るというわけではありません。
例えば、現在多額の債務を抱えていたり、支払いを滞納したりしたことがあるなど、過去・現在のカードローン利用情報の中から借入額や返済能力を考えた時に、貸付が難しい場合は公務員であっても審査は通らないのです。

公務員専用のカードローンも

それでも安定した収入がある公務員は、銀行や消費者金融にとっても回収面的に安心できるため、銀行などでは公務員専用のカードローンを用意しているところもあります
特に地方銀行では公務員専用のカードローンを用意しているところが多く見られます。
低金利で利用することが出来ますし、銀行カードローンであれば総量規制の対象外ともなるので、消費者金融では借りられない多額の融資を受けることが出来ます。

在籍確認で勤務先にばれる可能性はある?

審査は通りやすいのですが、審査中に避けては通れないものとして「在籍確認」があります。
在籍確認というのは申込書に書かれている職業が本当かどうか確認する作業のことを言います。
申込書に書かれている職場の連絡先へ電話し、本人が在籍しているかどうか確認します。
在籍確認は例え席を外していたり、休みだったりしたとしても在籍されているかどうかを確認するために連絡をしているので、不在であっても在籍確認をクリアしたことになります。
カードローン担当者はわざわざカードローン担当者とは名乗らないため、一見会社側にはばれにくいように思えますが、突然個人名から名指しで電話連絡があると不信に思われてしまう可能性もあります。
消費者金融によっては書類による確認も可能なのですが、銀行ではなかなか難しい場合があります。
ただ、それでも一度在籍確認について相談はしてみると良いでしょう。
もしかしたら書類による確認などの対応をとってくれる可能性があります。

公務員はカードローン以外からもお金を借りられる?

公務員は銀行や消費者金融などのカードローン以外にもお金を借りられることが出来ます。
それは公務員共済です。
公務員共済では2%前後の低金利でお金を借りることが出来ます
公務員共済の場合、口座ではなく給与から自動的に差し引かれるため間違って返済が滞納してしまう恐れもないですし、仕事面で不利になることもありません。
カードローンを使用する前に、公務員共済がどのようになっているか調べておくと良いでしょう。

カードローンは住宅ローン・教育ローンなどへの影響がある?

カードローンを利用した場合、その他の住宅ローンや教育ローンなどに影響があるかどうかと言われると、決してないとは言い切れません。
例え完済されていても、貸付限度額が下がってしまう可能性があります。
しかし、だからと言ってその他のローンが組めなくなるということはなく、普通に利用・返済しているのであれば特に問題なくローンを組むことは出来るでしょう。
これは公務員に限らず、他の職業の方にも言えます。


公務員は信用や安定性が高いため、カードローンは非常に利用しやすいと言えます。
もし、公務員の方で急な出費に困ってしまった場合には、銀行などのカードローンへ一度相談してみてはいかがでしょうか?