自営業の方必見!ビジネスローンのメリット・デメリット

シェアする

ビジネスマン

自営業などでビジネスを行っている人にとって、資金面の問題は付きものです。
そのため、融資を受けようと考える方は多くいらっしゃいます。
そんな方にオススメなのが、ビジネスローンです。
公的融資や銀行融資とは違う、消費者金融のビジネスローンについてご紹介いたします。

そもそもビジネスローンとは?

ビジネスローンというのは個人事業主や中小企業向けのローンで、事業資金を融資するものです。
主に消費者金融がビジネスローンを商品として用意している場合が多いですが、中には銀行でもビジネスローンを用意しているところもあります。
保証人や担保も不要で、運転資金や設備投資などにお金が必要になった場合借りることが出来る便利なローンとなっています。

消費者金融・ビジネスローンのメリットとは?

消費者金融のビジネスローンを利用すると、様々なメリットがみられます。
例えば、消費者金融は業者によって異なりますが対応が非常にスピーディーで、即日融資も可能な場合があります。
すぐに資金が必要になった場合でも書類を予め用意しておけば、ビジネスローンの融資を素早く受けることも可能です。
また、お金は事業に使われるのであれば、その具体的な利用目的を聞かれることはありません。
例えば、取引先へ数日中にまとまったお金を入金をしなくてはいけなくなった場合、ただ事業資金として使うということが分かれば、特に取引先に支払いをするためという目的について詳しく問われることはないのです。
他にも、銀行融資などと比較すると審査に比較的通りやすいということもメリットの一つに挙げられます。

消費者金融・ビジネスローンのデメリットとは?

その一方で、消費者金融のビジネスローンにはデメリットも存在しています。
例えば、銀行などの融資と比較すると金利は高く、審査によって金利は決定されますが、ほとんどは上限金利ギリギリになることが多くみられます。
また、貸付限度額は銀行融資などと比べると少なく設定されており、さらに審査によって借りられる金額が変わってきます。
さらに消費者金融の場合、銀行とは違って中には超高金利で貸付するような悪徳業者、もしくはそれに近い業者もいるため、融資を受ける際には気を付けなくてはなりません。

審査で必要になる書類

ビジネスローンの審査は一般的なカードローンに比べると審査は厳しいと言えます。
しかし、各消費者金融によって提出書類が簡単でも良いものから詳細の事業書類を提出しなければいけないところまで様々です。
ですが、基本的には損益計算表などの決算書類、確定申告書、納税証明書を用意しておくようにしましょう。
また、起業してから間もないところで、上記の資料を作成できない場合は収支計画書と事業計画書が必要になります。

消費者金融・ビジネスローンの審査基準

消費者金融のビジネスローンでは、銀行融資などの審査基準と大して変わりません。
事業内容はもちろん、業歴や提出書類の精査、過去にカードローンなどを利用したことがあるか、税金を滞納していないかどうかなどの項目をチェックしていきます。
さらにビジネスローンでは保証人を必要としませんが、経営者自身が連帯保証人となり、もしも会社が返済出来なかった場合に経営者が返済することが出来るのかも見ていきます。
このように、様々な観点からビジネスローンの審査が行われているのです。

ビジネスローンの場合、総量規制はどうなるか

通常、消費者金融から融資を受けようとすると総量規制の対象となり、年収の3分の1以上は借り入れることが出来ない決まりになっています。
しかし、事業資金だと高額融資が必要な場合も多く、年収の3分の1以下では賄えないことがあります。
そのような場合、消費者金融ではなく総量規制の対象外となる銀行の融資を受けた方が良いのでしょうか?
実は、消費者金融でもビジネスローンの場合総量規制の対象外となります。
消費者金融自体が総量規制の対象となるのですが、中には例外もあり、事業資金を目的とし、確定申告書や事業計画書などの書類を提出することが出来れば総量規制の対象外として認められ、年収3分の1以上の金額を借り入れることが可能になるのです。
そのため、銀行ではなく消費者金融のビジネスローンでも多額の融資が可能となります。


このように、消費者金融のビジネスローンには、消費者金融ならではのメリット・デメリットがあるため、利用する際には各消費者金融のビジネスローンを見極めていく必要があります。
また、中には銀行のビジネスローンを利用した方が低金利で融資が受けられる場合もあるので、どちらが今の自分に必要なのか調査して考えてみましょう。