消費者金融の返済取り立てで怖い人は来ないのか?

シェアする

返済を迫る悪徳業者

消費者金融の返済に一度でも遅れると、大変なことになりそうなイメージを抱いている人も少なくないでしょう。
怖い人が取り立てに自宅まで来るのではないか。
何度も電話がかかってきたり、何十通も督促状が届いたりするのではないか。
そんなテレビドラマのワンシーンが脳裏に浮かぶ人もいるでしょう。

消費者金融の取り立てには法律規制がある

しかし、消費者金融の返済に遅れても、そのような取り立てはまずありません
なぜならば、ドラマで演じられているような取り立てはだいたい法律で禁止されているからです。
取り立ては必ず法律を守って行わなければいけないのです。

違法な取り立てとはどんなものなのか

消費者金融などの貸金業者は貸金業規制法、いわゆる貸金業法を守りながら業務を行うように定められています。
どのような取り立てをすると貸金業法に抵触してしまうのでしょうか。

私生活や仕事の妨げはNG

消費者金融の返済が遅れたからといって、私生活や仕事の妨げになるような取り立てをすることは貸金業法で禁止されています。
たとえば電話、FAX、自宅訪問のいずれの取り立ても午前9時から午後8時の間に行わなければいけません。
返済が遅れている本人はもちろん保証人に対しても、真夜中や早朝に取り立てを行うことは違法なのです。

自宅以外への取り立てはNG

消費者金融の返済が遅延しても、勤務先や親戚宅などに取り立ての連絡をすることは貸金業法で禁止されています。
債務者が借金していることを他人に広めるような行為は違法なのです。

早朝・深夜・勤務先がOKの例外もある

ただし、債務者とまったく連絡がとれなくなってしまった場合は、早朝・深夜のアポイントや勤務先への連絡がみとめられています。
返済が遅れていると消費者金融からの電話などに出るがイヤになることもあるかもしれませんが、それはかえってマイナスなので、せめて連絡がつくようにはしておきましょう。

居座ってはいけない

消費者金融業者が自宅まで取り立てに来ること自体は合法です。
しかし「帰ってくれ」と債務者にいわれても言うことを聞かないのは違法です。

他から借りることを促す

債務者に対して「他の消費者金融から借金して返済しろ」と要求することは違法です。
もし、そのような提案をされてもきっぱりと断りましょう。

近親者に代理返済を要求する

消費者金融の返済は近親者が肩代わりすることももちろん可能です。
しかしそれは近親者自らがすすんで申し出た時に限ります。
消費者金融の方から代理返済を持ちかけるのは違法なので、けっして応じてはいけません。

債務整理がスタートしたら

債務者が返済に行き詰まり債務整理を弁護士や司法書士にお願いすると、消費者金融に連絡がいきます。
この通知を受けた業者はすべての取り立てをやめなくてはいけません

実際にあった違法な取り立て

以上のように現在では取り立てに関する法規制もかなり厳しくなっています。
しかし、かつては怖い取り立ても確かにありました。

ひっきりなしの電話

返済が遅れた債務者に対して、消費者金融業者が早朝から真夜中までひっきりなしに電話をかけてきました。
電話の内容も現在では返済を促す事務的なものですが、かつては人格を否定するような罵詈雑言もありました。

近所へ見せしめ

債務者の自宅へおしかけてきたあげく、帰るようにお願いしても居座ることもありました。
近所中に聞こえるような大声で話すなど、プライバシーを重視するという考えはありませんでした。

勤務先への電話

債務者と連絡がつかないわけでもないのに、いきなり勤務先に電話がかかってくることもありました。
勤務先への電話はやめるようにお願いしても、聞いてくれない金融業者もありました。

実家への督促

実家に督促状を送り、電話をかける金融業者もいました。
その文面も親には返済を代理する義務があるかのように主張する、高圧的なものもめずらしくありませんでした
ひどい例では、家族の勤務先に取り立てがありました。

玄関に張り紙をしてあった

文面では借金の返済こそ促していないものの、消費者金融の名前を大きく書いて「連絡をください」などとありました。
これでは近所に返済が遅れていることがまるわかりです。

テレビドラマのような取り立てもあった

テレビドラマで「臓器を売れ」「生命保険が下りるように死ね」などと脅しているシーンを見たことがある人もいるでしょう。
確かに現在ではそのような取り立てはありませんが、かつてはごく一部ではありますが実際にあったことなのです。


かつては確かに消費者金融の取り立ては怖いものでした。
現在では法律で怖い取り立ては禁止されているとはいうものの、返済を滞るのが許されているわけではありません。
スムーズな返済を心がけましょう。