信用情報のブラックリストに登録されるとどうなる?

シェアする

最重要顧客リスト

「ブラックリストに乗ってしまうと大変」と思っていませんか?
確かにその通りです。
しかし、ブラックリストが具体的にどのようなものなのかご存知でしょうか。

ブラックリストの正体とは?

ブラックリストはどこが作っているのか

ブラックリストを作っているのは個人信用情報機関です。
個人情報機関に登録されている金融事故情報のリストをブラックリストというのです。

個人情報機関とは何か

個人情報機関とは消費者金融、銀行、信販会社などの金融機関が加盟している組織です。
逆に個人情報機関に入っていない金融業者は正規のものではない、いわゆるヤミ金といえるでしょう。
個人情報機関では消費者ローンやクレジットに関する信用情報を加盟各社から収集して、請求に応じて個人の情報を開示しています。

個人情報機関にはどんなところがあるか

日本の個人情報機関は以下のナンバー3が有名です。

  • CIC……信販会社メイン
  • JICC……消費者金融、信販会社メイン
  • 全銀協……銀行メイン

このナンバー3で正規金融機関のほぼすべての信用情報を網羅しているといっても過言ではありません。
しかもナンバー3はお互いに情報を共有しているので、どこかひとつの信用機関でブラックリストにのってしまうと、信用情報にキズがつき、審査を通るのが難しくなってしまいます。

ブラックリスト入りしてしまう金融事故とは

ブラックリストとは金融事故のリストに載ることです。
金融事故とは信用情報がどのようになっている状態のことなのでしょうか。

金融事故とは

金融事故とはたとえば自己破産、任意整理、個人再生などの法的整理が行われた場合のことです。
また、クレジットカード、カードローンなどの返済ができなくなって、金融会社から強制的に契約解除されるというような状態も金融事故です。
延滞を繰り返すのも金融事故として登録されています。
しかし、個人信用情報機関には「金融事故」ではなく「異動」という言葉で表記されています。

ブラックリストに載ると信用情報は終了か

一度でもブラックリストに乗ってしまうと、もう信用情報はダメになってしまうのでしょうか。
一生クレジットカードを作ることもできないのでしょうか。

ブラックリストに乗ると何が起きるか

ブラックリストに乗ると、住民票、戸籍、運転免許証などにまで記載されるのではないかと不安に思っている人もいますが、それは違います。
ただ、個人の信用情報にキズがついてしまうというのは事実です。
公的な個人情報に紐付けられることこそありませんが、クレジットカードやローンの審査に通りにくくなってしまうのです。

自分の信用情報を知ることはできるのか

もし、自分がブラックリストに乗っているのかどうか知りたいのであれば、個人信用情報機関に問い合わせて開示請求することもできます
メール、郵送、窓口と好きな方法を選択することも可能です。

もしブラックリストに載っていたらどうするか

万が一、ブラックリストに乗っていたとしても、一生クレジットカードを作れないということはありません
なぜなら信用情報には保存期間が決まっていて、最長でも5年後には破棄されるからです。
もしも審査に通らなかったとしても、何年か後にもう一度トライしてみたら、あっさり通ってしまったという例は結構あります。
信用情報は回復できるのです。
しかし、自己破産などの重大な金融事故は、最大で10年間保存されることもあります。
必ず信頼を回復できるという保証もありません。

重大な金融事故から信用情報を回復するには

たとえば金融業者から借り入れをしたまま踏み倒して逃げ続けているとしましょう。
もちろん、重大な金融事故として記録されるのはいうまでもありません。
しかし、一般的に金融業者からの借り入れは最後に支払った日から5年が経過すると時効と見なされることもあります
もし、裁判所に提訴されていて支払い命令が確定していたとしても、判決の日から10年で時効となる場合もあります。
時効があるからといって逃げ続ければそれで許されるわけでは、もちろんありません。
借金の時効というのは、貸した側が手続きを開始しなければ、いつまでも時効にはならず、したがってブラックリストに記載されたままの状態が続いているのです。


ブラックリストに乗っても信用情報は回復できるとはいえ、それには長い年月が必要です。
それよりも、まずブラックリストに載らない方法を考えることが大事です。
融資を受けたという事実そのものは金融事故でも何でもありません。
たとえそれが即日融資であっても同じです。
大事なのはどのような融資を受けようとも、クレジットでどう買い物をしようとも、きっちりと返済していくことに他ならないのです。