カードローンの審査基準とは?審査に通る人と落ちる人

審査の基準

初めてカードローンを利用するときには、審査に通るかどうか不安なものです。

実際のところカードローンの審査基準は各社公表していないため、申し込んでみなければ審査に通るか落ちるか分かりません。

しかし過去のデータから、カードローンの審査に通りやすい人と通らない人の特徴を探すことはできます。

そこで今回は当サイトが考えるカードローンの審査基準、審査に通る人と審査に落ちてしまう人のボーダーラインを解説していきます。

カードローンを利用したいけれど審査が不安という方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずはなぜカードローンの審査基準が分からないのか解説していきます。

カードローンの審査基準は分からない?

カードローンでは審査に落ちたからといって、審査に落ちた理由が申し込み者に伝えられることはありません。

またカードローン業者に問い合わせてみても、年収がどれくらいあって勤続年数がどこまであれば審査に通るといった情報を教えてくれることはありません。

そのためカードローンの審査基準が、業者側から明かされることはないのです。

加えて同じカードローンであっても、時期によって審査基準は変わっていきます。業績に応じて積極的に融資を行えるところもあれば、融資に慎重になる業者もあるからです。

口コミや評判を調べてみても、似たような条件でも審査に通る人もいれば、審査に落ちてしまう人もいます。これはカードローンの審査基準が時期によって異なるからです。

このような理由からカードローンの審査基準は分からなくなっています。

しかし各業者の申し込み条件や、評判や口コミなどを見ていくことで、おおよその審査基準は推測することができます。

また大手消費者金融では審査通過率を公開しているので、審査に通る人の割合を正確に知ることができます。

ここからは、当サイトがこれまで調べてきたデータや口コミなどを参考にして推測した、カードローンの審査基準を紹介していきます。

年収はいくらあれば審査に通る?

もちろん年収はあればあるほど審査が有利になりますが、年収が低いからといって審査に通らないということはありません。

年収が低かったとしても、半年以上継続して給与を貰っている方であれば、審査に通る見込みは高いです。

カードローンの審査では収入の高さよりも、どれだけ収入が安定しているかどうかが重要となります。

目安としては先ほども書いたように、半年以上安定して給与を貰っていれば、他に問題がないかぎり審査には通ります。

しかしカードローンによっては、申し込み条件で最低年収を指定しているところもあります。申し込み条件を満たしていなければ融資が行われることはないので、申し込み前に確認しましょう。

また収入が低ければ返済力が低いと判断され、貸付限度額は低くなります。

特に消費者金融では貸金業法で定める総量規制によって、年収の1/3以上の貸付は制限されています。そのため年収が低ければ限度額はかなり低く制限されるのでご注意ください。

アルバイトやパートは審査に落ちやすい?

アルバイトやパートなどの非正規社員は、雇用が不安定であるため正社員と比べて審査には落ちやすくなります。

しかしアルバイトやパートの方でも、雇用期間が長ければ評価は高くなります。また希望限度額を低く抑えておけば、審査にも通りやすくなります。

大手消費者金融や銀行カードローンの中には、アルバイト・パートでも審査に通ると明記されているところも多いので、過度に心配する必要はありません。

しかし働き始めて1~3カ月と極端に短かったり、在籍確認が出来なかったりすると、審査に落ちる可能性が高くなります。

アルバイトやパートでカードローンに申し込むのであれば、雇用期間が半年を超えるまで待ってもみるといいでしょう。

借金を抱えていると審査には通らない?

カードローンではすでに他社から借金を抱えていると、審査は不利になります。

しかし借入額と年収のバランスを見て、まだ返済に余裕があるのであれば融資が行われる可能性は十分にあります。

ただし消費者金融では総量規制があるため、年収の1/3以上の貸付が制限されています。そのため他社借入がある方は総量規制の上限に達していないか確認しましょう。

銀行カードローンでは総量規制に関係なく貸付が可能ですが、年収の1/3以上借金を抱えている方にはなかなか融資を行いません。

他社借入がる方は年収の1/3というのを一つのボーダーと考えるといいでしょう。

また他社からの借金を少なく見せようとして、申し込み時に嘘をつくのだけはやめておきましょう。カードローンの審査では個人の信用情報が確認されますが、信用情報には現在の借入状況は記録されているからです。

あとの審査で正確な借入総額はばれてしまうので、絶対に嘘はつかないようにしましょう。

信用情報ではどこが見られる?

カードローンの審査で見られる信用情報には、あらゆる情報が記録されています。

過去の申し込み時の記録や、これまでの返済履歴、そして現在の借入総額などです。

信用情報を見ればその人がこれまでどういう融資を受けてきたのか、またどうやって返済してきたのかは一目で分かるようになっています。

そのため過去に他のローンで返済の延滞をしたことがある方や、現在借金を抱えている方は信用情報を確認されて、審査が不利になってしまうのです。

また過去に長期の返済延滞(2カ月以上)をした方や、債務整理を行った方の信用情報には、事故情報が記録されています。

事故情報が記録されている人はブラック扱いとなり、カードローンの審査はかなり不利になってしまうのです。

カードローンの審査に何度も落ちてしまうという方は、自分の信用情報がブラックになっていないか確認しておくといいでしょう。

ブラックだと絶対に審査は落ちる?

大手の消費者金融や銀行カードローンでは、基本的にブラックでは審査に通りません。

しかしブラックになってから数年経っており、収入が安定しているようであれば、きわめて稀なことですが柔軟に対応してもらえるケースもあります。

また大手のカードローンではなく、規模の小さい業者のカードローンであればブラックでも柔軟に審査を行っていることもあります。

名前の知らない消費者金融を利用するのは怖いですが、どうしても審査に通らないという方は検討してみるといいでしょう。

ただし知名度の低い消費者金融の中には、闇金が潜んでいる可能性もあります。

利用する前に必ず正規のカードローン業者かどうか確かめるようにしましょう。

審査に通りやすいカードローンの見極め方は?

最後にこれまで紹介したカードローンの審査基準を踏まえて、審査に通りやすいカードローンの見極め方を紹介していきます。

確実に借りられなければ困るという方は、これを参考に審査に通りやすいカードローンを利用してみてください。

金利が高いと審査に通りやすい

カードローンの審査基準は、金利の高さに大きく影響します。

金利が高ければ一人あたりの利息が増えるため、多少返済リスクの高い顧客にも融資を行えるようになります。また優良な顧客は低金利のカードローンを利用するため、リスクがあっても貸し付けを行うしかないのです。

逆に金利の低いカードローンでは一人当たりの利息が少ないので、返済できなくなる人が増えると利息が確保できなくなります。そのため審査基準を厳しくして、返済する可能性が高い人にしか融資を行わないのです。

そのため審査に確実に通りたいという方は、金利の高いカードローンを利用してみるのもおすすめです。

大手よりも中小の消費者金融の方が審査は甘い

中小の消費者金融では、顧客のほとんどを大手に取られてしまうので、積極的に貸付を行っています。

また中小の消費者金融は大手よりも審査に通りやすい傾向にあるので、その分審査にも通りやすくなっています。

知名度の低い消費者金融を利用するのは不安ですが、貸金業協会に登録している業者であれば安全です。利用する前に貸金業協会に登録しているか、また国か都道府県から認可を得ているか確認するようにしましょう。

銀行と消費者金融はどちらが審査に通りやすい?

銀行カードローンと消費者金融では、一般的に消費者金融の方が審査に通りやすいと言われています。消費者金融の方が金利が高いからです。「

しかし銀行と消費者金融の金利差は資金の調達方法も大きく関わっています。

銀行であれば自前の資金で融資を行えるので金利を安くできますが、消費者金融は銀行から融資を受けて貸付を行うので金利が高くなってしまうのです。

そのため金利の差が審査基準の差にそのまま繋がらないケースもあります。

また三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行カードローンなどは、大手消費者金融をグループ会社としており、審査は殆ど消費者金融に任せています。

審査システムが変わらないため、審査基準も大きく変わらないという噂もあります。

現に銀行カードローンはここ数年で、消費者金融業界の貸付残高を抜かしており、差はどんどん広がっています。銀行カードローンの方が積極的に融資を行っているのです。

こうしてみると、大手消費者金融でも銀行カードローンでも、審査基準に大きな差はないと考えた方がいいでしょう。

まとめ

カードローンの審査基準は分からないことが多いので、間違った知識を覚えてしまっている人が多いです。

消費者金融なら誰でも通る、銀行カードローンの審査は厳しいなど、一昔前のイメージが未だに残っていることもあります。

しかしこの記事で伝えたように、カードローンの審査は誰でも通るものではありません。条件を満たしていなければ審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

だからといって年収が低かったり、借金があるからといって審査に通らないわけでもありません。

大切なのはカードローンの審査基準を正しく理解して、審査に通るカードローンへ申し込むことなのです。

これからカードローンに申し込むという方は、ぜひこの記事を参考にして無事審査に通ることを祈っています。