カードローンの審査には担保や保証人は必要?

シェアする

コンサルタント二人の写真

消費者金融などが行うカードローンでは、基本的に担保や保証人が必要ありません
個人の信用を基に行う融資なので、原則的に自分一人で申し込んでお金を借りることが可能です。そのため、とにかく急いでお金を借りたいという方にもおすすめなのです。

カードローンに保証人・担保がいらない理由

ローンといえば従来は、保証人・担保がかかせないものでした。
もし、借り主が何らかの事情で返済できなくなった場合のリスクを回避する必要があるからです。
それではなぜ、カードローンでは保証人・担保が必要ないのでしょうか。

多種多様なカードローンがある

カードローンにはさまざまなものがあります。
銀行系、信販系、消費者金融系などがありますが、いずれのタイプでも申し込みの際の審査は保証会社が代行しています。
カードローンの商品説明には必ず「所定の保証会社の保証を受けることが必要」との旨が記されています。
それは、銀行、信販会社、消費者金融などが指定する保証会社による審査が行われるという意味なのです。

カードローンのカギを握る保証会社とは?

保証会社とは、じつは消費者金融や信販会社です。
消費者金融や信販会社には保証部門もあって、自社および他社からの依頼を受けてカードローン申請時の信用調査を行っています。
返済が滞った場合には回収業務を代行しています。

なぜ保証会社を利用するのか

保証会社を利用することは、貸す方にも借りる方にもメリットがあります。
貸す側は審査から債務管理までの業務にかかるコストを削減できますし、借りる側にいち早く審査結果を知らせることもできます。
一方、借りる側も、保証人や担保を用意する必要がなくなるので、大変便利です。

保証会社を通すと保証人・担保が必要ない理由

カードローンに保証人・担保が必要ないのは、じつは保証会社が保証人のような役割を果たしているからなのです。
たとえばもし、カードローンの返済が滞った場合には、保証会社が代行して貸し主に一括返済してしまいます。
その上で、今度は保証会社が借り主に催促するという仕組みになっているのです。

銀行カードローンと保証会社

たとえば低金利の銀行カードローンを利用したとしても、もしも返済が滞ってしまうとグループ内の消費者金融業者に債権が移行してしまい、消費者金融業者からの返済の督促を受けながら、高金利の返済をしなければいけないこともあります。
銀行ならではの低金利、信頼性などにひかれて利用を開始したカードローンだったとしても、そうなってしまっては何のメリットもないといっても過言ではありません。

保証人・担保不要のメリット・デメリット

保証人も担保も必要ないカードローンにはさまざまなメリットとデメリットがあります。

保証人・担保不要のメリット

保証人・担保が必要なローンは、保証人に書類への記入や所得証明書を用意してもらうなど、さまざまなお願いをしなくてはいけません。
そもそも、保証人になってくれる人を探すのにも一苦労です。
しかし、保証人・担保不要のカードローンならば保証人になって欲しいと頭を下げる必要もありません。
誰にも知られずにお金を借り入れることができるのです。

保証人・担保不要のデメリット

誰にも相談せずにお金を借りるというのは気楽かもしれませんが、万が一発覚してしまった時に家族などと軋轢を生みがちです。
家族が知らないうちに借金をしていて気持ちがいい人はあまりいないでしょう。

カードローンは限度額が少ない

また、保証人・担保が必要なローンと比較すると、カードローンの限度額はどうしても少なめです。
100万円も借りられない場合がほとんどなので、それ以上の金額を必要としている場合には不向きです。

カードローンは金利が高め

カードローンは多目的ローンとも呼ばれ、利用目的は限定していません。
何でも使うことができる自由はありますが、自動車ローンや住宅ローンなどの利用目的を限定しているローンとくらべてどうしても金利は高めです。
たとえば住宅ローンは1%から3%程度ですがカードローンは5%から18%にも及ぶケースさえあります。
利用目的限定型ローンは住宅や自動車が担保となるため、このような低金利が実現できるのです。
一方のカードローンは保証人も担保も不要で、貸し付ける側のリスクが高くなっているため金利も高くなってしまうのです。

カードローンで保証人が必要となるケース

カードローンの審査の結果「保証人をつけてくれたら可決したい」といわれるケースがまれにあります。
「保証人・担保不要のはずなのにこんなことをいわれるのは、やんわりと断ろうとしているのか」と、勘ぐりたくもなりますがそうではありません。
他社からの借入がすでにいくつかあるなど、本人の信用状態が微妙な場合には保証人を求められてしまうことがあるのです。

カードローンは個人の信用だけが担保

カードローンは、本来は個人の信用だけが担保となっているローンです。
保証人を要求されるというのは個人の審査結果がグレーゾーンという意味であり、けっして断ろうとしているわけではありません。
「あと一歩で契約できる」ということなので、そのような事態になった場合には何とか保証人を見つけることをおすすめします。


保証人・担保不要で何に利用しても良いカードローンは自由度が高い素晴らしい商品のようにも一見思えます。
しかし、利用限度額が低めで金利は高めなど、ローン商品としては必ずしも最良のものではないので注意しなければいけません。