キャッシングの審査では限度額はどうやって決まる?

シェアする

お金と虫眼鏡

カードローンやクレジットカードの審査は、利用可能かどうかだけを調べるものではありません。
お金を借りる人によってその上限は異なり、限度額の調査も目的としているのです。

限度額は

カードローンの申し込みサイトなどによく「最高50万円まで」などと記載されています。
しかし、いざお金を借りるために申し込んでみると「限度額は30万円まで」などと審査結果が出て、「おかしい!」と、思ったことがある人もいるかもしれません。

しかし、これはおかしいことはありません。
限度額はお金を借りる人のスペックや信用情報によって左右され、誰でも最高額までお金を借りることができるわけではないのです。

限度額を決める信用度

限度額の審査結果は、おもにお金を借りる人の信用度によって決まります
信用度とはまず、どんな会社に何年ぐらいどのような形態で働いていて、年収はいくらぐらいなのかということです。
当然、大手企業で正社員として長年働いている人の方が、中小企業に派遣社員として働き始めたばかりの人よりも信用度はあります。
信用度とは「支払い能力がどれぐらいあるか」ということなのです。
お金を借りる人の信用度が高いほど、審査の結果、限度額も高くなります。

限度額を決める信用情報

お金を借りる人の信用情報もまた、限度額の審査結果に大きく影響を及ぼします。
いくら信用度は高くても、信用情報にキズがあるようでは、審査の結果、限度額は少なくなりがちです。

もし、お金を借りる人の社会的信用度はそれほど低くないのに、最高額まで利用できないという審査結果が出たならば、何らかの信用情報にキズがついていることが考えられます。
信用情報は情報調査機関にメール・電話などで開示請求できるので、問い合わせてみるのもひとつの方法です。

もちろん情報開示も大事なのですが、事実を知ったとしても限度額がアップするわけではありません。
お金を借りる人の審査結果は一度出たらもうその水準が一生保たれてしまうようなものなのでしょうか。

限度額は増額できる

お金を借りる人にとって、不本意な審査結果は納得できるものではありません。
限度額というのは一度低くされてしまったら、ずっとそのままなのでしょうか。

限度額は引き上げられる?

カードローンなどはお金を借りる人が気づかないうち、いつの間にか審査結果以上の限度額に増額されていることがあります
いったい何が起きているのでしょうか。

良い利用状況が限度額をアップする

お金を借りる人の一度出た審査結果よりも限度額がアップされているとしたら、それは信用情報が評価されたと考えられます
信用情報は一度キズがついたとしても、最長でも5年でデータが破棄されます。
新たに契約したカードローンなどで延滞等なく、クリーンな支払いを続けていれば限度額が上がることもあります

たとえば、カードローンでお金を借りる人のカード更新時期などのタイミングで、10万円ずつ引き上げになることもあります。
何をもって優良顧客とするかは各社で異なるので、A社がアップしたらB社もというわけではないので注意しましょう。

自分で限度額アップを申請することもできる

もちろん、お金を借りる人が自分で限度額アップを請求することも可能です
新たに審査が行われ、それを通過すれば無事に増額できるわけです。
この際、どこまで限度額アップを要求するかによって審査の通過しやすさも異なってくるので要注意です。
とりあえず、やや少なめに申請することが審査パスのコツです。

限度額アップを請求する方法

限度額アップを依頼するにはさまざまな方法があります。
お金を借りる人の都合の良いものを選択しましょう。

ネットを利用する

たとえばカードローンの専用サイトで限度額の申請が可能な場合もあります。
審査結果は電話やメールでの連絡になり、店舗に足を運ぶまたは郵便を待つ必要がありません。

電話をする

お金を借りる人が電話をして限度額を上げてもらうこともできます。
もし審査が通らなかったら、理由を聞いてみることも可能です。


どのような方法で限度額アップを要求するにせよ、いずれにしても信用情報を回復させなくてはいけません。
それにはクレジットカードでも何でもできるだけたくさん利用して、その都度きちんと返済し、信用できる返済実績をひとつでも多く作ることです。

一度信用情報にキズがついてしまうと、なかなか新しいカードなどを作るのは難しいかもしれません。
しかし、比較的審査がゆるいカードもあります。
そのようなカードで買い物をして、きっちり返すことをひとつひとつ積み重ねていきましょう。
くれぐれもそこでまた延滞するようなことのないように気をつけましょう。