ネット申し込みからどうやって即日融資を受ける?

シェアする

スマホとノートパソコン

消費者金融でも銀行カードローンでも、ネットや自動契約機など様々な申し込み方法で即日融資が可能です。急いでお金を借りたいという方は、必要な書類など前もって準備しておくといいでしょう。

即日融資にはいろいろな方法がある

即日融資を受けるには、さまざまな方法があります。

  • 電話で契約する
  • 自動契約機を利用する
  • ネット申し込み

それぞれの方法でメリットとデメリットがあります。

電話での契約

各業者の公式サイトに申し込み電話番号はだいたい記載されています。
オペレーターとの直接やりとりになるので、疑問点を質問することもできるのは安心です。
しかし、生身の人間を相手にするというのはどうしても気まずさもあるものです。

また、電話だけで契約が完了するわけではありません
もし、即日融資を希望しているならば店舗か無人契約機にまで足を運ぶ必要がどうしてもあります。

無人契約機での契約

だいたいどの金融機関にも無人契約機があります。
最近では銀行の一角に金融機関の無人契約機が設置されていることもあります。
必要書類の提出、本人確認書類のスキャニングなどもいっぺんに行うことができます。

疑問点をオペレーターに聞くこともできて便利ですが「無人」とはいえ、最終的にはオペレーターと何らかのやりとりをしなくてはいけないというのが実際のところです。
審査が通らなかった場合などは、非常に気まずいものです。

ネット申し込み

ネット申し込みならば、本契約にトライする前に借り入れができるかどうかの簡単なテストもできます。
自宅ですませることができるという以外にもネット申し込みにはさまざまなメリットがあります。

即日融資の審査の特徴

とにかくスピーディー

即日融資を希望しているならば、スピーディーなネット申し込みがイチオシです。最短ならば30分ほどで通知のメールが届きます

PCがなくてもOK

ネット申し込みというからには、パソコンがなければダメなのではないかと考える人も多いでしょう。
しかし、最近ではスマホや携帯電話から申し込みをできることがほとんどです。

保証人も不要

ネット申し込みならば保証人も不要です。誰かにお願いしなければいけないというわずらわしさもありません。

審査に通過後は指定口座へ振り込み

ネット申し込みで即日融資の審査が通過したら、次は指定口座、指定時間、振込金額を指定します。あとは振り込みが完了するのを待つだけです。

正式な書類は後日

即日融資のネット申し込みの正式な書類は後日郵送で届きます
必要事項を記入し、身分証明証のコピーなどを同封して返送します。
借入額が50万円以上、もしくは他社からの借入額の総計が100万円を越えてしまう場合には収入証明書のコピーが必要な場合もあります。

即日融資のネット申し込みの注意点

驚くほどスピーディーなネット申し込みによる即日融資。
しかし、じつは各社で微妙にサービス内容も違うので注意しましょう。

無人契約機に行かなければいけないこともある

すべての消費者金融がネット申し込みさえすればカードがなくても振り込みまでしてくれるわけではありません。
それは振り込みキャッシングサービスを提供している会社だけになります。
場合によってはネット申し込みで審査まですませた後、無人契約機でカードを発行しなければいけないこともあります。

即日融資可能な時間帯も注意

ネット申し込みで振り込みキャッシングサービスまで提供している場合でも、何時までの申し込みでなければ即日融資は無理というタイムリミットはあります
各社時間帯が設定されているので、必ず公式サイトなどで確認しましょう。

借り過ぎに注意

自宅にいながらクリックひとつでお金を借りることができるというのは便利な反面、「借金をしている」という自覚を生みにくいものです。
オペレーターなどに一切接触しないことも可能なため、恥ずかしさもありません。
返済に困るほど借りるようなことのないように、くれぐれも気をつけましょう。


ネット申し込みの即日融資というのは確かに便利です。
何よりも家族はもちろんオペレーターなどの目を気にすることなく、スピーディーに融資を受けることができるというのは魅力的です。
現代日本の成人のうち、借金をしたことがある人は1200万人にも増加しているというデータがあります。
これは成人の5人に1人が、借金経験があるという計算になりますが、即日融資のネット申し込みのような気兼ねなく利用できる商品の登場と無関係ではないでしょう。

借り入れをすることがより身近になっているとはいえ、利用はあくまでも計画的に行いたいものです。
非常に便利な即日融資のネット申し込みも、いざという時まではひかえる方が賢明かもしれません。
ここぞという時に役立てたい即日融資です。