家族が借金しているけど審査には通る?

借金に悩む家族

夫が借金をしている場合の妻の借入

たとえば夫のみが借金をしていて、妻が新たに借り入れをしたいと考えているとしましょう。
夫の借金と関係なく妻の審査が通る場合もありますが、以下のような状況では審査は通りません

  • 妻が専業主婦で収入がない
  • 夫に収入がなく、妻の収入で返済している
  • 夫婦あわせての借金が世帯収入の3分の1を越えてしまう

専業主婦の場合

家族の借金の有無にかかわらず、基本的に専業主婦は借入審査に通りません
審査が通る場合もありますが、それには夫に定収入があり、なおかつ夫が自らの収入で返済することを許可した場合に限ります。
返済責任を負う夫自身に借金があるのでは、どうしても審査は通りにくくなってしまいます。

夫に収入がない場合

収入のない夫が、妻の信用情報に頼って借り入れしているというパターンです。
定収入もきちんとある妻が初めて借入を申し込んだにもかかわらず審査が通らず、よく調べたら夫の借金が発覚したというケースもあります。
いくら自分の勤務先がしっかりしていても、収入のない家族が自分をあてにして年収の3分の1を越える借り入れをしていた場合、新たな審査は通りにくいのです。

世帯収入の3分の1を越える場合

もし夫婦ともに働いていたとしても、審査がスムーズに通るとは限りません。
夫がすでに世帯収入の3分の1以上の借金をしていた場合も、妻の審査は通りにくくなります。

家族に借金があっても審査を通るには?

一概に家族が借金をしていると必ず審査は通らないとはいえません。
場合によっては家族の借金とは関係なく審査をパスすることもあるのです。

家族の借金にかかわらず審査をパスする条件

少なくとも、以下のような条件を満たしていれば家族の借金とは関係なく審査をパスできる可能性があります。

  • 新たに借り入れをしようとしている人自身に十分な収入がある。
  • 家族の借金がまだ世帯収入の3分の1以下であり、これから借りようとしている分を含めても3分の1以内におさまる。

家族の借金の返済義務について

家族に借金があった場合、自分の審査が通るのかどうかも確かに心配です。
しかし、忘れてはいけないのが家族の借金に関する支払い義務です。

必ずしも支払い義務はない

家族の借金の督促状には「連帯責任がある家族が支払うのは当然」のような文言が記されていることもあります。
しかし、じつは法的な義務は必ずしもないということに注意しましょう。

貸金業法に注目

お金の貸し借りは必ず貸金業法という法律を遵守して行わなければいけません。
貸金業法の中では利息の上限や借り手の限度額などが細かく定められていますが、その中に「家族の借金は他の家族が支払う義務がある」という条文はありません。
督促状を「無効な請求」として無視しても問題ありませんし、当然、処罰されることもないのです。

法的に支払い義務が生じるケース

ただし、家族の借金を「無効な請求」として拒否できるのは、借金をした家族が生きている場合に限ります。
もしも死亡してしまうと、負の遺産として肩代わりしなくてはいけなくなりますが、これも相続放棄の手続きをとることで回避することも可能です。

借金をした家族が存命中でも、もしも連帯保証人、保証人、連帯債務者などになっていた場合には支払い義務が生じてくるので要注意です。
これは「家族として」ではなく「連帯保証人として」「保証人として」「連帯債務者として」の支払い義務なので、混同するのは間違いです。

ただし、連帯保証人、保証人、連帯債務者などになるには契約書の捺印などさまざまな手続きが必要です。
「知らない間に家族の借金の連帯保証人になっていた」というような状況はありえませんし、何らかの違法手続きを行っている可能性があります。
請求にはけっして応じずに即刻、弁護士に相談しましょう。

未成年の子どもが借金していたらどうするか?

家族の借金というと夫または妻を思い浮かべる人も多いことでしょう。
しかし、子どもが知らないうちに借金をしていて自分の審査が通らないという事態もあるのです。

未成年者の無断の借金は原則的にありえない

貸金業法では、親の承諾なしに未成年と契約を結ぶことを禁止しています。
そのような違法行為で結ばれた契約は、法律上は無効となり、取り消しを請求することができます。
未成年の子どもの借金は、子自身にも親にも元金の返還義務のみがあり、返済義務はないのです。

注意が必要な未成年の借金

たとえば、子どもが親に無断で保証人欄に親の名前を書いていたとしても、契約は取り消すことができます。
しかし、注意が必要なのは子どもが年齢を詐称していた場合です。
子どもが20歳以上であると偽って契約を結んだ借金に関しては取り消しできないということだけは覚えておいてください。