カードローンの返済方法にはどのような種類があるの?

シェアする

返済に困っている男性

カードローンを利用する前には、必要な金額をどう借りるか、各社商品をじっくりと比較検討する人は少なくありません。
しかし、一度借り入れることができたら、なんとなく言われた通りに最初のままの返済方法を守っている人が大半なのではないでしょうか。
じつはカードローンは返済方法次第で総返金金額も大きく異なってくるので注意が必要です。
カードローンの返済方法は以下のような手法を基本としています。

カードローンの返済方法について

リボルビング払い

リボ払いとも省略されるリボルビング払いは毎月の返済額を一定にするという返済方法です。
いくら借りても毎月の返済額は変わりませんが、じつは支払い期間が伸びているという点は要注意です。

元金均等払い

元金を返済回数で均等に割った額と、そのつどの元金残高に対する利息を払う返済方法です。
初期の負担こそ大きいものの、完済が近づくにつれて楽になるという特徴があります。

元利均等払い

毎月の返済額がほぼ一定になるように元金部分と利息部分を組み合わせた返済方法です。
もっとも一般的な返済方法といわれています。

実際のカードローンの返済方法

以上のような手法は単独で使用されることはあまりありません。
実際のカードローンの返済方法はいくつかの手法を組み合わせた次のようなものになっています。

  • 残高スライドリボルビング払い
  • 元利定額リボルビング返済方式
  • 元金定率リボルビング返済方式

残高スライドリボルビング方式

現在、カードローンの返済方法でもっともポピュラーなのが、この残高スライドリボルビング方式です。
リボルビング払いの毎月の返済額を、借入金の残高に応じてスライドさせていくのがこの残高スライドリボルビング方式です。
たとえば残高が50万円以上ある期間の毎月の返済額を10,000円としたら、30万円以下まで減ってきた時には5,000円まで減らしましょうという方法です。

だんだん負担が減っていく安心な返済方法のようにも思えるかもしれません。
しかし、カードローンは追加で借り入れすることも、比較的容易であるということも考慮にいれる必要があります。
どんどん追加で借りているうちに、いつの間にか総量規制いっぱいまでかさんでいたというケースもめずらしくありません。

また、返しては借りるのを繰り返していて、残高がずっと利用限度額ギリギリの高水準のままで、返済額もいつまでも最大値ということも結構あります。
これではだんだん負担が少なくなるはずの残高スライドリボルビング方式のメリットを、少しもいかしていないことになってしまいます。

元利定額リボルビング払い

カードローンを提供している会社から、残高スライドリボルビング払いを元利定額リボルビング払いに変更することを提案されることがあります
定利金額リボルビング方式とは、毎月定額を支払ながら、その中から利息分を差し引いた分を元金返済にあてるという返済方法です。
利息分が多ければそれだけ元金返済は少なくなり、返済期間が長くなってしまいます。

元金定額リボルビング払い

毎月、一定額の返済をしながら、そこに利息をプラスして支払っていく返済方法
です。
返済額は利息分が多い最初こそ負担かもしれませんが、完済が近づくにつれてほぼ元金返済分のみになっていきます。
元利定額リボルビング方式にくらべると返済期間が短くてすむ傾向があります。

カードローンの返済に際しての注意点

どの返済方法を選んだとしても毎月の返済額は5,000円程度、あるいは多くても数万円程度です。
それは百万円近い借り入れがあったとしても同様で「多額の借金をしている」という実感を持ちにくいのがカードローンの難点です。
「いつまでたっても支払いが終わらない」と感じることも多々あるぐらい、返済期間が長引きがちなのも問題です。

じつはなかなか減らないリボ払い

リボ払いの多くは元利契約です。
最初は「無理のない返済額にしよう」と低めの設定をしがちなことが後々あだになることもあります。
返しては借りを繰り返しているうちに借り入れ総額がふくらんでしまった場合、返済額のほとんどが利息分にあてられてしまうという事態に陥ってしまうのです。
これでは元金はいつまでも減らず、返済期間が長引いてしまうのも当然です。

ヤミ金カードローンだけはダメ

審査が甘いカードローンだからといってついヤミ金に手を出してしまうと、いわゆるグレーゾーン金利にひっかかってしまうこともあります。
なかには金利が年29%を超えるようなとんでもない高金利のカードローンもあり、まさに「いつまでも利息分だけを支払い続け、元金がいっこうに減らない」という負のスパイラルはすぐそこです。
大きな金額を極端に少ない月々の返済額で提案している商品は、ヤミ金カードローンの可能性大です。
くれぐれもひっかからないようにしましょう。