カードローンの返済期日を遅延してしまった場合はどうなる?

返済に困っている主婦

最近では専業主婦でも借り入れ可能なカードローンも増え、月末の生活費不足分を補充するために使っている人もめずらしくありません。
しかし、毎月の借入額は少なくても積もり積もって限度額いっぱいになってしまい、返済が滞るケースが目立っています。
1回あたりの利用額こそ少ないものの毎月繰り返しているうちに、大きな額の借金と化してしまうのです。

借り入れしたお金は必ず返済する!

通常借り入れしたお金には「利息」がかかりますので、元本に上乗せした金額を返済することになります。
借金の元本や借り入れしている期間にもよりますが、借入先が消費者金融のように高金利の場合は利息分だけでもばかにならない金額となります。
だからといって、返済しないわけにはいきません。借金を返済しないと、恐ろしいことが待ち受けています…。

損害金、延滞金について

借金を返済せず、期日を過ぎてしまった場合、ペナルティーとして賠償金を支払わなくてはいけません。
これはいわゆる罰金と同じです。
こちらは別名で「遅延利息」とも呼ばれています。
借金返済を引退したら、その債務者は借入先元本の返済利息とは別にお金を払わなくてはいけません。
キャッシングやカードローンにおける遅延損害金の上限利率は利息制限法で現在20%までと定められています。
貸付業者は20%以下の利率であれば自由に率を設定することができます。

損害金の計算方法

遅延損害金の計算方法はほとんどの場合、払い遅れた日数分で計算します。
【借入残高×損害近年率(%) ÷ 365×期限からの経過日数】
となります。20%という数字は非常に大きく、10万円借りたとして1年間延滞してしまった場合には利息とはまた別に遅延損害金として2万円支払わなければいけません。
ほとんどの消費者金融や銀行系カードローンの遅延損害金の利率は20%に設定しているので、期日には十分注意して金融商品を利用しましょう。
お得な借り入れを行いたいのであれば、決められたルールをしっかり守ることです。

借金を一本化するメリット

銀行や消費者金融といった金融機関では複数社から借り入れしている借金を一本化する「おまとめローン」と言うものがあります。おまとめローンを利用すると月々の返済金額や金利の負担を減らすことができます。
また、返済日を1日に取りまとめることができるので、返済の管理が非常に楽になります。
複数社の金融機関からお金を借り入れしている状態だと、各金融機関からの請求や利息をそれぞれ1つずつ対応しないといけないため、返済における管理が難しくなります。
これをおまとめローンにより一本化することで、借金をわかりやすく整理することができるのです。

カードローンの返済期日が過ぎた場合の対処法

カードローン返済の遅延予定はまず電話を

生活費の補填のために借り入れていたということは、当然、夫には内緒ということがほとんどです。
しかし、返済が遅延してしまうと金融会社から督促状が届き、カードローンを利用していたことが発覚してしまいます。

そうならないためにも、もし返済が遅延しそうな時にはできるだけ早くコールセンターに電話するようにしましょう。
会社によっては専用サイトの会員ページから遅延する旨を連絡することができる場合もあります。

電話連絡で具体的に何を伝えるか

カードローン返済に遅延しそうなことをコールセンターに伝える時に、ただ「遅れます」というだけではNGです。
少なくとも以下のようなポイントは伝え、カードローン会社に誠意を表しましょう

  • なぜ遅延するのかの理由
  • 何日までに支払うことができるのか具体的な返済日
  • 返済予定の金額

返済予定の金額はもちろん請求額通りが一番良いのですが、どうしても近々には十分な額を用意できないケースもあります。
「いつまでにいくら用意できるのか」をオペレーターに伝え、なるべく早く可能な分だけを支払うべきか、少し期間は空いてしまっても満額そろえた方が良いのか、指示をあおぐようにしましょう。

連絡をしても遅延記録は残る

しかし、遅れることを連絡しさえすればカードローン返済は遅延してもかまわないということではありません
返済期日を守れなかったという遅延記録は信用情報にシッカリと記されてしまうことにかわりはないのです。

返済すれば遅延記録は消える

カードローン遅延記録は永遠に残るというものではありません。
返済をすれば削除されることになってはいます。
しかし、すぐに消されるというわけではなくしばらくは残っていますし、度重なれば返済遅延常習者として履歴が残ってしまい、信用情報にキズがつくことになります。

信用情報とは?

信用情報は、たとえば銀行系のカードローンならば全国銀行個人信用情報センターに記録されます。
カードローン、クレジットカードなどの契約内容と返済状況を記録しています。
具体的には以下のようなものになります。

  • 入会の有無
  • 遅延の履歴
  • 代位弁済の履歴
  • 強制回収手続等の事実

以上のような情報を、契約開始日から契約終了日から5年間は記録しています。
契約終了日を迎えても完済されていない場合には、契約終了日ではなく完済日から数えて5年になります。

遅延記録は、いつかは消えるとはいえ、じつは5年間は残っているのです。
その間は信用情報にキズがあるような状態なので他社の審査が通らないなど、さまざまな不都合が発生してしまう可能性があります。
やはり返済は遅れないのが一番なのです。

カードローン返済を遅延した場合の支払い

カードローン返済の遅延を金融会社の担当者に相談すると、思わぬことを進められる時もあります。
たとえば利息のみの支払いを提案されたらどうすればいいのでしょうか。

利息だけの支払い方法もある

たとえば、担当者からとりあえず利息だけを支払って欲しいといわれることもあります。
通常、カードローンの返済は元金と利息の合計金額になります。
しかし、もし合計金額を返済することが難しい月には、とりあえず利息分だけを払うという方法もあるのです。
しかし、そのような支払いをしても元金は減りません。
利子分を払うことで、支払いを先延ばしにしてもらっているようなものです。
利息だけ支払っても事実上の「返済」はしていないということになります。
くれぐれも利子だけをえんえんと払い続けるというようなことだけはやめましょう。

返済を拒否し続けると?

返済をあまりにも拒否し続けると、もちろん取り立て行為の対象となります。
大手消費者金融では、もちろん暴力的な取り立ては行いませんが督促状が届きますし、催促の電話もやってきます。
しかし中小企業タイプの金融機関から借金をした場合は、取り立てのスピードや内容が濃くなります。
暴力行為には決して及びませんが、自宅訪問して執拗に返済を迫られる、などということも有り得ます。
これはもちろん借金を踏み倒そうとしている行為なので、貸し出し業者からしてみれば当たり前の事です。
それに、上記した遅延損害金も利息と別に支払わなくてはいけません。期日から日数が経てば経つほど金額が膨らんでいきますので、期日が過ぎてしまった場合でもなるべく早く返済を行うべきです。

信用情報に傷がつく!

借金の返済に1度でも延滞してしまった場合、それは信用情報に金融事故として履歴が残ります。これは新たな借り入れを行う際や住宅ローンなど大きな買い物をするときに組む金融商品等の審査の際に不利になる可能性が大いにあります。
たった1度のうっかりミスが後々大きなトラブルとなって自身に降りかかるかもしれません。
期日は絶対に守りましょう!

返済を忘れないためには

返済を忘れないためには、なるべく複数社からお金を借り入れしないこと。また、複数社から借り入れしている場合は一本化すること。
そして返済期日を手帳等に書き込んでおくことが大切です。
結局は自己管理の問題ですが、借金の返済が遅れる…と言う事は思っている以上に信用に傷が付いてしまうので細心の注意が必要です。