クレジットカード・カードローン・キャッシングの違いとは?

シェアする

クレジットカードやローンカード

クレジットカードに付帯している融資機能としてもおなじみのキャッシング。
そもそもクレジットカードとはトラベラーズチェックが進化したものでした。

クレジットカードとは?

クレジットカードはトラベラーズチェックが由来

トラベラーズチェックとは海外旅行先で多額の現金を持ち歩くリスクをおかすことなく、買い物を自由に楽しむためのものです。
クレジットカードも当初はショッピングクレジット目的のカードでした
現在も富裕層向けカードの中には当時の名残で翌月一括払いを基本としていて、リボ払いを設定していないものもあります。

クレジットカードのキャッシングは小口融資

ショッピングクレジットが主目的だったクレジットカードですが、やがて小口の現金を引き出すことができる機能が付随するようになります。
これも一括払いが基本で、多くても50万円程度を上限としていました。
これも旅行先などでちょっと現金が欲しいような時を想定したもので、1万円単位で借りて翌月に一括返済してしまうような小口短期融資だったのです。

キャッシングとは?

キャッシングは以下のような特徴があり、融資額、融資方法、金利ともにカードローンとはさまざまな点が違います。

  • 融資額は小口融資が中心である。
  • 融資方法はATMやネットキャッシングがメイン。
  • 返済方法は基本的に翌月一括だが、現在ではリボ払いも選択可能。
  • 金利は高め。

キャッシングとカードローンの違い

一方のカードローンは数百万円単位の大口融資も可能という違いがあります。
返済方法も一般的にリボ払いなど、キャッシングとはさまざまな点が違います。

カードローンとは?

カードローンには以下のような特徴があり、キャッシングとの違いがいくらかあります。

  • 融資額は大口融資から小口融資まで幅広い。
  • 融資方法はATM、ネットキャッシングの他、銀行窓口などの店頭でも対応可。
  • 返済方法は基本的に残高スライド方式リボ払いだが、他の方法を選択することもできる。
  • 金利は低め。

カードローン利用時の注意点

カードローンは残高に応じてスライドしていく残高スライド方式リボ払いが基本ですが、だいたい定額リボ払いとなることが一般的です。
利用限度が大きいカードローンほど低金利です。
しかし、金利が高めのカードローンでもキャッシングよりも高くなることはないなど、金利面でも違いが見られます。
長期返済を前提にした金利設定をしているカードローンですが、借りては返し借りては返しを続けていくと、結構な額の金利を負担しなくてはいけないという落とし穴があることに注意しましょう。

キャッシングとカードローンの審査の違いは?

キャッシングとカードローンでは審査の厳しさに違いはあるのでしょうか。
どちらかといえば、カードローンの方が厳しくなる傾向があるという違いがあります。
カードローンは基本的には銀行が出している低金利の商品です。
低金利方式では「確実に返してくれる人を選ぶ」という方法で貸し倒れリスクを回避しているため、どうしても審査は厳しくなるという違いがあるのです。

一方のキャッシングでは、比較的審査が甘い消費者金融系のカードを選択すれば、金利は高くなるものの誰でも利用しやすいという違いはあります。

キャッシングとカードローンとどちらを利用すべきか

キャッシングとカードローンには以上のような違いがあります。
違いをふまえたうえでそれぞれのシチュエーションごとに使い分けていきましょう。

キャッシングの利用をおすすめするケース

10万円以下といったような少額で、一括払いができるような場合にはキャッシングをおすすめします。
金利が高めのキャッシングではありますが、一度で返済できるならばかえってお得な場合もあります。
間違っても金利高めのキャッシングをリボ払いで返済することはやめましょう。

カードローンの利用をおすすめするケース

一括払いでの返却が難しいようなまとまった金額を借入れたい場合には、カードローンの利用がおすすめです。
低金利とはいっても長期返済ともなると利息分はバカにできない額になることに注意して、計画的に返済していきましょう。


キャッシングとカードローンは現在ではほとんど同じようなものと化しているとはいえ、違いも歴然としています。
そうとはいっても、キャッシングだけ、カードローンだけという利用の仕方も賢いとはいえません。
キャッシングとカードローンの違いを十分に理解したうえで、必要に応じて使い分けていくことをおすすめします。

キャッシング、カードローンとも最近では即日審査可能な商品も少なくありませんが、できれば事前に準備をしておくことが理想です。
いざという時にあわてないために、あらかじめ審査を受けて利用可能枠を確保しておくようにしましょう。