ポケットカード「Fマネーカード」の審査基準や金利情報

ポケットカード「Fマネーカード」

ポケットカード「Fマネーカード」は、担保・保証人が不要の個人向けローンカードです。審査を通ると、融資利用可能枠内であれば、1万円以上で何度でも簡単に融資を受けることができるため、日常の暮らしによりそった商品です。全国のCDやコンビニエンスストアのATM機が利用可能、電話一本での振り込みキャッシングといった、利便性の高い特徴をここでは紹介します。

いざという時に便利な一枚、「Fマネーカード」

もう少しで給料日だけれども、今すぐの現金が足りない時ってありますよね。そこで、ポケットカードの「Fマネーカード」があれば、全国の銀行・信用金庫・コンビニエンスストア・海外でのCDやATM機を利用してキャッシングができるので、その場を切り抜けることができます。

商品情報

キャッシングの利用可能枠は審査の結果に応じて上限500万円以内で設定されます。枠内であれば、1万円から何度でも融資可能です。融資利率は、融資利用枠に応じて4.4%~17.8%の設定です。お申込みの資格者は、安定した収入のある20歳以上の方です。担保・保証人は不要です。お申し込みは、ファミリーマートに設置してある申込書または当カードのホームページから簡単にできます。お支払日は毎月1日(ただし、金融機関が休業の場合は翌営業日です。)です。キャッシングの支払い方法は、リボルビング払い(あとリボくん、リボゾー)か一括払いを選択することができます。

振り込みキャッシングの利用も便利

全国の銀行やATMで気軽にキャッシングできるだけではなく、電話でのキャッシングも可能です。銀行やATMに行く時間がない時は、電話での「振り込みキャッシング」を利用すれば、電話1本でカード利用代金引き落とし口座へ振り込みされます。公共料金などの支払い口座に残高がないという場合に便利ですね。さらに、口座への振込手数料はポケットカードが負担してくれるので無料です。スピーディーな対応で、電話をすれば翌営業日には振り込まれます。

上場信販会社の個人向けカードローン

東証一部上場のポケットカードの「Fマネーカード」は、全国のCDやATM機が利用可能、電話での振り込みでのキャッシングといった、融資を受ける際のインフラが整っていて利便性の高い商品です。審査が通るまでに一定の期間がかかりますが、利用可能枠は500万円と高く、一度カードを持つと気軽に利用できます。

三井系の安心感

Fマネーカードを発行するポケットカード株式会社は三井住友フィナンシャルグループ、三井住友銀行、伊藤忠商事、ファミリーマートなどの関係会社です。
資本も非常に大きく、安心感のあるカードといえます。

比較的低金利

Fマネーカードの金利は4.4%~17.8%です。
全体的に見ると平均的な消費者金融系カードローンの平均的な水準です。
金利は利用可能額の大きさによって左右しますが、注目に値するのが50万円~100万円の金利が13.8%という点です。
他の消費者金融系のカードローンでは100万円未満は一律で最高金利に設定しているものも少なくないなか、これはお得といえるでしょう。

この50万円~100万円の金利に関しては、一部銀行系カードローンよりも低くさえあります。
この価格帯で利用しようと考えている人は非常に多いと予想されますが、Fマネーカードは選択肢に入りにくいのは残念なことです。

低めの返済額

Fマネーカードは毎月の返済額を低めに設定できます。
返済方法は一括払いもしくはリボ払いを選択することになりますが、リボ払いならば15万円以下で月々6000円、80万円~100万円で月々25000円と、他社と比較して低めの設定になっています。

電話一本で振込もOK

FマネーカードはキャッシュディスペンサーやコンビニATMを利用してカードで借り入れることももちろんできます。
しかし、コンビニなどへ足を運ぶ時間もない時には、電話だけで指定口座に振込をお願いすることも可能です。

指定口座は引落し口座のみになりますが、たとえばネットバンキングを引落し口座にしているならば、自宅にいながらにしてすべて申し込みから振込確認までを行うことができるわけです。
この場合、振込手数料はFマネーカードの負担になるので、利用者が手数料を払うカードでの借り入れよりもお得です。

Fマネーカードの審査基準

以上のようにFマネーカードには信販系クレジットカードならではの特色があります。
審査基準に関しても、信販系クレジットカードでなければ考えられないような項目がある点に注意が必要です。
Fマネーカードの審査基準は非公表ですが、次のようなものがあるといわれています。

  • 安定収入
  • 勤続年数
  • 信用情報

本人の安定収入

Fマネーカードの審査重視される安定収入とは、あくまでも本人の収入のことです。
そのかわり、一定の収入がある人ならば、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員など雇用形態は非正規であっても問題ありません。
ただし、学生の場合はアルバイト等で毎月収入があったとしても審査は通過できないので要注意です。

また、例外的に専業主婦は配偶者に安定収入があれば審査を通ることができます。
ただし、配偶者の年収の3分の1までしか利用できないなど、総量規制並の制約を受けることになります。

一年以上の勤続年数

安定した収入があるかどうかは、勤続年数によって判断されます。
少なくとも1年以上は在籍期間があることが望ましいとされるようです。

申込書には勤続年数を記入する欄がありますが、必ず正直に申告するようにしましょう。
なぜならば信用情報などから、どうしても本当の勤続年数はバレてしまうからです。
信用情報もFマネーカードの審査では重視されているので要注意です。

信用情報にキズがない

やはり、延滞記録などの信用情報にキズがある人は、Fマネーカードの審査を突破しにくくなっています。
信販会社ということもあり、クレジットカードの利用状況は細かくチェックされているようなので、ショッピング等で延滞がある人も注意しなくてはいけません。

Fマネーカードの審査を有利にするには?

Fマネーカードは審査に時間がかかるなど、けっして審査が甘いカードローンではありません。
やはり信販系カードローンというのは銀行系カードローンよりは甘いかもしれませんが、消費者金融系カードローンよりは厳しいのです。
しかし、じつは信販系カードローンならではの審査を通りやすくする奥の手があることはご存知でしたか?

信販系ならではの特性をいかす

Fマネーカードは信販系カードローンなので、審査基準はやや厳しめです。
一方でFマネーカードを運営しているポケットカード株式会社は、審査が通りやすいことで有名なクレジットカードも発行しています。
ファミマTカードやP-oneカードといった、ファミリーマート系のクレジットカードです。

このファミマTカードやP-oneカードでクリーンな利用実績を積み重ねていけば、利用者のスペックに関係なくFマネーカードを作りやすくなるともいわれています。
まずはファミマTカードやP-oneカードを作成して、頻繁に使用して利用実績を作るというのもひとつの方法です。