無利息で選ぶおすすめカードローンランキング

シェアする

カードローンを選ぶ際には、金利を比較するだけでなく、無利息期間の有無にも注目しましょう。
一定期間利息が発生しない無利息期間を活用すれば、利息を支払わずに完済することも可能です。

無利息カードローンランキング

1位 新生銀行カードローン「レイク」

最大180日間の無利息キャッシング!

新生銀行カードローンレイク-468-60-20160224

無利息期間 利用条件 基本金利 適用時期
180日or30日間 初めてレイクを利用する方 4.5%~18.0% 契約日翌日

新生銀行のレイクは、二つの無利息期間が用意されています。
5万円以内の借入であれば最大180日間の無利息期間が適用され、5万円以上でも200万円以内であれば、最大30日間の借入金額がすべて無利息となります。
無利息期間は契約日の翌日から適用となっており、銀行カードローンながら即日融資も可能なため、借入の直前に契約した方がお得です。

新生銀行カードローン・レイクのキャッシング無利息期間はどう?

新生銀行カードローン・レイクは、キャッシングの際に30日間または180日間の無利息期間を提供しています。レイクで無利息期間を受ける最低限の条件は、第一に初めてレイクでキャッシングを受ける方になります。
そして、少しややこしいポイントは、30日間と180日間の無利息期間の条件が違うところにあります。30日間の無利息期間を受ける為の条件は、初めてレイクでキャッシングを受ける方のみになります。一方、180日間の無利息期間を受ける為の条件は、利用限度額200万円以下且つ借入額5万円までになります。
いずれにせよレイクの無利息期間は、一度受ければ今後利用することはできません。そして、30日間または180日間の無利息期間を超えれば通常の4.5%~18.0%の金利が発生します。またレイクは銀行系カードローンになりますので、総量規制の対象外です。消費者金融で年収の1/3以上の借入をしている方でも審査を受けることができますので、総量規制で消費者金融の無利息期間を受けられない方は検討してみるべきでしょう。

2位 アイフル

2016年から無利息期間がスタート!

murisoku_C_468_60

無利息期間 利用条件 基本金利 適用時期
最大30日間 初めてアイフルを利用する方 4.5%~18.0% 契約日翌日

アイフルはこれまで無利息期間サービスを行っていませんでしたが、2016年の3月から最大30日間の無利息キャッシングをスタートさせました。
これまで、即日融資やレディースローンなど、サービス面に力を入れていた消費者金融という印象でしたが、無利息期間サービスが始まったことにより、お得さでも他のカードローンと比較しても目立つようになりました。無利息期間の適用時期は、レイクと同じように契約日翌日となっているので、申し込みの時期には気をつけた方がいいでしょう。

3位 プロミス

17.8%と低い金利で最大30日間の無利息サービス

プロミス

無利息期間 利用条件 基本金利 適用時期
最大30日間 初めてプロミスを利用する方 4.5%~17.8% 初めての借入日

総合的に見て、消費者金融でお得に借りるならば、プロミスがおすすめです。
基本金利が上限17.8%と大手消費者金融の中では最も低く、無利息期間も初めての借入日から適用されるため、無利息期間を無駄にすることなく借入が可能です。
三井住友銀行グループに所属している消費者金融なので、他社と比べて資金調達が容易という強みがあります。

消費者金融プロミスのキャッシング無利息期間はどうなの?

消費者金融プロミスは、キャッシングの際に30日間の無利息期間を提供しています。プロミスで無利息期間を受ける為の最低限の条件は、プロミスでキャッシングを初めて受ける方になり、上記のアコム同様です。
またプロミスにメールアドレスを登録し、明細はweb明細にしなければなりません。
つまり、

  • プロミスで初めてキャッシングを受ける
  • プロミスにメールアドレスを登録する
  • web明細を利用する

という三つの条件が無利息期間を受ける条件になります。そして、プロミスの無利息期間は初回キャッシングの翌日から30日間に限定しており、以降は通常の4.5%~17.8%の金利が発生します。

4位 アコム

即日融資のカードローンといえばアコム!

アコム

無利息期間 利用条件 基本金利 適用時期
最大30日間 初めてアコムを利用する方
返済期日を35日ごとに設定
4.7%~18.0% 契約日翌日

借りやすい消費者金融のカードローンといえばアコムです。審査スピードも非常に早いので、お金を借りたいと思った日のうちに借入可能です。30日以内の一括返済も受け付けているため、少額の融資であれば利息を支払わずに完済できるでしょう。
ただし、返済を35日ごとにしなければ、無利息期間が適用されないため、約定返済だけで完済しようとすると、利息が多めに発生するのでご注意ください。

消費者金融アコムのキャッシング無利息期間はどうなの?

消費者金融アコムは、キャッシングの際に30日間の無利息期間の提供をしています。アコムで無利息期間を受ける為の最低限の条件は、アコムでキャッシングを初めて受ける方になります。
残念ですが、現在進行形でキャッシングまたは返済をしている方や過去に利用していた方は対象外になりますが、他社でキャッシングをしていた場合は問題ありません。あくまでアコムで初めてキャッシングをする方のみが対象で、他社はまったく関係ないのです。
また契約の際に返済日を35日ごとに設定する必要もあります。無利息期間は契約日の翌日から30日間に限定されますので、それ以降の日数は通常の4.7%~18.0%の金利が発生します。この点は注意しておく必要があるでしょう。

5位 ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの無利息期間はどうなの?

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、キャッシングの際に30日間の無利息期間を提供しています。無利息期間を受ける為の最低限の条件は、ジャパンネット銀行ネットキャッシングを初めて利用する方のみで、他に特別な条件は設けられていません。
30日間の無利息期間を超えれば通常の2.5%~18.0%の金利が発生します。またジャパンネット銀行ネットキャッシングは総量規制の対象外です。こちらもレイク同様に総量規制で消費者金融の無利息期間を受けられない方は是非検討してみるべきでしょう。

5位 ノーローン

完済するたびに1週間の無利息期間を何度でも!

ノーローン

無利息期間 利用条件 基本金利 適用時期
1週間 完済するたびに適用 4.9%~18.0% 借入翌日

ノーローンは何度でも利用できる1週間の無利息期間が特徴です。
基本の金利自体は高めの設定ですが、1週間の無利息期間を何度も利用できることを考えると、実際に負担する利息はかなり少なくなります。
十万円以内の少額融資を何度も借りたい方など、急な出費が多いという方にはぴったりです。

消費者金融ノーローンのキャッシング無利息期間はどうなの?

消費者金融ノーローンは、キャッシングの際に7日間の無利息期間を提供しています。一見すればアコムやプロミスに比べ短期間に思われますが、実はノーローンでは7日間であれば何度でも無利息期間を受けることができます。ただし、初回以降は完済した翌月からしか利用できませんので、注意しておきましょう。また無利息期間の7日間以内に返済できなければ、通常の4.9%~18.0%の金利が発生します。現段階では無利息期間を何度も利用できる消費者金融はノーローンのみで、是非利用することを検討すべき一社でしょう。

無利息キャッシングが非常にお得な理由

利息が無いのは最大のメリット

お金を借り入れして利息がかからない…これは債務者にとって最高のサービスです。
通常どんな借入先でも多かれ少なかれ利息は必ず発生します。
しかし無利息キャッシングの場合は利息分が0円となります。
利息がかからないカードローン…そんなことって本当にあるの…?
と耳を疑ってしますが、これが実在するから驚きです。
特に消費者金融は金利を高めに設定しています。
借り入れする金額にもよりますが、多額の場合利息分だけでもかなりの金額となります。
例えば金利15%で10万円を20日借入したとしただけでも利息が821円かかります。
これを多いと感じるか感じないかは個人次第ですが、金額が100万円の場合は8210円となるわけです。
何もしていないのに利息分がこれだけかかる訳ですから大変。
無利息キャッシングの場合は、借り入れする金額が低めに定められています。しかし、それでも利息なしで借り入れを行えるのは破格です。
勿論、個人のタイミングや状況により長期的な返済になりそうな時は不向きではありますが、すぐに返済できる目処が立っている場合はこういったサービスを利用するのもお勧めです。

無利息キャッシングと銀行カードローンを比較

無利息キャッシングと銀行カードローンの利息は、実際にシミュレーションをすると大きな違いがあります。
今回は、5万円の融資を、1万円ずつ返済した際に発生する利息を計算しましょう。
銀行カードローンの利息は15.0%、消費者金融の金利は18.0%とします。

【銀行カードローンで5万円借りた場合】
1回目の返済
50,000円(借入額)×15%(金利)÷365日×30日分=616円(利息)
1万円(支払い額)-616円=9,384円(返済額)
50,000円-9,384円=40,616円(返済後借入額)

2回目の返済
40,616円×15%÷365日×30日分=500円
1万円-500円=9,500円
40,616円-9,500円=31,116円

3回目の返済
発生する利息:383円
返済後借入額:21,499円

4回目の返済
発生する利息:265円
返済後借入額:11,764円

5回目の返済
発生する利息:145円
返済後借入額:1909円

合計利息=1,909円

【無利息期間のある消費者金融で5万円借りた場合】
1回目の返済
50,000円(借入額)-10,000円(返済額)=40,000円(返済後借入額)
※無利息のため、1月目は利息なし

2回目の返済
40,000円×18%÷365日×30日=591円
10,000円-591円=9,409円
40,000円-9,409円=30,591円

3回目の返済
30,591円×18%÷365日×30日=452円
10,000円-452円=9,548円
30,591円-9,548円=21,043円
返済後借入額:21,043円

4回目の返済
発生する利息:311円
返済後借入額:11,354円

5回目の返済
発生する利息:139円
返済後借入額:1493円

合計利息=1,493円

上記のように、消費者金融の方が利息は高いにも関わらず、無利息期間のあるおかげで利息は安くなりました。
借入額が高くなればなるほど、金額の開きは大きくなるため、5回程度で返済を考えている場合には、無利息キャッシングを利用した方がお得です。

無利息期間で比較をするポイント

無利息期間でカードローンを選ぶ際には、期間の長さはもちろんのこと、無利息期間が始まるタイミングにも注目すべきです。特に、契約してから初めての借入まで時間が空く予定の方は、プロミスなど初めての借り入れから無利息が発生するカードローンがおすすめです。

銀行カードローンには無利息期間がない?

銀行カードローンには基本的に無利息期間はありません。
新生銀行のレイクは銀行カードローンでも無利息期間を用意していますが、元々消費者金融のサービスだったこともあり、純粋な銀行系で無利息サービスを行っている業者はないようです。
しかし、銀行カードローンの中には、無利息期間と似たサービスで、「利息キャッシュバックキャンペーン」を行っている業者もあります。
設定された期間の間であれば、発生した利息がキャッシュバックされるサービスで、実質的に負担する利息を大幅にカットできます。
利息キャッシュバックは、大体キャンペーン期間中に行われるため、銀行系に申し込む前にチェックしてみるといいでしょう。

おまとめローンや借り換えローンにもお得?

債務の一本化や借り換えには、専用のローンに申し込む方が多いですが、無利息期間のあるカードローンを利用するのもおすすめです。
利息が発生しない間に返済していくことで、そのまま返済していくよりも、早く元金を減らしていくことができ、完済により近づきます。
中には複数の無利息キャッシングを利用して、殆ど利息を支払わずに完済する方もいるようです。

カードローンに申し込む際には、金利だけで比較したのではもったいないでしょう。

実際に重要なのは、利息がどの程度発生するのか、という点なので、利息自体を抑えられる無利息期間は注目ポイントです。