限度額で選ぶおすすめカードローンランキング

シェアする

多額の融資を受けようとしている方は、カードローンの限度額で比較しましょう。
銀行カードローンは、中には1000万円まで限度額を設定している業者もあり、総量規制に関係なく借りられるというメリットもあります。


限度額で選ぶカードローンランキング

1位 みずほ銀行カードローン

選べる二つの低金利プランがおすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

限度額 下限金利 総量規制
 1000万円 3.0% 対象外

みずほ銀行のカードローンは、限度額1000万円まで対応している二つのプランが特徴です。
エグゼクティブプランでは、1000万円の限度額でわずか3.0%の超低金利となっているので、まとまった融資が必要な時には助かります。
もちろん、銀行カードローンなので総量規制も受けず、返済能力さえ認められれば高額の限度額でも審査に通ります。
おまとめローンや借り換えなど、様々な場面で利用しやすいメガバンクのカードローンです。

2位 横浜銀行カードローン

地方銀行最大規模の預金を誇る低金利カードローン

横浜銀行カードローン

限度額 下限金利 総量規制
 1000万円 1.9% 対象外

横浜銀行カードローンは、地方銀行ながら限度額1000万円まで対応しています。下限金利が1.9%と非常に安く、複数の債務を一本化するにも最適です。最低返済額は2000円と宣伝されていますが、借り入れ額が増えると毎月の返済額も増えるのでご注意ください。
横浜銀行の営業エリアに住んでいなければ利用できませんが、関東圏内に住んでいる方にはぜひともおすすめしたいカードローンです。

3位 東京スター銀行カードローン

おまとめローンに強い大型銀行カードローン!

東京スター銀行カードローン

限度額 下限金利 総量規制
 1000万円 1.9% 対象外

東京スター銀行ではおまとめローンに力を入れており、限度額1000万円以内であれば複数の債務を一本化しています。返済した分は追加で借り入れ可能というのも大きな特徴となっており、返済中でお金に困った際にも安心です。
申し込み条件には年収が200万円以上という決まりもありますが、契約社員や派遣社員でも利用は可能です。

4位 オリックス銀行カードローン

高額の限度額で低金利のカードローン

オリックス銀行カードローン

限度額 下限金利 総量規制
 800万円 3.0% 対象外

オリックス銀行カードローンは、上限金利は17.8%と銀行の中では高めですが、下限金利は3.0%と銀行の中でも安く、高い限度額で申し込む場合にはお得なカードローンです。
申し込みから借入まで10日程度時間はかかるため、おまとめローンなど検討している方は、早めに審査へと申し込んだ方がいいでしょう。

5位 三井住友銀行カードローン

知名度と信頼感のある大手銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

限度額 下限金利 総量規制
 800万円 4.0% 対象外

三井住友銀行カードローンは、安定したスペックを誇るカードローンです。
限度額800万円で下限金利4.0%は、銀行カードローンの中でも平均的な数字といえます。
三井住友銀行カードローンは審査時間が早いのが特徴で、プロミスの自動契約機から申し込みも可能です。


限度額で比較をするポイント

高額の融資を希望している方や、おまとめローンを検討している方は、カードローンを選ぶ際には限度額をチェックしましょう。また、限度額を高くできれば、設定される金利も安くなるため、お金を借りる際には出来る限り高い限度額で申し込んだほうがお得なのです。

限度額の相場は?

限度額は、消費者金融であれば500万円。銀行系であれば500万円~1000万円が相場です。
消費者金融では総量規制が適用されるため、500万円以上の限度額を設定しても、ほとんどの方が利用できませんが、銀行カードローンであれば、年収以上の融資を受けることも可能です。

限度額と総量規制について

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者が設定する限度額を制限するものです。
年収以上に借りすぎてしまう状況を防ぐため、年収の3分の1を超える限度額は設定できないようになっています。これは、他社からの借り入れも計上されるため、すでに他社から融資を受けている方は、消費者金融から高額融資を受けるのは難しいでしょう。
銀行カードローンなどは、金融業である銀行が行う個人融資なので、貸金業法の対象とはならずに総量規制の影響も受けません。
銀行と消費者金融の限度額が大きく違うのは、総量規制の有無が影響しているのです。

限度額が上がると金利は下がります

カードローンの金利方式はさまざまですが、共通するのは金利変動方式を採用している点です。金利変動方式とは限度額に応じて金利が変動する仕組みのことです。
そのため、カードローンは出来る限り限度額を高く設定した方がお得なのです。


限度額が高いからといって、必ず高額の融資を受けられるわけではありません。
審査での評価によっては、申し込んだ限度額より低く設定されることもあるので、信用情報の評価には日ごろから気をつけるようにしましょう。