三菱東京UFJ銀行カードローンのテレビ窓口について

シェアする

銀行のATMのイメージ

三菱東京UFJ銀行カードローンでは、テレビ窓口での申し込みができます。
目の前に人がいる状態で申し込みができるので、依頼をするときも安心感があることが特徴です。
ここでは、三菱東京UFJ銀行カードローンのテレビ窓口と、その他の申込方法を比較してみてみましょう。

テレビ窓口による申し込みのメリット

三菱東京UFJ銀行カードローンのテレビ窓口とは、三菱東京UFJ銀行のATMコーナーの一角にある自動契約機のようなものです。
テレビ窓口は入るのにちょっと勇気が必要かもしれませんが、たくさんのメリットがあります。

個室ブースでプライバシーを確保

テレビ窓口のガラスから、顔が見えてしまっているのではないかと不安に思う人もいるようです。
しかし、実はテレビ窓口は三菱東京UFJ銀行カードローン専用ではなく、口座開設、海外送金などにも利用されています。
個室ブース型のATMなので、プライバシーの面でも心配することはありません
もし、テレビ窓口に出入りするところを誰かに見られたとしても、恥ずかしく思うことはないのです。

専門のオペレーターが担当

テレビ窓口のメリットは、専門オペレーターが在籍し、書類作成をフォローしてくれる点です。
申込書はその場でプリントアウトされますし、記入方法もわかりやすくなっています。
難しいことは担当オペレーターがチェックしてくれるので、初めてのお申込みであっても問題ありません
カードローンの書類作成は苦手、難しそうという人でも安心して利用できます。

土日でも利用可能

三菱東京UFJ銀行の窓口が閉まった場合、普通のカードローンでは借り入れができません。
しかし、テレビ窓口は土曜日や祝日もオープンしています。
夜18時まで利用できるので、お休みを利用してカードローンを申し込むのもよさそうです。

テレビ窓口での手続き

テレビ窓口という名前は、ブースの中にテレビ電話が設置されていることに由来します。
テレビ電話でオペレーターと会話をしながら、契約手続きを進めることができるようになっています。

テレビ窓口では、申し込み、審査、審査回答、必要書類提出、契約手続き、カード発行までをすべて済ませることができます。
テレビ窓口で最短40分を過ごすことになるので、審査待ちの間の時間つぶしになるものなどを用意していくことをおすすめします。

テレビ窓口での手続きの短縮方法

テレビ窓口での手続きをよりスピーディーにしたいならば、事前に公式サイトから申込書をダウンロードして必要事項を記入して持参することをおすすめします。
運転免許証、保険証などの本人確認書類も忘れないようにしましょう。
また、テレビ窓口でカードを受け取るには運転免許証が必須になるという点も要注意です。

テレビ窓口の営業時間

テレビ窓口を利用する際には、テレビ窓口の営業時間にも注意しましょう。
テレビ窓口の営業時間は設置場所によって異なりますが、平日9時~20時、土曜・祝日10時~18時、日曜10時~17時になります。
三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」のみ対応となっています。

ロビーの場合、平日9時~15時まで利用可能です。
銀行の営業時間と同じですが、人に合わずに申込ができる点がメリットだと言えます。
仕事のお昼休みやお休みの日を利用し、利用してみるのもよいでしょう。

テレビ窓口以外の申込方法

三菱東京UFJ銀行カードローンには、テレビ窓口の他に、ホームページや電話でも申し込むことができます。
それぞれの申込方法も確認しておきましょう。

ホームページからの申し込み

ホームページからの申し込みは24時間365日いつでもできます
ただし、審査回答は平日9時~21時、土日祝9時~17時のいずれしかもらえません。
審査を通過したら、契約手続き、カード発行はテレビ窓口で行うこともできます。
急いでなければ、契約とカード発行は郵送の対応もあります。
テレビ窓口と違い、確認してもらえない点は不便ですが、いつでも申込できるのは強みです。

電話からの申し込み

電話での申し込みは平日9時~21時、土日祝9時~17時の間になります。
電話の場合は午前中に申し込みをすれば、即日回答をもらうこともできます。
審査通過後の契約手続き・カード発行はテレビ窓口か郵送かのいずれかを選択できます。
顔がバレないので安心して借り入れできるかもしれません。

テレビ窓口を有効活用しよう

三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口は、初めてカードローンを利用する人のうち、相手の顔が見える安心感を求める人に向いています。
また、インターネットが苦手な人からすると、テレビ窓口はちょうどよいはずです。
自分の適性に応じてですが、ぜひとも活用してみましょう。