ソニー銀行カードローンは専業主婦でも使える

シェアする

喜ぶ主婦

ソニー銀行カードローンが専業主婦でも借りられる?

ソニー銀行カードローンは、銀行のカードローンとして総量規制の対象となっていません
そのため、消費者金融では借りられない専業主婦や学生の方でも借り入れを行うことができます。
総量規制とは貸金業法によって定められている借り入れの上限の規制のことで、年収の3分の一以上の借り入れは行えないというルールです。

総量規制とは?

貸金業法に従わなければいけないのは、消費者金融、信販会社でのキャッシングです。
クレジットカードを使ったキャッシングもその範囲となっています。
また、総量規制では複数の業者で借り入れをしていた場合にはすべてを合わせた金額が年収の3分の一までとなるのです。

銀行は銀行法

貸金業法の総量規制は銀行でのカードローンには関係がありません。
ソニー銀行カードローンは貸金業法ではなく、銀行が従わなければいけない「銀行法」に則って利用することができます
そのため、年収がない専業主婦や学生などでも借り入れを行うチャンスがあるということです。
消費者金融での借り入れを諦めていた収入のない専業主婦や年収が低くて総量規制に引っかかってしまうという人にはソニー銀行カードローンが適しています。

ソニー銀行カードローンの審査と借入限度額

多くの銀行がカードローンの取扱いを行っていますが、専業主婦が借り入れをできるカードローンは多くありません。
これは総量規制のルールにかかわらず、返済リスクの問題などで個々の銀行の審査が通るかどうかという問題に関係しています。

ソニー銀行カードローンの条件

ソニー銀行カードローンの条件としては、収入が安定していることが挙げられます。
年収が低い人がカードローンを使うのは、比較的高いハードルがあると考えた方が良いでしょう。
ソニー銀行では、カードローンの審査を行う際に、専業主婦の場合には配偶者の年収が見られます。

配偶者の年収でハードルクリア

専業主婦では自分自身の収入はありませんが、配偶者が安定した収入を得ていることが証明できればソニー銀行カードローンを利用できる可能性があります。
もちろん配偶者にも収入がないと難しくなりますが、その場合には専業主婦の方自身がパートやアルバイトによって収入を得れば可能となります。

収入ゼロの専業主婦の限度額

専業主婦が配偶者の収入で受けられる融資の限度額は最大で50万円までとなっています。
消費者金融などの最大限度額と比較するとかなり低いイメージになりますが、そもそもそういった最大の金額はかなりの高年収の人を対象としているため、気にすることはなさそうです。

在籍確認なし

ソニー銀行カードローンで専業主婦が審査を受ける場合には、世帯の収入によって借り入れ限度額が決定します。
この場合には住民票が同じ家族であれば配偶者の他に親の収入によっても審査することが可能です。
専業主婦の場合は、こうした家族の収入だけで審査をします。
在籍確認も行うことはありません。
そのため、家族にこっそりと隠してカードローンの審査を行うこともできて便利です。

ソニー銀行を初めて使う場合

ソニー銀行カードローンを利用する際には、ソニー銀行のキャッシュカードを作っておくことが必要となります。
もともとソニー銀行を利用している場合には、インターネットのサービスサイトからそのままカードローンの申し込みを行うことができます。
ソニー銀行を使ったことがない人は、カードローンと同時にキャッシュカードを作る手続きも行います。

ソニー銀行カードローンでスマートな利用を

ソニー銀行カードローンはキャッシュカードで利用できるので、非常にスマートで銀行預金を引き出すような気分で手軽に始められます。
初めてのカードローンであっても、手元に届くのはソニー銀行のキャッシュカードなので、家族にカードローンの利用を知られることはありません
申し込みすべてをインターネット上で行うため、初めての人は少し戸惑うこともありますが、慣れると自宅でも使える便利さを実感できそうです。

ソニー銀行カードローンでは少ない収入でもOK

ソニー銀行カードローンは専業主婦以外にもパート、アルバイトの人にも優しいカードローンです。
専業主婦で家族の年収で審査を行いたくない場合には、パート勤めを始めてからその収入で審査を受けると良いでしょう。
いざという時の備えとして少額のローンを使えるようにしておく場合などにはソニー銀行カードローンは大変便利です。
金利も他のカードローンと比較して低水準であり、返済の下限も低いので楽な返済となります。
反対にパート主婦の人でソニー銀行カードローンを利用できるかどうか不安な場合には、専業主婦と同じように家族の年収で審査を受けた方がいいかも知れません。