プロミスをお得な金利で利用する方法

シェアする

家計を計算する主婦

プロミスの金利は本当に低いの?

プロミスの金利は大手消費者金融の中で比較すると僅かではありますが、金利が低く設定されています。
大手消費者金融の基本の実質年率(金利)は上限が18パーセントで設定されていることが多いものです。
その点、プロミスは4.5パーセントから 17.8パーセントまでとなっており、いくら高くても金利が17.8パーセントで抑えることができるのです。
わずかな差にも見えるものですが、計算をして比較してみると大きな変化となります。
特に長期間にわたって少しずつ返していきたいという人にとっては、返済総額に対する利息の割合は大きなものとなります。
利息がわずかでも低ければ、その分楽に元金の返済に充てられるということです。

少しの金利差でも大きな差に繋がる

金利18パーセントで10万円、30日借りた場合の金利は100,000×18パーセント×30日÷365日で、1470円の利息となります。
一方17.8パーセントで10万円、30日借りた場合の金利は100,000×17.8パーセント×30日÷365日で、1463円の利息となります
低い金額を早く返した場合の差は大きくありません。
しかし、これを30日でなく3年間、また金額が50万円となれば、毎月の返済を2万円程度で計算しても、利息総額に1000円以上の差がつきます。

長期借り入れでお得に!

借り入れの期間は金額が高くなればなるほど長くなります。
そのため、一度に比較的高額な借り入れが必要な時にはわずかな差が大切なのです。
銀行のカードローンなどと比較すると、プロミスも高く感じるかも知れませんが、カンタンでスピーディな借り入れができる消費者金融系としては金利が低いと言えるでしょう。
さらに初めての借り入れの際に利用できる無利息期間を使えば、実質的に金利が下がったのと同じだけのメリットが得られます。

プロミスは審査をして金利を設定

プロミスで初めに借り入れをする際には、審査が行われます。
審査では借り入れが可能かだけでなく、借り入れ限度額や借り入れ時の金利が決定されます。
信用実績のない、初めての利用者であればほとんどの場合には上限金利を用いられることになるでしょう。
そのため上限金利の僅差は重要となりますが、さらに重要なのはより正確にしっかりと審査を行っているかどうかという点です。
審査を丁寧に行っていることで、信用度が精度を増し、より有利に借り入れができるように決定される可能性が高くなります。
プロミスでは、スピーディでありながら、しっかりとした審査が行われています。
それが金利にも反映することで、基本の金利が低いだけでなくより有利な結果に恵まれる可能性もあるのです。

プロミスの返済方式には注意を

プロミスでは「残高スライド元利定額返済方式」という返済方式を用いています。
この方法は、最終借入後の残高に応じて返済の上限金額が変わるというものであり、たびたび借り入れを行う場合には上限金額を間違えないように注意が必要です。
また、プロミスでは最終借入後の残高が30万円以下で残高の3.61パーセント、100万円以下で2.53パーセント、100万円を超えると1.99パーセントと下がっていきます。
これは毎月の返済を抑えることができて安心である反面、残債がなかなか減らないというデメリットもあります。
そのため、返済の上限にかかわらず、繰り上げ返済を積極的に行うことも必要です。
金利を少し抑えられていても、長期返済によって利息の総額が増加してしまう可能性があります。

早めの繰り上げ返済で利息の総額を抑える

プロミスでは、繰り上げ返済の便利さも大きなメリットの一つです。
支払いが厳しい月は返済上限額を最低限支払うことにして、臨時収入やボーナス、お小遣いなどの増額時にひと息に返せる分だけ返すという方法を利用するとよいでしょう。

繰り上げ返済の仕方

プロミスに追加返済では、インターネットバンキングや近所のサービスプラザの窓口、プロミスのATMや提携金融機関のATMが利用できます。
また、銀行振込でプロミスの口座に振り込むこともできます。
提携のATMや銀行振込ではわずかではありますが手数料がかかるため、できるだけインターネットバンキングやプロミスの機関を利用するようにすると安心です。

繰り上げ返済のメリット

繰り上げ返済をすることで、金利は同じでも残債が減るため、それに対してかかる利息金額は減ります。
すると同額の返済であっても元金に充当される金額が増えて、返済が楽になっていきます。
積極的な繰り上げ返済や定期的で安定した返済によって、借入額増額の際に金利を下げてもらえる可能性も高くなります
計画的に利用をして、便利にプロミスを活用しましょう。