オリックス銀行カードローンの限度額について

シェアする

お金を数える女性

オリックス銀行カードローンとは、どのような特徴の商品なのでしょうか。
また、限度額を増額できるというのはどういったシステムなのでしょうか。

オリックス銀行カードローンの特徴

オリックス銀行カードローンは以下のような特徴がある商品です。
・他行の口座を利用できる
・即日融資が可能
・収入証明書が不要
・銀行にしては金利が高め

オリックス銀行に口座がなくてもOK

多くの銀行系カードローンでは、自社カードをすでに持っているか新しく開くことが必須条件になります。
一方、オリックス銀行カードローンでは他行の口座を利用することもできます。

即時振込サービス

即時振込サービスでは、ジャパンネット銀行を利用することで365日24時間、即時振込が反映されるため大変便利です。

しかし、即時振込サービスを利用しない場合には、審査に2日から3日、融資までは5日ほどかかることが多く、申込から振込があるまでは約1週間は必要です。

収入証明書はいらない

基本的に源泉徴収書や給与明細などの収入証明書は不要です。
必要なのは運転免許証、健康保険書などの本人確認書類だけなので手軽に申し込むことができます。
ただし、300万円以上の借り入れを希望している場合には収入証明書が必要になりますが、他社のカードローンは100万円以上で収入証明書を要求されることもあるため、条件は甘めといっても良いかもしれません。

銀行系にしては金利が高め

銀行系カードローンは概して金利が低めです。
しかし、オリックス銀行カードローンの金利は3.0%から17.8%と、どちらかというと高めです。
最低金利3.0%というのは平均的かもしれませんが、最高金利17.8%というのは消費者金融カードローンを連想させる金利です。

しかし、オリックス銀行カードローンの金利を低く抑える方法もあります。
それは限度額を増額するという方法です。
では、いったいどうすればオリックス銀行カードローンの限度額を増額できるのでしょうか。

オリックス銀行カードローンの限度額

オリックス銀行カードローンの限度額は増額することが可能というのが特徴です。
どのような仕組みになっているのでしょうか。

いきなり高額は無理

消費者金融系カードローンでは初回契約時にはだいたい50万円以下の限度額を設定されます。
オリックス銀行カードローンでも同様で、いきなり最高利用額の800万円を限度額として提示されることはまずありません。

増額制度を利用する

カードローンを利用しているうちに50万円では足りなくなってしまうことも多々あるかもしれません。
しかし、そんな時でも、オリックス銀行カードローンならば限度額増額制度もあるので安心です。
すぐに利用する予定はなくても、いざという時に限度額を増額しておくのもおすすめです。
では、いったいどのような時に限度額を増額できるのでしょうか。

大事なのは利用実績

利用実績が少ないうちには限度額増額を申請してもパスすることはありません。
少なくとも半年は返済履歴を記さなくては、オリックス銀行としても返済能力が確かなものかどうか判断できないからです。
また、半年にわたって延滞なく返済したとしても、利用者の年収や信用情報によっては限度額を増額できないこともあるので注意しましょう。

限度額増額の実際

限度額の増額は10万円単位で行われることがほとんどです。
50万円が80万円になるケースもありますし、一律いくらと決まっているわけではありません。
もし、限度額の増額を希望しているならば、一度オリックス銀行に電話などで問い合わせてみることをおすすめします。

限度額を増額できるメリット

以上のようにオリックス銀行カードローンは限度額を増額することが可能です。
それにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

金利面でのメリット

オリックス銀行カードローンの金利は限度額の大きさによって定められています。
たとえば限度額が100万円未満では12.0%から17.8%、限度額が150万円から200万円に増額されれば6.0%から12.8%にまで下がるのです。

限度額増額後は気を引き締めて

いくら限度額が増額されたからといって、すぐに上限まで使う必要はまったくありません。
限度額増額のメリットはたくさんのお金を借り入れることができるという点よりも、むしろ、金利が下がるという点です。
たとえ限度額が増額されても、いっそう気を引き締めて、計画的に利用していくことが大切です。


オリックス銀行カードローンの限度額増額システムを利用すれば、よりおお得に借り入れをできるというわけです。
限度額増額で金利が下がるメリットを最大限にいかすためにも、返済第一で利用プランを立てるようにしていきましょう。