ノーローンで借入限度金額を増額したい場合の審査について

シェアする

大量のお金

借入枠の増額はノーローンなどの貸金業者にとってマイナスな出来事ではありません。
良い顧客が増額してくれてさらに取引を増やせるならばそれは会社にとってはプラスなことです。

ノーローンの借り入れ限度額増額とは?

貸金業者の仕事はお金を貸すこと

ノーローンのような貸金業者はどのようにして仕事をしているのでしょうか?
もちろん色々な要素が関係していますが、基本的に貸金業者の仕事は読んで字のごとくお金を貸すことです。
ですからできればノーローンに限らず業者側もできるだけお金を貸したいと考えていますし、増額もしてあげたいと思っているわけです。
しかし最初に契約するときと同じで増額の際は当然審査が必要になってきます。

増額の審査は状況確認がメイン

ノーローンと最初に契約するときに、必ずしもその人の収入で借りられる最大金額が借入の限度額になっているとは限りません。
当人の希望金額に基づいて決めたはずですので、場合によってはまだまだ限度額を広げる余裕が元々あるというケースも少なくないはずです。
そのような場合は増額の審査の時も現在の収入状況などが極端に変化していないかなど、現在の状況を確認するような審査となっています。

増額の審査の際問題となってくる点

一方で増額の審査の際少し問題となってくる点もあります。
ノーローンの審査が通りにくくなる要因としてどのようなものが考えられるか理解しておくならばノーローンで増額を希望する場合の助けになるかもしれません。

総量規制に要注意

現在では総量規制がなされており、借入は年収の3分の1の金額までとなっています。
簡単に言うと年収が300万円であれば、借りられる限度額は100万円というわけです。
それで現在設定されている限度額がすでに自分の年収の3分の1に達している、あるいは近いのであれば増額の審査は基本的に難しいと言えるでしょう。

仕事の状況の変化は重大な要素

ノーローンと契約した時にはその時点での職業、年収、役職、勤続年数を主な参考データとして契約が可能かどうか審査されます。
ですからその部分に大きく変化があるとすると増額を検討してもらうのが難しくなってくるのは当然でしょう。
もちろん転職により収入アップが見込める場合もあるかもしれませんが、その場合でもすでに新しい職場でもらっている直近数ヶ月の収入などを確認される可能性も考慮しておくべきでしょう。

他社での借入の有無

増額の審査の前に必ずヒアリングされる内容としてはノーローン意外の会社からの借入の有無があります。
これはあっちからもこっちからも多重債務をしていないかどうかの確認でもありますし、他社との借入の合計が年収の3分の1に達していないかなどもチェックされます。
それで他社からの借入の有無に関しても正直に報告する必要がありますし、複数の業者から借入がある場合は増額の審査を通るのが難しくなってくる可能性は高いかもしれません。

住まいや家族の状況の変化も参考材料

ここまでは主に収入や借入の状況に関することでしたが、さらに居住状況や家族の形態の変化もノーローンの増額の審査に影響を与えるものとなります。

住まいは持ち家?

ノーローンと契約した当初持ち家に住んでいた方がもし引っ越していて、増額の審査の時点では借家住まいになっているとすれば、それは借入枠増額の面ではマイナスな印象となることは避けられないでしょう。
逆にノーローンと取引を始めた時は借家だったのに、増額の申し込みをする時には持ち家になっているのであればそれは審査でプラスの材料となる可能性が高いので忘れずに申告するようにしましょう。

家族の形態の変化もきちんと伝えましょう

またノーローンとの取引を始めた時には独身だった人が増額の審査を受ける時には既婚者となっていたり、子どもが生まれて家族が増えていたりすることもあるでしょう。
逆に離婚によって一人で暮らしている方や、他の親族との同居など色々と家族の形態は変わっているかもしれません。
そうした要素もノーローンで借入金額の増額を申し込む際の審査の材料となってきますので、正確に正直に伝えるようにしましょう。

まとめ

増額を希望の際は状況の変化をしっかりと伝えましょう

ノーローンで取引をすでにしている方は、他に借入先を増やすよりも、信頼関係が出来ているノーローンで借入金額の増額をしたいと思うはずです。
ノーローンに限らず増額の申し入れは業者にとっては喜ばしいことですので、積極的に申し込んでみましょう。
多くの場合コールセンターに連絡をして申し入れることができるでしょうし、インターネット上で増額の申し込みができる業者も増えていると思います。
いずれにしても審査の際は取引開始の時から現在までの収入や住居、家族の状況の変化を正直に話すようにしましょう。”