モビットのカードローン増額審査の詳細とは?

お金が増えて喜ぶ男性

モビットは銀行系の消費者金融として、比較的審査が厳しめになっています。
消費者金融は、一般的に資金調達先によって銀行、信用金庫、ノンバンクなどに分けられて考えられます。
モビットは銀行系として母体が大きく安定性が高いため、信頼されており、人気が高いカードローンです。
しかしその分審査は厳しくなっており、新規契約だけでなく増額審査も比較的通りにくいと考えておいたほうが良いでしょう。

モビットの増額審査は厳しい

もともと多くの銀行カードローンでは審査は厳しく借り入れ金利などは有利、反対にノンバンク系消費者金融では審査が甘めで金利などは厳しいという構図が出来上がっています。
モビットは銀行系ということで比較的審査は厳しく、さらに増額審査はなかなか通らないものとなっています。
新規契約の審査は借入限度額を少なめに調整することで通せることがありますが、こちらから借入限度額を増やしてほしいと申請する増額はよほどのことがなければ通すことができないものなのです。

モビットの増額審査の判断材料を増やす

モビットで増額するには、少なくともこれまでの借り入れや返済などの実績などからモビットが「これ以上貸し付けても返済に問題がない」と判断できる材料が必要となります。

【利用履歴】

モビットで増額審査に通りやすい一つの判断材料としては、これまでの利用の実績が挙げられます。
利用履歴に傷がないだけでなく、利用限度額近くまで借り入れをしていることも材料となります。
これは増額しても返済が滞らないという信用と、さらに増額したらこれまで以上に利用してくれるのではないか、という期待を与えるためです。
利用途中に返済が滞ったり、遅延事故などが一度でもあったりすると厳しい目で見られるため、増額は難しくなる可能性があります。
順調に返済をし続けていれば多少残債が残っていても増額の否定のポイントになることはありません。
また、利用限度額をめいっぱいに使っていない場合には、増額の意味がないとみなされるため、増額の可能性は低くなります。
増額してもめいっぱいに使う必要はありませんが、増額を希望するにもかかわらずまだ枠が余っているのでは不必要とみなされます。

【他社の借り入れ状況】

モビットでの増枠審査では、他社借り入れ状況も大きな問題となります。
これはモビットだけの審査基準の問題ではなく、総量規制の対象となり、法律の問題です。
総量規制では、年収の3分の1までしか借り入れを行えないことになっています。
全てのカードローンの借り入れが対象となっており、合算して既に年収の3分の1という規定をオーバーしてしまっている場合には増額は不可です。
もちろん、他社の借り入れにおいて遅延などの事故がある場合にも厳しくなるでしょう。

【モビットでの信用度の底上げ】

モビットで増額申請をする場合に大きなメリットとなるのは、年収のアップなどの信用度の底上げです。
反対にこうした条件がない場合には増額の判断は厳しくなります。
年収や勤務先に変更があって、低くなってしまった場合には、増額の審査によってこれまでの借入限度額まで厳しく見直される可能性もあります。
そのため、信用度が上昇したと確信がない場合には、不用意に増額審査の申し込みをすることはあまり好ましくないかもしれません。

モビットからの増額の案内は有利

モビットでの増額でより審査に通りやすいのは、利用者からの申し込みではなくモビットからの増枠の案内が来たというケースです。
この場合には、すでにおおよその審査が済んでおり、簡単に増額が叶う可能性があります。
増額の必要性を感じていない場合でも、このお知らせが来た場合には、いざという時のために増額しておいても良いかも知れません。

増額後には大きなメリットの可能性が

増額の審査に通ったということは、信用度が高くなったということです。
そのため、増額が出来た場合には、金利がこれまでよりも低くなっているという可能性もあります。
増額の審査を求める人の中には、金利を下げたいために行う人も多く、大きなメリットとなります。
金利が下がることで返済もしやすくなり、これまでよりも借り入れのハードルが下がるでしょう。

チャンスは逃さずに

多くの人がカードローンを利用するにあたっては、最初の金利は高い水準で決められています。
また、1度新規契約で決まった金利は簡単に下がるものではありません。
そのため、少しでも金利を下げるためには増額審査というチャンスを活かすしかないのです。
このメリットを受け取るためにも、増額のチャンスがやってきたら慎重に準備をしてチャレンジをしたいものです。