みずほ銀行カードローンの審査は甘いのか?

シェアする

審査を待つ女性

みずほ銀行カードローンはネットの口コミなどでも評価の高い商品です。
気になる審査基準はどのようになっているのでしょうか。
また「審査が甘い」というのは本当なのでしょうか。

みずほ銀行カードローンの審査

みずほ銀行カードローンは20歳以上66歳未満の安定した収入がある人ならば申し込めます
審査基準は公表されていませんが、以下のように推察されます。

  • 安定収入の有無
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 信用情報

安定した収入がある

歩合給など毎月の収入額が変わったとしても、定期的に一定の収入があるならば安定収入ありと見なされます。
雇用形態は正規雇用でなくてもかまいません。
パート、アルバイト、契約社員、派遣社員でも審査を通過できることもあります。
また、年金も安定収入と認めてもらえることなどから審査が甘いといわれることもあるのかもしれません。
ただし、正規雇用者ではない場合は、通常は1000万円の利用限度額が30万円になるなど、かなり限定的なものになる可能性があります。

居住形態が一人暮らしではない

たとえば借家に住んでいるからといって、それだけの理由で審査を通してもらえないことはありません。
しかし、持ち家、賃貸、公営住宅の順で評価されているのも事実です。
もし、本人名義で住宅ローンを完済しているようなことがあれば、より審査が通りやすくなります。

家族構成

独身より既婚、既婚ならば子どもを育てている方が審査上の評価は高くなります
しかし、結婚していないから審査が通らないというようなことはありません。

信用情報の評価が高い

信用情報に過去の延滞記録や、他社から高額の借り入れが記載されていると、どうしても審査は通りにくくなってしまいます。
とくに、過去にみずほ銀行から何らかの借り入れをして支払いが滞ったことがあるような場合には、審査通過は厳しくなるでしょう。

注意しなくてはいけないのはみずほ銀行だけではありません。
じつは、みずほ銀行カードローンの審査をパスするには、保証会社のオリエントコーポレーションの審査を合格する必要があります。
オリココーポレーションのカードローンなどで延滞をしたことがある場合にも、審査は通らないと考えて間違いありません。

みずほ銀行カードローンの審査が甘いといわれる理由

以上のように、みずほ銀行カードローンの審査はとりたてて甘いわけではありません。
それではなぜ、みずほ銀行カードローンの審査が甘いといわれるのでしょうか。

専業主婦でもOK

みずほ銀行カードローンの審査が甘いように思われるのは、専業主婦でも審査を通過できるからかもしれません。
消費者金融系カードローンならば、専業主婦が利用できることはまずありません。
必ず本人に安定収入があることが必要になってきます。

一般的に消費者金融系カードローンの審査は甘いといわれます。
審査の甘い消費者金融系カードローンでもNGの専業主婦でもパスしてしまうというのは相当甘いと、考える人も少なくないのでしょう。

しかし、みずほ銀行カードローンを専業主婦が利用できるのはワケがあるのです。

配偶者には審査がある

みずほ銀行カードローンは専業主婦の配偶者の収入を返済源と見なしています。
そのため、配偶者はみずほ銀行カードローンの審査基準を満たしている必要があります。
また、必ず配偶者の同意が必要ですし、利用限度額も30万円までと、けっして甘いだけの商品ではないのです。

即日融資可能なのは甘い証拠?

また、みずほ銀行カードローンは即日申込・即日融資にも対応しています。
すぐに審査結果が出るのは甘い証拠なのでしょうか。

即日でも審査はシッカリ

銀行系カードローンは一般的に審査結果が出るまで時間がかかります
そのような中で、申し込んだその日のうちに審査結果をもらうこともできて、しかも融資まで受けられるみずほ銀行カードローンは審査が甘いように思う人も少なくないようです。

しかし、処理がスピーディーなだけで、けっして甘い審査を特別に行っているわけではありません。
また、土日にかかってしまう場合には、さすがに即日審査・即日融資は無理です。
あくまでも銀行業務の時間内でやっている、厳しさはよくある銀行系カードローンそのままの商品といって良いのではないでしょうか。

みずほ銀行カードローンは「甘い」というよりは「メリットが多い」商品といった方が正確かもしれません。
メリットを最大限にいかすには工夫も必要です。
たとえば即日融資を希望するならば土日は避けるようにしなくてはいけません。
注意点をクリアして賢く利用しましょう。


確かにみずほ銀行カードローンは審査が甘いと見られがちな特徴もありますが、かならずしもそうではありません。
しかし、メリットが多い商品であることは事実なので、積極的に活用していきましょう。