三井住友銀行カードローンの金利について

シェアする

カレンダーとお金と計算機

三井住友銀行カードローンにはさまざまな強み・弱みがありますが、メガバンクならではの低金利は特筆すべきものだと言えます。
具体的にはどのような条件の金利で、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、三井住友銀行カードローンの金利について説明します。


大手銀行カードローンの金利水準

三井住友銀行カードローンの金利は4.0%~14.5%です。
これはメガバンクとしては平均的なレベルですが、消費者金融系カードローンと比較すればかなり低いと言えます。
借入利率は変動金利を採用しているため、金融情勢に応じて変化します。
借入残高は100円単位で金利が付利されますが、日割によって計算される仕組みです。

おまとめローンとしての金利

三井住友銀行カードローンは低金利な上、総量規制対象外という商品特性からもおまとめローンにも向いているともいえます。
銀行系おまとめローンの審査は一般的に厳しめです。
しかし、プロミスとの提携もある三井住友銀行のおまとめローンは、他の銀行系カードローンと比べると若干緩いという意見もあります。
一定の返済実績がある人なら、おまとめローンを組むときには有利な金融機関でしょう。

限度額の高さ次第で金利は下がる

三井住友銀行カードローンの魅力は契約時の限度額の高さです。
最高800万円まで借入可能で、10万円単位で希望する契約極度額を選ぶことができます。
借入額が増えるほど金利が下がるため、考え方次第ではお得と言えるかもしれません。
三井住友銀行カードローンでは、300万円以上を借り入れる場合、年収証明書を準備する必要があります。
なお、お客様の取引状況次第で契約限度額は変わるため注意が必要です。

三井住友銀行カードローンは利用限度額が高く設定されている人ほど金利が低くなっています。
電話、ローン契約機などで増額を申し込んでみるというのもひとつの方法です。
しかし、増額にあたっては再度審査が行われることになっているので、延滞など審査に有利とはいえない返済状況にある人は気をつけましょう。

住宅ローンの利用で金利を下げる

三井住友銀行カードローンでは、三井住友銀行の住宅ローンを併用している場合、金利を下げてもらえることもあります。
ただし、住宅ローンの方を先に契約している必要があります。
また、これも住宅ローンの返済に遅延等があると審査をはねられてしまうので、くれぐれも返済はしっかりと行うようにしましょう。

ただし、住宅ローンと一口にいってもさまざまなものがあります。
住宅支援機構直接融資だけを利用している、長期固定金利型住宅ローン<フラット35>のみを利用しているといった場合には、三井住友銀行カードローン金利引下げの対象外になるので要注意です。

遅延損害金が発生するリスク

三井住友銀行カードローンの返済に遅れてしまうと、遅延損害金が発生してしまいます。
遅延損害金とは、本来、借金を返済する期日にお金が返せなかった場合に発生する損害賠償です。
本来の利息とは異なりますが、遅延利息と呼ばれることもあるため、確認しておくとよいでしょう。

三井住友銀行カードローンの遅延損害金の金額は、借入残高に対して年利19.94%を掛けた金額です。
さらに、金利は別に発生してしまいます。
カードローンの借入残高が増えてしまうので、返済には遅れないようにしましょう。

確認しておきたいのは返済方法

三井住友銀行カードローンを利用するときは、返済方法も覚えておきましょう。
通常は、約定返済期日までにカードローン口座に入金しておき、自動で引き落としされます。
毎月5日、15日、25日、月末から選択し、返済するのが特徴です。

もし、自度引き落とし時に口座残高が不足していても、引き落としは行います。
そのほかにも、ATMを利用した返済もあるので、こちらも併用するのがおすすめです。

キャッシング初心者が借りやすい

カードローンの金利が低く、他社から借入している人でも使いやすいのが三井住友銀行カードローンです。
しかし、審査基準が少し厳しいという側面もあります。
言い換えれば、確実に返済できると見込みがある人に対して貸すと考えてよいでしょう。
これらのことから総合すると、キャッシング初心者の方が初めてカードローンを利用するときにおすすめなのが三井住友銀行カードローンです。

低金利のカードローンをさらに下げられるのが魅力

三井住友銀行カードローンは通常でも金利は低い方ですが、さらに金利を低くする工夫もいくつかあります。
とくに三井住友銀行の住宅ローンを利用している人にとっては、まだまだ金利が下がることから見逃せないカードローンです。
初心者でも利用しやすいメリットがあるカードローンなので、ぜひとも利用してみましょう。