専業主婦でも新生銀行カードローン「レイク」は使える?

買い物をする専業主婦

新生銀行カードローンレイクは専業主婦もOK?

新生銀行カードローンレイクは大変便利な商品といわれていますが、具体的にはどのようなものなのでしょうか
また、主婦でも利用できるのでしょうか。

新生銀行カードローンレイクは総量規制対象外

新生銀行カードローンレイクは銀行系カードローンの一種です。
したがって、銀行系カードローンの特色を持っていますが、それはどんなものなのでしょうか。

総量規制の対象外とは?

貸金業法によってすべての消費者金融は総量規制に従うことになっています。
総量規制とは「債務者の年収の3分の1を越える金額を貸し付けてはいけない」という、融資限度額に関する規制です。

新生銀行カードローンレイクは「レイク」という消費者金融名がついてはいますが、れっきとした銀行系カードローンなので総量規制を受けません
融資可能額は500万円までになっていますが、年収が1500万円以下の人でも上限まで借りることもできるというわけです。

銀行ATMが利用できる

銀行口座から引き出しをしているか、振込みをしているかのように、銀行ATMから借入や返済をすることができます。
消費者金融ATMを利用するのはちょっと恥ずかしいというような人でも、人目を気にすることなく利用することができるのです。

新生銀行カードローンレイクの審査

新生銀行カードローンは銀行系カードローンでありながら、消費者金融系カードローンのメリットもあわせ持っています。
たとえば、審査基準のゆるさもそのひとつです。

審査基準について

新生銀行カードローンレイクは銀行系カードローンであるにもかかわらず、審査基準は消費者金融系カードローンに準拠しています。
これは、新生銀行がレイクの個人融資部門の一部を買い取ることによって誕生した新生銀行カードローンレイクは、消費者金融系カードローンだった頃の名残をのこしているのです。

安定した収入のある人ならば、誰でも利用できる可能性があります。
パート、アルバイト、契約社員などでは審査通過が難しい銀行系カードローンの中ではめずらしい存在といえるでしょう。

即日審査・融資もOK

だいたいどの銀行系カードローンも審査には時間がかかります。
しかし、新生銀行カードローンレイクならば、審査結果をその日のうちに出すことも十分可能です。
インターネット、電話などはもちろんのこと、レイクの無人店舗や自動契約機などで申し込むこともできるのも便利です。

また、午前中に申し込むことができれば、その日のうちに融資額の振込みまで一気に進めるというスピーディーさも、新生銀行カードローンレイクの大きな魅力です。
「銀行系カードローンを利用したいけど急いでいる」と、あきらめていた人にも、新生銀行カードローンレイクはおすすめです。

新生銀行カードローンレイクは専業主婦も利用できる?

以上のように銀行系カードローンと消費者金融系カードの優れた点を合体させたような商品である新生銀行カードローンですが、専業主婦でも利用することができるのでしょうか。

専業主婦でも利用できるカードローン

たとえば、銀行系カードローンのいくつかは専業主婦でも利用することができます
審査が厳しい銀行系カードローンなのに専業主婦が審査を通過できるというのは意外と思う人もいるかもしれません。
しかし、じつは専業主婦自身だけではなく配偶者の職業、年収、信用情報などは厳しくチェックされます。

専業主婦でも利用できる銀行系カードローンとは、じつは配偶者の収入を返済源と見なしています。
専業主婦の配偶者に関しては銀行系ならではの厳しい目で審査されるというわけです。
もちろん、配偶者の同意書へのサインも必須で、専業主婦が自由に借りることはできません。

新生銀行カードローンレイクの場合

新生銀行カードローンは銀行系カードローンなので、専業主婦でもOKのではないかと期待する人も少なくないでしょう。
しかし、残念ながら新生銀行カードローンを専業主婦が利用することはできません。
なぜならば、新生銀行カードローンレイクは職業に関する審査基準は、消費者金融系カードローンに準拠しているからです。

ただし、主婦でも専業主婦ではなく、何らかの仕事を持っていて、1年以上継続勤務しているならば新生銀行カードローンの審査を通過できる可能性が大いにあります。
その場合、パート、アルバイト、契約社員でも問題ありません


新生銀行カードローンレイクにはさまざまなメリットがあります。
残念ながら専業主婦では利用することはできませんが、正社員ではなくても、たとえ少額でも安定した収入があれば主婦にも門戸は開かれています。
一度、どんな形でも良いので仕事を始めてみて、専業主婦ではなくなってから申請しなおしてみるというのもひとつの方法なのではないでしょうか。