Fマネーカードの審査基準は通りやすい?

シェアする

審査で悩む女性

Fマネーカードの審査基準は独特といわれます。
いったいどのような点がユニークなのでしょうか。

そもそもFマネーカードとは?

Fマネーカードという名前を初めて聞いたという人も少なくないかもしれません。
じつは、三井系の信販会社、ポケットカード株式会社が提供している、安心・安全なカードローンです。

ポケットカード株式会社とは?

ファミリーマート系のクレジットカードを発行している信販会社です。
ファミリーマート系クレジットカードにはファミマTカードやP-oneカードなどがあり、ファミリーマートでの買い物でポイントが貯まるなど、毎日のちょっとした買い物に便利なカードとして知られています。

信販会社のカードローンの特徴

カードローンは銀行系カードローン、消費者金融系カードローンが有名ですが、じつは信販系カードローンというものもあるのです。
Fマネーカードも信販系カードローンの一種です。
信販系カードローンは、

  • 総量規制を受けない
  • 審査に時間がかかる

という特徴があります。

総量規制を受けない

信販系カードローンは銀行系カードローン同様に総量規制の対象ではありません。
したがって、Fマネーカードも利用者は年収の3分の1以上の融資を受けることが可能です。

審査時間が長い

一般的にクレジットカードの審査結果が出るまでには1週間以上が必要です。
Fマネーカードも審査には同じぐらい時間がかかります。
最近では即日融資をセールスポイントにしているカードローンも少なくありませんが、Fマネーカードは難しいと考えて間違いありません。

Fマネーカードの審査基準

以上のようにFマネーカードには信販系クレジットカードならではの特色があります。
審査基準に関しても、信販系クレジットカードでなければ考えられないような項目がある点に注意が必要です。
Fマネーカードの審査基準は非公表ですが、次のようなものがあるといわれています。

  • 安定収入
  • 勤続年数
  • 信用情報

本人の安定収入

Fマネーカードの審査重視される安定収入とは、あくまでも本人の収入のことです。
そのかわり、一定の収入がある人ならば、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員など雇用形態は非正規であっても問題ありません
ただし、学生の場合はアルバイト等で毎月収入があったとしても審査は通過できないので要注意です。

また、例外的に専業主婦は配偶者に安定収入があれば審査を通ることができます。
ただし、配偶者の年収の3分の1までしか利用できないなど、総量規制並の制約を受けることになります。

一年以上の勤続年数

安定した収入があるかどうかは、勤続年数によって判断されます。
少なくとも1年以上は在籍期間があることが望ましいとされるようです。

申込書には勤続年数を記入する欄がありますが、必ず正直に申告するようにしましょう
なぜならば信用情報などから、どうしても本当の勤続年数はバレてしまうからです。
信用情報もFマネーカードの審査では重視されているので要注意です。

信用情報にキズがない

やはり、延滞記録などの信用情報にキズがある人は、Fマネーカードの審査を突破しにくくなっています
信販会社ということもあり、クレジットカードの利用状況は細かくチェックされているようなので、ショッピング等で延滞がある人も注意しなくてはいけません。

Fマネーカードの審査を有利にするには?

Fマネーカードは審査に時間がかかるなど、けっして審査が甘いカードローンではありません。
やはり信販系カードローンというのは銀行系カードローンよりは甘いかもしれませんが、消費者金融系カードローンよりは厳しいのです。
しかし、じつは信販系カードローンならではの審査を通りやすくする奥の手があることはご存知でしたか?

信販系ならではの特性をいかす

Fマネーカードは信販系カードローンなので、審査基準はやや厳しめです。
一方でFマネーカードを運営しているポケットカード株式会社は、審査が通りやすいことで有名なクレジットカードも発行しています。
ファミマTカードやP-oneカードといった、ファミリーマート系のクレジットカードです。

このファミマTカードやP-oneカードでクリーンな利用実績を積み重ねていけば、利用者のスペックに関係なくFマネーカードを作りやすくなるともいわれています。
まずはファミマTカードやP-oneカードを作成して、頻繁に使用して利用実績を作るというのもひとつの方法です。


カードローンには銀行系、消費者金融系の他にも、信販系のFマネーカードのようなスグレモノもあるのです。
信販系ならではの審査を賢く活用して、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。