千葉銀行カードローンの金利はどうなっているの?

シェアする

金利の計算をする女性

千葉銀行は全国2位の規模を誇る地方銀行です。
そんな千葉銀行が提供するカードローンは「大手銀行にもひけをとらない」と評判です。
いったいどんなメリットがあるのでしょうか。
また、デメリットはないのでしょうか。金利についても気になるところです。

千葉銀行カードローンのメリット

千葉銀行カードローンには以下のようなメリットがあります。

  • 即日融資OK
  • 低金利
  • 専業主婦でも利用できる
  • 自動融資サービスも追加可能
  • あらかじめ千葉銀行口座があればさらに優遇

即日融資OK

千葉銀行カードローンでは正午までに審査結果が出れば即日融資にも対応しています。

低金利

千葉銀行カードローンの金利は4.3%から14.8%になっています。
これは銀行系カードローンとしては一般的な水準ですが、消費者金融系カードローンよりは低い金利になっています。

専業主婦でも利用できる

千葉銀行カードローンは、配偶者の収入が安定していれば専業主婦でも審査を通過することができます。

自動融資サービスも追加可能

千葉銀行カードローンには、指定口座で公共料金などの引落しの際に残高が不足していたら、不足分を自動的に融資によって補填する「自動融資サービス」を追加することもできます。
クレジットカード等で思わぬ引落しがあった月でも安心です。

あらかじめ千葉銀行口座があればさらに優遇

すでに千葉銀行口座を持っている人は、申込書、本人確認書類を提出しなくても契約をすませることもできます
ただし、ネット申し込み限定のサービスなので注意しましょう。

千葉銀行カードローンのデメリット

一方、千葉銀行カードローンのデメリットには次のようなものがあります。

  • 千葉銀行口座開設が必須
  • 地域限定

千葉銀行口座開設が必須

千葉銀行口座をまだ持っていない人でも、いずれかのタイミングで千葉銀行の口座を開設する必要があります。
申し込みはインターネット、郵送、店舗窓口、ちばぎんひまわりラウンジ、イトーヨーカドー一部店舗内のセブン銀行のいずれかで行うことになります。
どれも口座開設が完了し、キャッシュカードを手にするまではどうしても時間がかかります。

地域限定

千葉銀行カードローンを利用できる人は、千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県横浜市・川崎市のいずれかに住んでいる人に限定されています。
どの他エリアの人は利用できないのは残念です。

千葉銀行カードローンの金利

一般的な銀行系カードローンの水準ともいえる千葉銀行カードローンの金利ですが、具体的にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

利用限度額によって金利も変わる

千葉銀行カードローンは利用限度額ごとに金利が変わります。
たとえば利用限度額が30万円~70万円の金利は14.8%、100万円~150万円の金利は12.0%、200万円~250万円の金利は9.0%、300万円の金利は6.0%、350万円~400万円の金利は5.5%、450万円~500万円の金利は4.3%になっています。
利用限度額が高いほど金利もお得になることがおわかりいただけたでしょうか。

利用額と利用限度額は違う

ここで注意したいのは、金利は利用額ではなく利用限度額によって変動するという点です。
実際にいくら借り入れているかではなく、いくらまで借りることができる契約になっているかで金利が変わってくるのです。

金利をさらに低くするには?

もし、金利をさらに低くしたいと思うならば、利用限度額を増額するのもひとつの方法です。
ただし、増額に際しては再び増額審査が行われることになります。

増額審査をパスするには?

増額審査を通過するためには、千葉銀行カードローンのある程度の利用実績が必要です。
返済延滞もいけませんが、千葉銀行カードローンを契約したまま、まったく使用していないというのも、増額の必要ナシと判断されがちなので要注意です。

コンスタントに借り入れを行い、きっちりと期日までに返済を積み重ねていることが大事です。
少なくとも半年は必要です。
繰り上げ返済の実績があればなお良いでしょう。

また、現在の利用限度額よりもはるかに少ない利用しかないというのも、審査ではねられる可能性大です。いずれにせよ、増額審査に落ちたという事実は信用情報に記載されてしまいます。増額の見込みがあるのかどうか、よく考えてから申し込むようにしましょう。


一部エリア在住者限定というのがもったいないような魅力もある千葉銀行カードローンです。
低金利というメリットをいかすためには増額にチャレンジしてみるのもひとつの方法です。
しかし、増額にはタイミングもあります。
頃合いを見て、申し込んでみてはいかがでしょうか。