モビットのATM借り入れに関する詳細情報

ATMを利用する男性

モビットカードはキャッシングローンの借り入れや返済を行う時に利用するカードです。
モビットでは自社のATMを持っていないのですが、その分提携のATMがたくさん利用できるようになっており、利便性をアップさせています。

モビットの提携ATM

モビットカードを使えるATMは三井住友や三菱東京UFJなどの都市銀行を筆頭に、スーパーマーケットやコンビニなどと提携している銀行のATMや、全国の信用金庫のATMまで利用できます。
大手スーパーやコンビニエンスストアでの利用が可能であるという点は、非常に高いポイントです。
現金の持ち合わせがなくてクレジットカード払いをしたくない時にも、その場ですぐに借り入れを行うことができます。
また、コンビニでクレジットカードを使うのに気が引けるという人も便利です。
さらに、モビットのカードは鉄道系ATMが使えるというのも注目すべき点となります。
通勤やお出かけ前に立ち寄ってスマートにキャッシングが出来て、急いでいる時の時間と手間を省けるでしょう。
モビットのカードキャッシングを契約したら、1度自分の身の回りで利用可能なATMをチェックしておきたいものです。

ATMの借り入れ方法

モビットのカードキャッシングの利用方法は、カードを挿入して後は銀行のキャッシュカードと同じように使うだけです。
引き出しが借り入れ、預け入れが返済になるだけの違いです。
使い方だけを見ている分には銀行のカードと変わらず、使うATMも提携の銀行などのものなので、同伴している知人や友人、恋人などにキャッシングと知られずにスマートに立ち寄ることができるでしょう。
借り入れも返済もできるATMもありますが、中には出金のみのものや入金のみといったものもあるため、よく確認してから利用しましょう。
全国の信用金庫のATMが利用できるのはとても便利ですが、基本的に信用金庫は出金(借り入れ)しか行えません。
また、コンビニに設置されているメディア端末は、入金のみとなっています。

モビットカードをATMで利用する際の注意

モビットカードを利用する際に注意をしたいのは、手数料についてです。
自社のATMがないということは利用時には手数料がかかることが基本となってしまうため、度々こまめに利用を重ねる人にとっては利用手数料が痛い出費となります。

モビットの手数料

モビットカードの手数料は、一回あたりの取引金額が1万円以下の場合で100円プラス消費税、1万円以上で200円プラス消費税となっています。
1回に使う金額は小銭程度なため、大きな問題ではないと思われがちですが、蓄積されると意外と大きな金額になっているものです。

手数料が手痛い出費に

毎月1回の利用で一年続けると、108円の手数料でも1,000円を超えます。3年間の返済を続けたとしたら4,000円近い出費となります。
例えば、実質年利18パーセントで10万円モビットから借り入れを行った場合に、毎月の支払いを1万円未満に抑えた時を考えてみましょう。
およそ9千円の支払いで12ヶ月かけて完済、返済総額のうち利息はおよそ1万円となります。
108円の手数料をその度に払い続けるとなると、利息の約1割を超える金額にまで及ぶのです。
返済が長くなればその分積もり積もってもっと手数料は膨らみます。
1度あたりは小さいからといっても、こまめに使う場合には積み重ねで大きくなりがちです。
上記は1度の借り入れの際の出金をカウントせず、追加融資もない前提で計算しましたが、返済と借り入れを繰り返す人はもっと頻繁に利用していることもあるでしょう。

モビットで利用手数料を安く済ませるために

モビットでのキャッシングで利用手数料を軽減するためには、頻繁に使う人はATMでのカードキャッシングは使わずに別の利用方法を用いるか、ATM無料キャンペーンなどを利用するなどで対応しましょう。

モビット借り入れ方法は?

借り入れでは、カードキャッシングより一手間かかりますが、振込キャッシングはスピーディーで便利です。
自分の登録口座にて手数料無料で振り込んでもらえるため、ムダがありません。
後は近所の銀行ATMから引き出すだけでOKです。
返済も口座振替であれば手数料がかかりません。
ただしモビットで利用できる口座は限られるので、そこに口座を持っていない場合には新規開設しなければいけません。

マルチメディア端末を使いこなす

返済ではコンビニにあるマルチメディア端末を使うと手数料が無料になります。
ATMと同じように機械操作だけで行えるため、便利です。
急ぎの場合にはATMを、ゆとりのある借り入れでは振込をというようにいくつかの方法を使い分けるとモビットをより便利に使いこなせるようになるでしょう。
また、コンビニATMでは利用時間によっては翌日扱いとなることがあるため、返済期日ギリギリの利用で延滞扱いとなってしまうリスクがあります。