アイフルの無利息キャッシングで返済をお得にする方法!

シェアする

得をして喜ぶ女性

アイフルの30日無利息サービスでは、初めての契約がターゲットとなります。
契約の翌日から30日間だけは、何度借り入れをしてもその期間中は全ての残債に対して無利息です。
30日間の無利息サービスは多くの消費者金融が始めているサービスですが、アイフルは家族にキャッシングの利用を知られたくない人の利用も便利です。
初めて消費者金融を利用する場合にはなんとなく家族に知られたくないと感じるものですが、こうしたソフト面のケアも行き届いています。
また、申し込みから審査、契約成立までスピーディーで短時間のうちに済むため、急に現金が必要になった時に便利です。
急な入用でも慌てずに、「30日間無利息サービス」を利用しましょう。

アイフルの30日無利息サービスで初めての借り入れ

無利息サービス利用の条件

アイフルの30日間無利息サービスを受けるための条件は、アイフルを初めて契約する人で「キャッシングローン」を利用した場合のみです。
その期間であれば、追加融資の分も完済した後に再度借り入れを行った場合でも何回でも利用できます。
元金のみの返済で利用できるため、その期間中に完済することができれば、銀行で手数料を払ってお金を下ろすよりも安く済ませられることもあります。
返済のために入金した金額全てが元金に充当されるため、返済のスピードが早くなり快適なキャッシングを実感できるでしょう。

アイフルの無利息は無担保キャッシングのみ

アイフルの30日無利息サービスは、初回の契約から30日という条件の他に、「無担保キャッシングローン」のみの利用という条件があります。
アイフルのサービスにはいろいろなものがあり、事業用資金に対する「事業サポートプラン」や借り入れを一本化するための「おまとめローン」なども利用する人がいます。
これらのサービスに対しては、30日無利息サービスは利用できないので注意が必要です。
審査しだいで状況によってはこれらのサービスとの併用もできることがあるため、慎重に利用を検討してみましょう。

アイフルの無利息サービス利用上の注意

アイフルの30日無利息サービスを利用する上で注意をしたいのは、契約の翌日から30日のカウントダウンが始まっているという点です。
キャッシングローンの利用であれば、誰でも初回に利用できますが、契約翌日から30日が過ぎてしまうと無利息サービスを利用できなくなってしまいます。
アイフルをこれから利用しようとする人は、無利息サービスのために必要なタイミングに合わせてカードを作った方が便利です。
いざという時のためにアイフルでカードを作っておいた人には少し残念なことですが、30日を過ぎてしまっている場合には適用になりません。
ただし、アイフルでの契約からまだ30日経過していない場合には、これからの残りの日数を無利息サービスで利用できる可能性があります。
契約から10日経っている人であればあと20日、20日経っていればあと10日の無利息サービスが利用できるので、急いで検討してみましょう。
また、30日のサービス期間中に返済日が到達した場合には、きちんと返済すべき下限の金額を守って支払いを済ませることを忘れずに。
こうした支払いを怠ると最後までサービスを利用できなくなるケースもあります。

無利息終了後の返済には注意を

アイフルの無利息期間は30日で終了しますが、その期間内に返済が終わらずに残高が残っている場合にはその後は利息を含めた支払いが必要となります。
期間終了後の残高に対して通常の金利がかかるので、入金の金額には注意しましょう。
30日サービスの期間中に入金をした金額は全額元金返済に充当できましたが、それ以降の入金の内訳が元金と利息に変わります。
無利息期間と同じように入金を続けているとなかなか元金が減らないということにもなりかねませんし、返済計画に狂いが出てしまうこともあります。
そのため、30日の無利息サービスが終了したら、再び返済計画を見直して、利息の分を考えた入金を始めましょう。
アイフルの通常の返済方式は「残高スライド元利定額リボルビング方式」というものです。
借入残高に対して返済の最低金額が変わり、リボルビング払いとなります。
最低金額のみの支払いを続けていると返済期間が延びて利息総額が増える可能性もあるので、自分で毎月の返済額を上乗せしたり、繰り上げ返済をしたりするなどの工夫も必要です。
無利息サービスは30日で終了しますが、その期間を十分に生かすことができれば、利息の総額を軽減することができるので、そのメリットを無駄にしないようにその後の返済をコントロールしましょう。